2013年06月19日

大田母斑+ほくろ 癌化する可能性はほんとうでしょうか?



頭痛・めまい・ペインクリニック・神経ブロック・疼痛治療・山本クリニック 世田谷 脳神経外科 東京都




美容外科・美容整形・形成外科・レーザー治療・レーザー外科・山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/3-laser.html

東京都 山本クリニック美容外科・形成外科・美容整形は、最先端のレーザー外科・レーザー治療を行っております。

山本クリニック公式ホームページ 
   もごらんくださいませ。

++++++++++++++++++++++

*********************************
このブログでは、脳神経外科・神経内科のみでなく、美容外科・形成外科その他の病態でお悩みの方にも、
すこしでもお役にたてれば、と、さまざまな内容を、記載しております。
*********************************


★★ ご相談 ★★


大田母斑+ほくろ 癌化する可能性はほんとうでしょうか?

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/62700343768029.html
 

テーマ:大田母斑のレーザー治療・レーザー外科

--------------------------------------------------------------------------





お名前:匿名希望

38歳女性です。

以前皮膚科で、
顔の左半分のあざは、
茶色の薄いものですが、
大田母斑だと診断され、
Qスイッチのヤグレーザーの治療がいいでしょうと
診断されたことがあります。

自分としては、
薄茶色の子供のころからあったものなので、
扁平母斑かと思っていましたが、
太田母斑の特徴の白目も青いので、
太田母斑でしょうとのことでした。

今回の相談は、
そのあざの中央のほほのあたりに
小さな1ミリくらいのほくろが2個あります。
「ほくろは、レーザーで治療してはいけない。
原則、切除です、将来癌化する可能性もあるからです。」と
書かれてあったのをみて、心配になりました。

ほんとうでしょうか?

最近では、よくほくろもレーザーで治療できるようですが、
やはり、切除のほうが、将来的にはより安全なのでしょうか?

ほんとうにそうであるなら、私の場合、
あざの上にほくろがあるので、
あざの治療の際にほくろにもレーザーがあたってしまいます。

あざのレーザー治療をする前に、
ほくろの切除の治療を先にした方がより、
安全なのでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします。

[2005年9月11日 13時30分18秒]



------------------------------






山本クリニック 世田谷 東京都

山本クリニック 世田谷 東京都

山本クリニック 世田谷 東京都




山本クリニック 世田谷 東京都

山本クリニック 世田谷 東京都

山本クリニック 世田谷 東京都





山本クリニック 世田谷 東京都

山本クリニック 世田谷 東京都

山本クリニック 世田谷 東京都


+++++++++++++++++++++++

★★ ご回答 ★★


このご相談への個別リンクはこちらです


これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。

#1
##1
「38歳女性です。
以前皮膚科で、顔の左半分のあざは、茶色の薄いものですが、
大田母斑だと診断され、Qスイッチのヤグレーザーの治療がいいでしょうと
診断されたことがあります。

自分としては、薄茶色の子供のころからあったものなので、扁平母斑かと
思っていましたが、太田母斑の特徴の白目も青いので、太田母斑でしょうと
のことでした。

今回の相談は、
そのあざの中央のほほのあたりに小さな1ミリくらいのほくろが
2個あります。

「ほくろは、レーザーで治療してはいけない。
原則、切除です、将来癌化する可能性もあるからです。」
と書かれてあったのをみて、心配になりました。

ほんとうでしょうか?
最近では、よくほくろもレーザーで治療できるようですが、
やはり、切除のほうが、将来的にはより安全なのでしょうか?

ほんとうにそうであるなら、
私の場合、あざの上にほくろがあるので、あざの治療の際にほくろにも
レーザーがあたってしまいます。
あざのレーザー治療をする前に、ほくろの切除の治療を先にした方が
より、安全なのでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします。」
との事です。

#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読させて頂きました。

##2
「表皮外科」+「真皮外科」=「皮膚外科」には
「診断戦略」と「治療戦略」があります。
「診断と治療」です。

##3
「ほくろ」は
###1
「単純黒子:たんじゅんこくし:lentigo simplex」

###2
「母斑:ぼはん」
の「2種類」が御座います。

##4
御相談者の御年齢からすれば
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」
の中にある「ほくろ」は。

##5
「母斑細胞母斑:ぼはんさいぼうぼはん:nevus cell nevus」
或は
「色素性母斑:しきそせいぼはん:nevusu pigmentosusus」
です。

##6
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
御相談者の御心配は
「##2」の
「「診断戦略」と「治療戦略」」の「概念」が「混同・或は同一化」
された「情報」から惹起された御心配であると解釈致します。


#3
##1
今現在
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」
と「御診断」され
「QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
にて「治療戦略」をとられるよう勧められていらっしゃる。

##2
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」
も「母斑:ぼはん」であり
「ほくろ」も「母斑:ぼはん」です。

##3
このように「母斑:ぼはん」には様々な種類のものが
御座います。

##4
そして「母斑:ぼはん」はその
「メラノサイト」=「メラニン含有細胞(メラノサイト)」
の存在その他からは
「癌化」の「可能性」を理論的には常に有しています。

##5
可能性は極めて少ないが理論的には
「癌化」の可能性は「母斑:ぼはん」にはあります。


#4
##1
「2個あります。
「ほくろは、レーザーで治療してはいけない。
原則、切除です、将来癌化する可能性もあるからです。」
と書かれてあったのをみて、心配になりました。」
との事です。

##2
もしも「ほくろ」が「母斑:ぼはん」でありこの「ほくろ」が
「悪性でないこと」を確認することは
肉眼的にまず「不可能」なことではありません。


(けれども「臨床診断学」よりも
なによりも「病理組織検査診断」が確定診断としては
「ルール」です。)

##3
もしも「ほくろ」が「癌化」する可能性を持っているとしたら
「切除」をしても「やはり癌細胞はのこるわけだから」
将来「癌化」すると考えます。

##4
また「ほくろ」を除去した後の「傷痕」はやはり
「切除・縫合」ですから。

##5
「、「ほくろは、レーザーで治療してはいけない。
原則、切除です、将来癌化する可能性もあるからです。」
という「考え方」からすれば「1mmの「ほくろ」」でも
「cm単位」の大きな「傷痕」が残ります。
これは御婦人の御顔に「創傷痕」を残すという「大きな」
不利益が御座います。

##6
「母斑:ぼはん」=「ほくろ」と同様に
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」
も癌化する「可能性」は理論的にはあります。

##7
けれども
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」
などの場合は如何にせよ「手術」は不可能です。

##8
その昔は
「液体窒素:LN2」或は「ドライアイス:雪状炭酸」で「治療戦略」
をとった
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」も。

##9
「ほくろは、レーザーで治療してはいけない。
原則、切除です、将来癌化する可能性もあるからです。」
という「考え方」からすれば。
=>
「太田母斑」はレーザーで治療してはいけない。
原則、切除です、将来癌化する可能性もあるからです。」
ということになってしまいます。


#5
##1
実はこの
「母斑:ぼはん」性の「ほくろ」をレーザー治療・レーザー外科
で「とってよいか否か」については
「はるか20年前」に
「世界皮膚科学会」そして「日本皮膚科学会」で決着或は
しっかりとした「結論」がでています。

##2
「結論」は勿論「大丈夫:yes:イエス」です。

##3
勿論「メラノーマ:malignant melanoma:悪性黒色腫」らしい
「ほくろ」をレーザー外科で治療する先生はいるはずが
ありません。

##4
「「ほくろは、レーザーで治療してはいけない。
原則、切除です、将来癌化する可能性もあるからです。」
と書かれてあったのをみて、心配になりました。」
との事ですが。

##5

##4は
ある意味では「当たり前」のことである。
「原則」というものは「あくまでも原則」。
「深い意味」が潜むものとは思えません。




#6結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読させて頂きました。

##2
「最近では、よくほくろもレーザーで治療できるようですが、
やはり、切除のほうが、将来的にはより安全なのでしょうか?」
=>
「切除」をしてももしもたまさかその「「ほくろ」が将来癌化する可能性」の
あるものであれば「同じ事です」。

##3
「ほくろ」の癌化といっても「理論的」なものです。
「同じ「外胚葉起源」」でいえば「中枢神経系」も皮膚と同じく
「外胚葉起源」です。

##4
だから
御相談者の「ほくろ」がいかなる方法によっても。

御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「ほくろ」が
癌化する確率は今現在の御相談者が明日に「悪性脳腫瘍」である
「glioma(グリオーマ):神経膠腫:しんけいこうしゅ」が発生するより
少ないはず。

##5
「あざのレーザー治療をする前に、ほくろの切除の治療を先にした方が
より、安全なのでしょうか?」
=>
あざ=「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」の
「治療」と同時に御相談者の「ほくろ」の治療は
できてしまうと
今の私は考えます。

##6
総じて「御心配無用」と今の私は考えます。



世田谷 山本クリニック世田谷の公式ホームページ
としては
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/index.html
を御参照頂けますか。


また世田谷 山本クリニック世田谷の新規の公式ホームページ
としては
http://www.clinicayamamoto.com/
を御参照頂けますか。



山本クリニック美容外科・形成外科新規相談掲示板は


http://www.clinicayamamoto.com/



http://www.clinicayamamoto.com/list_B.phpを
を御参照頂けますか。

山本クリニック
http://www.clinicayamamoto.com/



脳神経外科・神経内科新規相談掲示板は



http://www.clinicayamamoto.com/

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
を御参照頂けますか。




「ほくろ」のレーザー治療・レーザー外科の
「過去の御相談と御回答」 [2] [2006年11月12日 15時56分28秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/183005873653205.html
を御参照頂けますか。


「初診のしおり」としては
東京 都 山本クリニック美容外科 世田谷 区 へのレーザーでの初診のしかた 
[2] [2008年 5月17日 21時26分31秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/314699039402516.html
を御参照頂けますか。
【関連する記事】