2013年09月30日

酒さの知識で大事なことは。間違いだらけの、webサイト情報を信用しないことです。

山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都のレーザー治療
山本クリニック 世田谷 レーザー治療

山本クリニック世田谷 レーザーの知識
そして
山本クリニックの酒さのレーザー治療相談掲示板

山本クリニックの酒さレーザー治療のホームページ


間違いだらけの、webサイト情報
gooヘルスケアより引用させていただきました。
http://health.goo.ne.jp/medical/search/10OB0300.html
------------------------------
酒さとはどんな病気か
 中年以降(x:すべtの年齢層に発生します)に主として顔面に生じる原因不明の慢性炎症性(x:炎症ではありません)疾患で、紅斑性酒さ(こうはんせいしゅさ)、酒さ性ざ瘡(しゅさせいざそう)は女性(x:男女差はありません)に多く、鼻瘤(びりゅう)は男性(x:男女差はありmなせん)に多くみられます。

原因は何か
 根本的な原因はよくわかっていません(x:わかっています)。症状を悪化させる要因としては、精神的緊張、紫外線、温熱、寒気、飲酒(X:関係なし)、香辛料:関係なし)などがあります
。女性では閉経前後に悪化しやすいこと(x:20-30台におおいです:悪化することはないが吹き出物=「毛包炎:もうほうえん」で悪化したようにみえる)、
片頭痛(X:「緊張型頭痛」です。「偏頭痛」のかたの合併はまれ)の合併が多いことなどから、
血管を拡張させたり収縮させたりする血管運動神経の異常(X:「三叉神経:さんさしんけい:第V脳神経」の「バリエーション」です)が考えられています。

症状の現れ方
 鼻、眉間、頬、あごなど顔面の中心に、ほてり感を伴う潮紅、毛細血管の拡張がみられる症状は、
第I度(紅斑性酒さ)と呼ばれます(x:あかくないこともあります)。
化粧品や石鹸などの軽い刺激でもひりひりしたり、灼熱(しゃくねつ)感が生じ、
いわゆる敏感肌といわれます(x:もぞもぞ感・ほてり感という「感覚障害・知覚障害」を伴う)。

 紅斑性酒さの症状に加えて、
赤い丘疹や膿疱(のうほう)が多発する症状は第II度(酒さ性ざ瘡)(x:第二度は、「皮膚」と同色のちいさなプツプツです。吹き出物とまちがえていうます)、
鼻や頬を中心に結合組織の増殖を伴って隆起し、
腫瘤(しゅりゅう)状を示すものは第III度(鼻瘤)と呼ばれます(x:今現在はこれほどの症状のかたはいませんが鼻根部がふくらみ・・が初期の症状です「毛穴」の拡大を伴い吹き出物にておおきくみえます)。

治療の方法
 完治しにくく経過が長いのが特徴ですが、対症療法により良好な状態にコントロールすることが可能です(x:不可能です)。症状の強い時はテトラサイクリン系抗生剤(ミノマイシン、ビブラマイシンなど)の内服が有効です(x:獣医さんが用いる「「抗生物質」です。)。
副腎皮質ステロイドの塗り薬は一時的には効くようにみえますが、
病態を悪化させるので使われません(ステロイド皮膚炎はもっとも「怖い「病態」」になります)。
原因で述べた悪化因子をできるだけ避けることも必要です。

酒さに気づいたらどうする
 なかなか治らず、よくなっても軽微な刺激で急に増悪することがあります。
不安も大きいと思いますが、皮膚科専門医のもとでコントロールを続けてください
(x:「皮膚科専門医先生」も一生懸命であることよくわかります。けれども酒さはレーザー治療、
それもQスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)でなければなおせません)。

以上間違いには「X]と「:」のあとに正しい事実をかきました。




酒さの知識で大事なことは。間違いだらけの、webサイト情報を信用しないことです。
酒さの知識で大事なことは。間違いだらけの、webサイト情報を信用しないことです。




【関連する記事】
posted by rosachea at 17:27| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする