2014年01月03日

酒さの患者さんのレーザー治療のおとしあな

山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都のレーザー治療
山本クリニック 世田谷 レーザー治療

山本クリニック世田谷 レーザーの知識
そして
山本クリニックの酒さのレーザー治療相談掲示板

山本クリニックの酒さレーザー治療のホームページ




酒さの患者さんのレーザー治療の実際


酒さの患者さんの「感覚障害・知覚障害」や
酒さの患者さんの「赤くなりかた」
につきお話し致しました。


酒さの患者さんをレーザー治療を、おこなうにあたり
上記のようなことは「いろは」の「い」なのです。


酒さと診断された「初診」の患者さんには

酒さには、「酒さ性結膜炎」「酒さ性角膜炎」が合併致します。
だから、「御初診」にさいしてはこれらの「有無と程度」をしっかりと診断
しておかなければならないのです。

これらの場合には特別な点眼薬を調合してお渡し
致します。


けれども、患者さんが、かってに「眼科専門医先生」を
「御受診」されてしまうことがあります。
けれどもなにもよくなりません。だからはじまらない。



また酒さの患者さんは、「肩こり・頸こり・背中こり」がつよいです。

「眼嶮狭小」もきます。

「仮性眼嶮下垂」とまちがえられることがあります。
そのために「遠回り」をされてしまうことがあります。

これらの症状のコントロールができないと
酒さのレーザー治療はうまくいきません。

posted by rosachea at 13:58| 東京 ☀| 酒さ大学付属高等学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする