2007年03月16日

東京都 世田谷区 山本クリニック美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック
頭痛系の「病態」」で「機能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」
等があります。
脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科・心療内科・耳鼻咽喉科
「ペインクリニック」「神経ブロック」「疼痛治療」「山本クリニック」
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci

東京都 世田谷区 山本クリニック美容外科
酒さ:しゅさ 赤ら顔 にきび 尋常性痊瘡(ざそう)にきび跡 にきび痕 
にきびあと 毛細血管拡張症
きずあと 傷痕 創傷の痕 創傷の跡 けがの跡 怪我の跡 怪我の痕 かおのきず 
顔のきず ケロイド 色素沈着 「ほくろ」多発性ほくろ 単発ほくろ 
ほくろプラステイー ほくろ 黒子(こくし)色素性母斑 母斑:ぼはん
美容外科・美容整形・形成外科・レーザー治療・レーザー外科
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/3-laser.html



「レーザー光照射」を行う「レーザー光照射装置」
は宝石になる鉱物ととても関連が深いのです。

2つの宝飾メーカーの選定をみますと。
ブラッドストーンとサードニクスは比較的安価な宝石です。
よって外されていることが日本では多い。
日本固有のサンゴとヒスイがあまり聞きなれないのは残念です。
欧米に対するコンプレックスでしょう。
2つの宝飾メーカーの選定をみますと。
11月と12月では、全く異なる宝石が選定されています。
大手メーカーの場合、大量に裸石を確保することが必要です。
競争を避けているのかもしれませんね。
「レーザー光照射」を行う「レーザー光照射装置」
は宝石になる鉱物ととても関連が深いのです。


「アレキサンドライトレーザー」(俗称「アレックス」)
このレーザーもやはりメラニン色素に反応する性質があり、
シミやアザの治療の他にもパルス幅を長くして*いわゆる
脱毛レーザーとしても普及していました。
後述致しますが「脱毛レーザー光照射装置」というのは
現実的には存在しない「架空の「レーザー光照射装置」」です。
正確には「散髪「レーザー光照射装置」」です。

適切な表現が思い浮かばないのですが
「永久脱毛レーザー」というのは「うそ」です。

*一般的には「ハードレーザー光照射装置」
の「パルス幅」を長くすればいかなる
「ハードレーザー光照射装置」も
「熱レーザー」としての「「効果」が
強まります。

この「熱レーザー「レーザー光照射装置」」で皮膚に
「やけど」は「熱傷」=「burn:バーン」を発生させ
「ベリ」と「音はしないでしょうが」
「アブユレージョン:aburasion」するのが
俗にいう「脱毛レーザー」です。

「熱レーザー「レーザー光照射装置」」として
「アレキサンドライトレーザー 俗称「アレックス」」は
「脱毛レーザー」として妙に有名になってしまいましたが。


「ハードレーザー光照射装置」であればいかなるものでも
「脱毛レーザー」になりえます。


けれども「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」
のように「Qスイッチ」がついてからは
「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」は
め「「メラニン含有細胞(メラノサイト)」の「メラニン蒸散」
の「メカニズム」を中心に「メラニン「病態」」に対して
さまざまな用途があるのですが

なぜかうまいぐあいに使われてはいません。
不思議です。


「アレキサンドライトレーザー 俗称「アレックス」」は
また
今現在では「よくないことなのですが」
「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」の
用いられ方には「混乱」が生じています。

理由は判りません。


「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」
をめぐる「混乱」。
しいて考えれば
「アレキサンドライトレーザー 俗称「アレックス」」
を「脱毛レーザー光照射装置?」として
用いられていたとろ「Qスイッチ」の
「アレキサンドライトレーザー 俗称「アレックス」」

「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」
が出現してさまざまな「メラニン色素系の「病態」」
を相手にするようになってから。
「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」や
「メラニン色素系の「病態」」に
なれていない先生は多く。
相対的・絶対的に「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」
のテクニック」が追いつかない
で混乱が生じている事も事実でしょう。


「脱毛レーザー光照射装置」として
「アレキサンドライトレーザー 俗称「アレックス」」
はつとに有名でした。
因みに「脱毛」が可能な「レーザー光照射装置」は
存在しないのです。
びっくりするかもしれませんが。

しいていうならば
「熱」による「やけど」は「熱傷」=「burn:バーン」
で皮膚を「かさぶた」でとる「火傷」「脱毛」をさせます。
=>
「レーザー光照射」の「phto-thermal effects:「光熱反応」
のみ・です。

「やけど」は「熱傷」=「burn:バーン」を起こさせるために
「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」を
わざわざ「用いる必然性」は何もない。

だから
「脱毛レーザー光照射装置」というものは存在しない。
適切な表現が思い浮かばないのですが
俗にいう「脱毛レーザー:LASER」は「脱毛」では
なく「皮膚」まではがす「散髪レーザー」なのです。

極めて判りやすくいえば
「脱毛レーザー」という「レーザー光照射装置」も
「脱毛レーザー」という「範疇(カテゴリー)」も。
レーザー治療・レーザー外科の世界では。
実際には
存在しないもの・「架空のもの」なのです。
しいていえば「瞬間的熱原」として
「熱レーザー「レーザー光照射装置」」を用いる
のであれば今現在施行されている
「脱毛レーザー」はいかなる「ハードレーザー光照射装置」
でも「可能」です。

「瞬間的熱原」であればいかようなものでも
「脱毛」には用いられます。

そこで登場したのが「フオトフエイシアル」として用いられる
「IPL(Intense Pulsed Light);インテンス・パルスド・ライト」
=「強力なパルス光」
です。
今現在は
「IPL(Intense Pulsed Light);インテンス・パルスド・ライト」
=「強力なパルス光」は「瞬間的熱原」としてのみ
さまざまな「物理療法」=「いわゆる「物療:ぶつりょう」」
に用いられています。


けれども本質的には美容外科・形成外科の機器ではありません。

だから
裏話をするようですが
本質的には美容外科・形成外科の機器ではありませんから。

間違っても「フオトRF云々」と呼称されているもの
或はIPL(Intense Pulsed Light)の施術には
御注意下さい。


但し確かに
「Qスイッチ」の「有無」に関らず。
「アレキサンドライトレーザー 俗称「アレックス」」
のように。
「「かさぶた」を作る」「熱レーザー」は
施術をするときに「手間のかからない」手法であり
患者さんに「説明するときに」。
「脱毛レーザー光照射装置」といえばすみますから。
大変「わかりやすい」という側面はあります。


Nd-YAGレーザー
という「レーザー:LASER」があります。


1・
「Qスイッチ」のついていない
Nd-YAGレーザーと

2・
「Qスイッチ」のついている
Nd-YAGレーザーがあります。

ただのNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)

「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」

とは「海と山」の相違程」があります。

全く
別の「レーザー光照射装置」といってもよいでしょう。


他にも「Qスイッチ」の「有無」では
「ルビーレーザー:Ruby Laser」

「アレキサンドライトレーザー 俗称「アレックス」」
はあります。

「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」の
場合「Qスイッチ」が最も最短時間で駆動できる。
しかも
「10億分の10秒」*で高エネルギーの「1ショット」を。
毎秒10ショットする「高速レーザー」である。

これは
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
以外では「まねの出来ない」特性です。


「1ショット時間」が「10億分の10秒」で「光速度」でも
「光が3mしか進めない時間」です。
この極少短時間で「1ショット」をしてしまうのが
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは
超高性能Qスイッチレーザー治療」
です。


「Qスイッチ」の「Q」はレーザー物理の[quality」の頭文字
ですがここでは「省略」

因みによくヤグ・レーザーという「レーザー光照射装置」
「ヤグ」は
イットリウム(y)、アルミニウム(a)、ガーネット(g)
という
3種類の元素或は鉱物から成る結晶[y+a+g=YAG]
で「ヤグ」*です。
ガーネット(柘榴石:ざくろいし)構造の
結晶のことです。
けれども
ヤグ・レーザーを「ガーネット・レーザー」と
よぶことはまずありません。

けれども
「YAG LASER:ヤグ・レーザー」は「ガーネットレーザー」
です。

「レーザー光照射」を行う「レーザー光照射装置」
は宝石になる鉱物ととても関連が深いのです。

「YAG LASER:ヤグ・レーザー」は
固体レーザーです。
YAG=「ヤグ」=「人工のガーネット」です。
「YAG LASER:ヤグ・レーザー」は「ガーネットレーザー」
です。
けれども
ヤグ・レーザーを「ガーネット・レーザー」と
よぶことはまずありません。

「YAG LASER:ヤグ・レーザー」にも実に様々な
「YAG LASER:ヤグ・レーザー」があります。
用いられ方も「様々」であり弱い出力で「Qスイッチ」のないものは
「内視鏡」の「凝固用の光原」
にもつかわれます。

「レーザー光照射」を行う「レーザー光照射装置」
は宝石になる鉱物ととても関連が深いのです。



YAG(Yttrium Aluminum Garnet、
イットリウム・アルミニウム・ガーネット)は、
日本ではしばしばヤグと読まれる略語名称です。
イットリウム・アルミニウムの複合酸化物
(Y3Al5O12)から成るガーネット(柘榴石:ざくろいし)*構造の
結晶のことです。

自然界には存在しない人工物ですが宝石です。
固体レーザー(YAGレーザー)の素子あるいは
宝石の代として用いられる。
一般にはYAGにN=ネオジ(ミ)ウム(ネオジム、元素記号Nd)を
含むNd-YAGレーザーが多く用いられています。

"http://ja.wikipedia.org/wiki/YAG" より作成
「レーザー光照射」を行う「レーザー光照射装置」
は宝石になる鉱物ととても関連が深いのです。


「柘榴石:ざくろいし:Garnet:ガーネット」
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%98%E6%A6%B4%E7%9F%B3
柘榴石(ざくろいし)は珪酸塩鉱物の一種。
宝石としてはガーネット( Garnet )の名前でよばれる。
1月の誕生石である。石言葉は「血液の浄化」。

目次
1 性質・特徴
2 用途・加工法
3 種類
4 関連項目
 


性質・特徴
主成分はカルシウム・マグネシウム・鉄・マンガン・
アルミニウム・クロム・チタンなど。
モース硬度は6.5〜7.5、
比重は3.1〜4.3。
結晶系は等軸晶系まれに正方晶系で結晶は
菱形十二面体または偏方多面体となる。
その整った形状から、誕生石の一番目に選ばれたといわれる。
ガラス状の光沢があり、
透明度はさまざま、
色は無色・黄・褐・赤・緑・黒などがある。


用途・加工法
特に透明度の高い赤色、橙色、黄色、緑色のものを
宝石として装飾用に使用する。
丸く磨き上げられたものはカーバンクルと呼ばれる。
硬度の高さから研磨剤として利用されることが多い。
粒子の細かい柘榴石は、比較的安価にかつ大量に採掘できることから、
紙やすりなどに利用される。

種類
柘榴石は、化学成分により次のような端成分に分けることができ、
天然にはこれらの固溶体として存在する。

苦礬柘榴石(くばんざくろいし)(pyrope(パイロープ)) 
Mg3Al2(SiO4)3
鉄礬柘榴石(てつばんざくろいし)(almandine(アルマンディン)) 
Fe2+3Al2(SiO4)3
満礬柘榴石(まんばんざくろいし)(spessartine(スペッサルティン)) 
Mn3Al2(SiO4)3
灰礬柘榴石(かいばんざくろいし)(grossular(グロッシュラー)) 
Ca3Al2(SiO4)3
灰鉄柘榴石(かいてつざくろいし)(andradite(アンドラダイト)) 
Ca3Fe3+2(SiO4)3
灰クロム柘榴石(かいくろむざくろいし)(uvarovite(ウヴァロヴァイト)) 
Ca3Cr2(SiO4)3

「レーザー光照射」を行う「レーザー光照射装置」
は宝石になる鉱物ととても関連が深いのです。

Nd-YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
という「レーザー:LASER」があります。

「ヤグ:YAG(Yttrium Aluminum Garnet、
イットリウム・アルミニウム・ガーネット)」は
「人工の「柘榴石:ざくろいし:Garnet:ガーネット」
で実際に「宝石」としても用いられます。


1・
「Qスイッチ」のついていない
Nd-YAGレーザーと

2・
「Qスイッチ」のついている
「QスイッチNd-YAGレーザー」があります。

ただのNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)

「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」

とは「海と山」の相違程」があります。

全く
別の「レーザー光照射装置」といってもよいでしょう。

Nd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
 ネオジウム・ヤグを用います。
「ミ」を省いて(ネオジウム・ヤグ・レーザー)と
呼称されることもあります。
これはイットリウム(y)、アルミニウム(a)、ガーネット(g)
という
3種類から成る結晶[y+a+g=YAG]に
ネオジウムNdを混ぜたもので、
代表的には1064nmという波長を出します。

Nd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
3種類から成る結晶[y+a+g=YAG]に
ネオジウムNdを混ぜたもので、
代表的には1064nmという波長を出します。

 波長を半分に変換できるKTP結晶を組み込んで
、532nmの波長をも出すことができる「レーザー光照射装置」
もあります。

「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
代表的には1064nmという波長を出します。

 波長を半分に変換できるKTP結晶を組み込んで
、532nmの波長も出すことができる機能を持った「QスイッチNd・YAG」
もあります。

532nmの波長は、メラニン色素に反応するとともに、
ヘモグロビンの赤い色素にも反応しますので、
「赤色」に反応致します。「赤あざ」「血管腫」の治療に使用されます。

さらに1/3波長x1064nmの波長も励起しうる
「QスイッチNd・YAG」
もあり「レーザー光照射」の「テクニック」
の難易度は高いですがある「病態」に利用されることがあります(「省略」)。


私は
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」で
「3種類」の波長を使いこなします。

(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
1・代表的には1064nmという波長を出します。
2・532nmの波長をも出すことができる機能を持ったもったものもあります
3・1/3波長x1064nmの波長
の全てを含め「6機種」の
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
を用います。


「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
((「ミ」を省いて(ネオジウム・ヤグ・レーザー)と
呼称されることもあります。

医療用「レーザー光照射装置」を様々な医学的=実用性・強力性
観点からみるのであれば。

「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
は「レーザー光照射装置」の「最高峰」です。

勿論「レーザー光照射装置」が「最高峰」であっても
施術をするレーザー外科医師の技量が伴わなければ。
ただの「レーザー光照射装置」のままです。

これはとても重要なことです。
どこそこの御施設に○○という「レーザー光照射装置」
があることと。
どこそこの御施設に○○という「レーザー光照射装置」
があり操作に熟練をし間違いのない施術ができる医師がいることと。
全くの別問題です。
よく「このレーザーはどこにあるでしょうか」という
御相談がありますが。
「見当違い」ということになります。

例をたとえるのであれば。
1・
適切な表現が思い浮かばないのですが
日本の警察官は拳銃を所持していますが
拳銃を所持する警察官とはいえガンコントロールに
成功したわが国では警察官の拳銃の使用は「合衆国USA」
の民間人より低いです。
これは「よいこと」なのです。


「合衆国USA」では「衆」「州」のもよりますが
警察官が「市内で発疱のやむなきにいたる実包は
一人当たり毎週100発以上」(ニューヨーク)です。
これに比して
日本では2006/01-2006/9までに日本全国で「17発」
です。
これは日本の治安を守る警察官の「テクニック」としては
当たり前のことながら「よいこと」なのです。

2・ピアノのあるお家で「エリーゼのために」が
流れていても「ひいているかた」がピアノで食べていける
音楽家である確率は極めて低いです。
その他です。


「レーザー光照射装置」という
高度先進医療機器を御施設が所有している
ということと。
この「レーザー光照射装置」を操縦する
「テクニックを持つ医師がいる」とは
別の問題です。


これはとても重要なことです。
○○という「レーザー光照射装置」
があることと。
○○という「レーザー光照射装置」を用いて
「レーザー光照射」ができるということは
全くの別問題です。
よく患者さんは「この基本の基本」について
錯覚をおこされています。


単なる
Nd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
と異なり
「超高速の「Qスイッチ」」のついた
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
は全く「海と山」の相違程」以上の相違が御座います。


「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」は。

ヴアイオリンに例えるのであれば
「ストラデイバリウス」*です。

ヴアイオリンの「ストラデイバリウス」を名ヴアイオリニスト
が操るように極めて高い「テクニック」と極めて高い「音楽性」と
極めて高いヴアイオリンに対する知識・素養が必要です。
そこで初めて「ストラデイバリウス」の「音色」が生まれるのです。


-------------------------------

http://homepage2.nifty.com/~tjinfom/agtopiks089.html
より「引用」
米国、テキサスA&M大学のナジバリー教授は
生化学が専門なのですが。
バイオリンの名器ストラデイバリウスの研究者としても知られています。
1957年、ハンガリー難民としてスイスに逃れて来た同氏は、
ノーベル賞受賞者ポール・カレル博士に師事して、
天然物化学を学びました。

その時代、たまたま
「レーザー:LASER」の存在を予言した(1917.1921)
アルバート アインシュタインの遺品の
バイオリンを弾く機会に恵まれましたた。
「アルバート・アインシュタイン*」のヴアイオリン。
それがストラデイバリウスであった。

そして、このような名器がなぜ長期保存に耐え、
優れた音を出し続けることができるのか、
なぜ製作者の死後このような名器を作る技術が途絶えてしまったのか
調べて見ようと思ったのです。

そして様々なことが「ストラデイバリウス」に関して
判明したのですが。

ここでは省略。
-------------------------------

その後、ストラデイバリウスの生産地である北イタリアの
クレモナ地方を旅行したときに
、その地で18世紀に作られた木工品が、
楽器を含めて保存状態が極めてよく、
虫食いがほとんどないことに気がついた。
それに比べ、同時代に他の地域で作られた木工品は、
虫に食われてひどい状態になっていた。調べて見ると、
当時クレモナ地方ではキクイムシが大発生した。
当時、ホウ砂の防虫効果は既に知られており、
原木をホウ砂で処理して防虫加工を行ったらしい。
ナジバリー教授は、種々の防虫剤を用いて木材の保存性を調べたところ、
ホウ砂の効力が優れていることを見出した。
その上、防虫加工によってホウ素化合物が木材中の微小な孔に充填されると、
木材成分が結合して原木が硬く丈夫になり、
それから作られる楽器の機能を高めるという副次的な効果も発見した。

原木が防虫加工されていたことを
楽器の製作者であるストラデイバリ自身も気がついていなかったようである。

もちろん、ストラデイバリウスの楽器がたぐいまれな音を出し
長期保存に耐えているのは、木材の防虫加工の他に、楽器の製作技術、
例えば胴体の形と音の振動との関係を最高の状態に維持する技術などにもよる。
楽器の保存性をよくするために、又音をよく響かせるために、
素材を果樹の樹皮から分泌される樹液と水晶粉とで処理することも
行われていた。
売却先が王侯貴族で、保存や手入れが良かったことも考えられる。
ストラデイバリウスの没後、クレモナ地方のキクイムシ被害も収まり、
木材の防虫処理も行われなくなった。

従って、同じような性能の楽器はもはや製作されなくなったのであろう。
米国のあるシンポジウムで、著名なバイオリニストが、
ナジバリー教授が自己の研究に基づいて製作したバイオリンを
ストラデイバリウス作の楽器と弾き比べたところ、
誰も区別できなかったといわれる。

ホウ砂は天然に存在し、
Na2B4O7・10H2O の化学式で表される
(英名:sodium tetraborate, borax)。
ホウ砂、あるいはそれから得られるホウ酸は、
家庭用殺虫剤やしろあり防除剤としても使用されている。
平成15年度、日本で使用された家庭用殺虫剤の中でホウ素化合物が
占める割合は約19%であった。
そのほかにも、ホウ素化合物は化粧品、陶磁器の上薬、
難燃性の人造繊維、肥料などとしても使用されている。

米国では、ホウ砂は、固体あるいはエチレングリコール溶液として
防虫用、除草用に販売されている。
ホウ素化合物は害虫に対して食毒として作用し
、虫の食欲を減退させ、乾燥させて死に至らせる。

農園芸用としての有機りん剤は、農業生産上欠かせない
優れた殺虫剤であるが、
家庭用殺虫剤としての使用に対して
最近、疑問の声が多くあがっている。
農園芸用以外の分野で、
殺虫剤としてのホウ素化合物の活用をもっと考えてはどうであろうか
(2005年6月10日)。

謝辞:ストラデイバリウスに関する資料を紹介して頂いた
大学時代同期の上原健一郎氏に感謝します。

主な参考資料:
1)
http://abcnews.go.com/Technology/story?id=98197&page=1
2)
http://www.anzen.metro.tokyo.jp/pdf/report_104.pdf


-------------------------------


Nd-YAGレーザー
 ネオジウム・ヤグを用います。
これはイットリウム、アルミニウム、ガーネットという
3種類から成る結晶YAGに
ネオジウムNdを混ぜたもので、
代表的には1064nmという波長を出します。
で。
「超高速の「Qスイッチ」」のついた
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」は。


「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」

「ハードレーザー光照射装置」の
「レーザー光照射装置」のなかで最高峰であり
機器の価格も非常に大変高額なものです。
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
は「レーザー光照射装置」の最高峰です。


「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
とただのNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
とは「海と山」の相違程」があります。

但し
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
でも「香港製」の「みかん箱」くらいの「大きさ」
で極めて粗悪であり出力も極めて低く
「Qスイッチ」の性能も極めて悪い「おもちゃ」(本当です)
のようなものが「ブラックマーケット」ででまわっています。

購入された先生はいないようです。

一度でも「箱レー」になっているのをだまされた先生は
こりられ知っていますから。

因みにこの「香港製」は値段は高めのpcくらいで
どのようにしてこの値段が「発生」するのかは
知る由もありません。


「箱レー」について。
「ヨット」や船舶を操縦されるかたはご存知と思いますが
「船」を「水からあげたまま」で放置しておくと使えなく
なります。「岡船:おかぶね」といいます。
この「表現」と同じです。

よく「不用のレーザー買い取ります」等と言う
「広告」をみかけますが。
「箱レー」は
1・「「光」のでない壊れた(或は使い物にならない)
「レーザー光照射装置?」を「いかにも「レーザー光照射」をしているか」
のごとく「用いられる事例」の隠語です。
2・「また小型のレーザー」(「ソフト・レーザー光照射装置」
であるにきまっています)を外装のみ「大きく」する
(この会社も香港にあります)「見かけのみ」の
「レーザー光照射装置?」のことを呼称致します。


「Er-YAGレーザー :エルビウム・ヤグ・レーザー」

これはイットリウム、アルミニウム、ガーネットという
3種類から成る結晶YAG(ヤグ)*に。

YAG(ヤグ)に「エルビウムEr:エルビウム」を混ぜたもので、
2936nm*という波長を有しており、

これは炭酸ガスレーザーと同様に水分に反応します。
* nm=ナノ・メーターという「長さ」の単位です

「ヤグ:YAG(Yttrium Aluminum Garnet、
イットリウム・アルミニウム・ガーネット)」

「人工の「柘榴石:ざくろいし:Garnet:ガーネット」
で実際に「宝石」としても用いられます。

「Er-YAGレーザー :エルビウム・ヤグ・レーザー」

ニキビ跡の凹凸や顔面のしわ取り*に期待されて使用されたことが
ありました。

とはいうものの
「効果」は全くなかったのです。

「laser rejubenation:レーザー・リジャビュネーション」
という「テクニック」です。

「laser rejubenation:レーザー・リジャビュネーション」
rejubenation=re(再び)+juben(思春期・若さ)+ation(しましょう)
という意味ですが「合衆国USA」でも
「難しい言葉」とされています。


「laser rejubenation:レーザー・リジャビュネーション」の
「レーザー光照射」については。

私は「レーザー・リサーフエシング」=
(「laser rejubenation:レーザー・リジャビュネーション」)

「レーザー・リサーフエシング」という簡単な用語を
用います。


「Er-YAGレーザー :エルビウム・ヤグ・レーザー」

ニキビ跡の凹凸や顔面のしわ取り*に期待されて使用されたことが
ありました。

とはいうものの
「効果」は全くなかったのです。

だから
「Er-YAGレーザー :エルビウム・ヤグ・レーザー」

今現在いまひとつ使用目的がはっきりしない「レーザー光ビーム」
であり「レーザー光照射装置」です。
「Er-YAGレーザー :エルビウム・ヤグ・レーザー」
は今現在も
合衆国の「サイトン」という会社が
この「Er-YAGレーザー :エルビウム・ヤグ・レーザー」を
作り続けています。
この一徹した「レーザー光照射装置」機器メーカーとして
私は「サイトン」をある意味では立派であると思います。
評価高く考えています

 「Sciton:サイトン」という「合衆国USA」の
「レーザー光照射装置」の会社が
「Er-YAGレーザー :エルビウム・ヤグ・レーザー」を
作り続けているので。
よって「Er-YAGレーザー :エルビウム・ヤグ・レーザー」
を「サイトンレーザー」という慣わしもあります。

特別にサイトンという会社
が「Er-YAGレーザー :エルビウム・ヤグ・レーザー」を
造り続けているだけで。

「Er-YAGレーザー :エルビウム・ヤグ・レーザー」
の「合衆国USA」の機器メーカーが「Sciton:サイトン」
という以外。
「サイトンレーザー」が「何ら他の意味」をもつものでは
ありません。
「Sciton Laser:サイトン・レーザー」が優秀であるとか
機能とは全く関係がありません。

「Er-YAGレーザー :エルビウム・ヤグ・レーザー」
の「レーザー光照射装置」のみをを作成している
「合衆国USA」の機器メーカー 「Sciton:サイトン」の
「Sciton Laser:サイトン・レーザー」は。

All Sciton systems include a 3-year warranty
と「外国製品」ならではの「メインテナンス」はしないが
「3年間保障」というようなサービスをする「特徴」がありますが。

けれども現実的に「レーザー光照射装置」に不具合が
発生したときに「サイトン」という会社に頻々と
連絡したり「パーツ」を送ってもらうということは
不可能に近いです。

事実「2年くらいつかうと」非常におかしくなります。

「ハードレーザー光照射装置」としての
「レーザー光照射装置」は
1・「超精密光学機器」でもあり。
2・「超精密電子工学機器」でもあります。
3・ハード的には「機器の温度管理は重要」
で大抵の「ハードレーザー光照射装置」
が「水冷式」です。
「Er-YAGレーザー :エルビウム・ヤグ・レーザー」
もこのような「1・」「2・」「3・」の
「ハードレーザー光照射装置」としての
特性をもっています。

これらに必ずや不具合は「レーザー光照射」を
重ねるうちに発生してきます。



「Er-YAGレーザー :エルビウム・ヤグ・レーザー」
としての
「Sciton Laser:サイトン・レーザー」は
2年くらいつかうと」非常におかしくなります。

「レーザー光照射装置」として「レーザー光照射」はまず不可能
になります。

「Er-YAGレーザー :エルビウム・ヤグ・レーザー」
この「Sciton Laser:サイトン・レーザー」の不具合に関しては
「レーザー管球(レーザーロッドと呼称)」のパワーダウンが
著しいことによります。
「50%パワーダウン以上」パワーダウンしていきます。
それでも「合衆国USA」であれば
「特殊な「テクニック」である程度までの修理は可能」ですが
輸入品である本邦ではどうにもなりません。

このような場合
輸入した「ハードレーザー光照射装置」の場合は
「修理不能」でも「実際に使っている」事例は多いものです。


因みに「Er-YAGレーザー :エルビウム・ヤグ・レーザー」
は「Qスイッチレーザー」ではありません。

「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
による「レーザーフェイシアル」にて
「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」が「可能」です。


「laser rejubenation:レーザー・リジャビュネーション」
rejubenation=
re(再び)+juben(思春期・若さ)+ation(しましょう)
という意味ですが。

「合衆国USA」でも
「難しい言葉」とされています。


「laser rejubenation:レーザー・リジャビュネーション」の
「レーザー光照射」については。
私は「レーザー・リサーフエシング」=
(「laser rejubenation:レーザー・リジャビュネーション」)
として。

「レーザー・リサーフエシング」
という簡単な用語を
用います。

なお現実的には
「超高性能Qスイッチレーザー外科
あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」の
「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」
の「テクニック」

「超高性能Qスイッチレーザー外科
あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」の
「傷痕レーザー外科」の「テクニック」として
応用されます。



 


「色素レーザー;ダイレーザー」
ダイレーザー
 色素レーザーとも呼ばれ、
アルコールに色素を溶かしこんだものを発振体としており、
液体レーザーです。
585nm付近の波長を出します。
「血管腫」レーザーです。

「色素レーザー;ダイレーザー」は
ヘモグロビン(血液中の赤い成分)に反応する性質がありますので、
赤アザや血管性疾患の治療に用いられます。
「Vビームレーザー」*も
「色素レーザー(ダイ・レーザー)」の一種です。
「血管腫」レーザーです。
*「Vビームレーザー」の「v」は
「パルス幅」が「変えられる」=「variable」の
「v」です。
因みに「色素レーザー;ダイレーザー」は
「レーザー光ビーム」は「1ショット時間」は
変えられません。


「血管腫」「レーザー:LASER」である
「Vビームレーザー」も「色素レーザー(ダイ・レーザー)」も
都道府県に「一台」あればたりる「レーザー光照射装置」
ともいわれています。
「一台あれば足りる」は実際に統計をとってみると

「血管腫」レーザーで「血管腫」の「治療」を
「受けられる患者さんの数」と「「血管腫」のレーザー」の
必要台数はほぼ一致します。

「Vビームレーザー」や
「色素レーザー;ダイレーザー」の「メカニズム」
を理解する上で。

血管自体は赤くはありません。あくまでも
血管内を流れる「赤血球=「赤い」の「ヘモグロビン(血色素)」
を「標的」としており「赤血球=「赤い」を
破壊した「余剰「エネルギー」」で「血管腫」の血管を
破壊する・・。

という事を
しっかり頭にいれておかないと施術に失敗します。

「Vビームレーザー」や
「色素レーザー;ダイレーザー」で「血管腫」の施術を
うけられる患者さん。

また患者さんもこのことはしっかりと銘記されておかれて下さい。

「血管腫」の「血管」自体は赤くはありません。
「赤血球=「赤い」」が赤いのです。
「赤血球=「赤い」」を破壊した「エネルギー」で「血管腫」
を破壊致します。
「Vビームレーザー」は「血管を縮めるレーザー」ではありません。
「Vビームレーザー」は「血管を破裂させるレーザー」なのです。
「Vビームレーザー」は「血管を破裂させるレーザー」だから「血管腫」
を治療できます。

一方では
「Vビームレーザー」は「血管を縮めるレーザー」ではないから
「皮膚のあかみ」には皮膚レベルでは何ら反応致しません。
皮膚レベル(あくまでも皮膚レベル)は反応しない=
「皮膚レベルの赤み」をとることはできません。
だから「一方では」
「ひっかいて赤くなっている皮膚」に本気で
「Vビームレーザー」を
「レーザー光照射」すると物凄い「皮下内出血」がおきます。

「Vビームレーザー」
「色素レーザー;ダイレーザー」
血管自体は赤くはありません。

あくまでも
血管内を流れる「赤血球=「赤い」の「ヘモグロビン(血色素)」
を「標的」としており「赤血球=「赤い」を
破壊した「余剰「エネルギー」」で「血管腫」の血管を
破壊する・という事を患者さんは銘記されておかれて下さい。

「Vビームレーザー」自体が
「血管腫」の血管になんら作用するわけではないのです。
標的は「赤血球=「赤い」」です。
「血管自身」ではありません。

「Vビームレーザー」
「色素レーザー;ダイレーザー」
「赤」に反応する。

けれども皮膚には「毛細血管:capillary」
があります。
「毛細血管:capillary」の中には「赤血球=「赤い」」
が流れています。「赤血球の「ヘモグロビン(血色素)」が赤い」のです。
「毛細血管:capillary」自身を「Vビームレーザー」は破壊することは
不可能なのです。
だから「赤血球=「赤い」」の流れていない
「血管」の
「赤色「色素」」を「けす」ことはできません。


「Vビームレーザー」
「色素レーザー;ダイレーザー」
に極めて多い間違いがあります。
「Vビームレーザー」
「色素レーザー;ダイレーザー」
「赤」に反応する。
は如何なる場合も「Vビームレーザー」
「色素レーザー;ダイレーザー」の
「レーザー光照射」が行われたときは
「赤血球=「赤い」」の破壊に伴う余剰「エネルギー」で
「毛細血管:capillary」の破壊が必ずや
起こることを銘記下さい。
「Vビームレーザー」は
「ぼんやりとした」赤みをけすことは出来ない
のです。
逆にいえば
「Vビームレーザー」を正常皮膚に
「レーザー光照射」を行っても
「毛細血管:もうさいけっかん:capillary」は
存在するから「皮下内出血」は発生致します。


だから
「血管腫」でない正常皮膚の「血管腫」でない赤に
「Vビームレーザー」
「色素レーザー;ダイレーザー」が「レーザー光照射」
されれば
必ずや
「皮下内出血」を伴うことを御銘記下さい。

だから
俗にいう「赤ら顔」である
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「脂腺疾患:しせんしっかん」です。

「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
の赤みは
「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」は「黒い」
が幾重にも巻きついた「皮膚の下に垂直に走る
「毛細血管:capillary」」=
「縦走毛細血管:longitudinal capillary」
の断面の赤さが「病態」です。
に「Vビームレーザー」を
間違って「レーザー光照射」をして
大変なことになる事例が御座います。

「Vビームレーザー」*も
「色素レーザー(ダイ・レーザー)」の一種です。
「血管腫」レーザーです。
*「Vビームレーザー」の「v」は
「パルス幅」が「変えられる」=「variable」の
「v」です。
因みに「色素レーザー;ダイレーザー」は
「レーザー光ビーム」は「1ショット時間」は
変えられません。

「Vビームレーザー」は米国キャンディラ社製の
「レーザー光照射装置」
です。

「欧米」の「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」
と本邦の「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」が
全く異なるのと同様に
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」も
「欧米」と本邦は著しく異なります。


「Vbeam :Candela Co., MA USA」=
「冷却装置付pulse Dyeレーザー、波長595nm」
です。
「Vビームレーザー」は
 「パルスレーザー」であり「Qスイッチ」の
「超高速の「Qスイッチ」」のついた「Vビームレーザー」
はありません。

「Vビームレーザー」は当院にもありますが
「Vビームレーザー」による「血管腫」施術のときは
「全身麻酔」が必要です。



「ダイオードレーザー:半導体レーザー」
ダイオードレーザー
 半導体を使います。

理論的には半導体の性質を変えることにより
様々な波長のレーザー光を作り出すことが可能です。
その意味では現在もっとも注目を集めているレーザーです。

けれども「注目を集めている」=「優秀」という意味
では全くないのです。

「ダイオードレーザー:半導体レーザー」では
美容外科、形成外科分野では800nmという波長のものを
使ってメラニン色素に反応する性質を利用して脱毛に使用したり、
532nmの波長のものを使って毛細血管拡張症の治療に使用されて
いることになっています。
・ことになっています。
ただし「ダイオードレーザー:半導体レーザー」には
問題がある。

ただし「ダイオードレーザー:半導体レーザー」には
問題がある。

「ダイオードレーザー:半導体レーザー」は
出力が極めて弱い
「ソフト・レーザー光照射装置」であるために
「内科的」な使用法しかなくともすれば「物療」になってしまいます。

内科的レーザーとか外科的レーザーとか
呼称されることがありますが
「ダイオードレーザー:半導体レーザー」は
「典型的な内科的レーザー」です。

内科的レーザーとか外科的レーザーの「分類用語」は
日本製の分類用語ですが。

この名称を作られたかたは
適切な表現が思い浮かばないのですが大変な「俗物」
としかいいようがありません。

どなたかはわからないので大変申し訳ないのです。

内科的レーザーとか外科的レーザーの「分類用語」は
日本製の分類用語ですが。

内科的とは「内服薬」その他手術・施術を用いぬ「治療戦略」
外科的とは手術・施術など医師により「切り開いて「病変」を取り除く
「治療戦略」です。


またハリソンという「内科学」の聖書の如き教科書には
「内科的」とは結局「内科医」が行う医学であり
「外科的」とは結局「外科医」が行う医学である。

極めて単純に書かれています。

内科的レーザーとか外科的レーザーの「分類用語」は
日本製の分類用語ですが。


日本製の分類用語ですが。

この名称を作られたかたは
適切な表現が思い浮かばないのですが大変な「俗物」
としかいいようがありません。

どなたかはわからないので大変申し訳ないのです。

如何なる医学的手法も内科的・外科的と定義分類する場合は
大変な注意が必要である。
=>
最もです。

"Physical"is employed in a case of those medical practice by Physical medical doctors.
"Surgical" is employed in a case of those medical practice by Surgical medical doctors.
Strenuous care must be necessary to usage of those terms "surgical and "physical"
for some medical practical definition of therapeutic tactics.
=>
またハリソンという「内科学」の聖書の如き教科書には
「内科的」とは結局「内科医」が行う医学であり
「外科的」とは結局「外科医」が行う医学である。


医学的な意味が全くありません。
「内科的レーザー」とは
「毒にも薬にもならない」「レーザー光照射装置」
を用いる場合の用語です。

「ダイオードレーザー:半導体レーザー」
の話が長くなりますが。
内科的レーザーとか外科的レーザーの「分類用語」は
日本製の分類用語ですが。

この名称を作られたかたは
適切な表現が思い浮かばないのですが大変な「俗物」
としかいいようがありません。

どなたかはわからないので大変申し訳ないのです。

内科的レーザーとか外科的レーザーの「分類用語」は
日本製の分類用語ですが。

より正確には
毒になる「レーザー光照射装置」はありません。
だから「薬」にならない「レーザー光照射装置」で
「レーザー光照射」をうければ「内科的」という
ように呼称されます。


内科的レーザーとか外科的レーザーの「分類用語」は
日本製の分類用語ですが。
これでは「内科専門医先生」に
「失礼」甚だしい。

そしてこの場合の「レーザー光照射装置」が
「ダイオードレーザー:半導体レーザー」であり
「ソフト・レーザー光照射装置」という「範疇(カテゴリー)」の
「レーザー光照射装置」
になります。

経済的に考えると。
「本物のレーザー光照射は「ハードレーザー光照射装置」
によるものですから。

「本物のレーザー光照射」での「治療戦略」では
例えばお顔の「病態」で例えば「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
や「傷痕レーザー外科」などは。施術終了までの
「総御費用(消費税込み)」=100万円単位
の「御費用」になるはずです。
美容外科施術というのはこのように施術「術者」=「第1執刀医」
にとっても大変な「エネルギー」を必要とします。
失敗は許されません。それが施術費用です。
レーザー外科も全く同様に御考え下さい。


「ダイオードレーザー:半導体レーザー」の場合
現状は。

適切な表現が思い浮かばないのですが
経済的に余裕のない患者さんの場合が結果論として。
「毒にも薬にもならない」「内科的レーザー光照射装置」

「ソフト・レーザー光照射装置」を用いて
あたかも「「形成外科」レーザー治療」
を行ったか如くの「錯覚」をもたせて
代替治療におきかえての標的になってしまいます。

そして「治療効果比:therapeutic ratio:TR」=0
ですから「何も変わりません」


御気を付け下さい。
御注意下さいますように。



「ソフト・レーザー光照射装置」しかつくらない会社。
「内科的レーザー光照射装置」を製造している会社は
本邦では「み○と?」という会社があります。
「ミ○ト医科機械」という「極めてヤクザな会社」です

「ソフト・レーザー光照射装置」しかつくらない会社。
「内科的レーザー光照射装置」を製造している会社は
本邦では「ミ○ト?」という会社があります。
「ミ○ト医科機械」という「極めてヤクザな会社」です。
ここのホームページをうっかり開くとブラウザで戻れなくなります。
医療関係の品物を作っている会社でも・「普通の会社」でも
これほど「ヤクザな会社」はありません。存在することが不思議です。
当院も一度被害にあったことがあります。
患者さんの診療中なのに押し売りの如く「べらべら」と
しゃべり・とても困りました。



 
皮膚の構造と病変の位置
 極めて簡単に言えば人間の皮膚は表皮と真皮という
2枚のものからできており、

上にあるものが表皮で水膨れした時などに
1枚ペロッと剥けてしまう部分で、0.1〜0.2mm位の厚みしかありません。
いわゆる角質はこの表皮に含まれます。

その下が真皮で厚いところでは4〜5mmの厚さがあります。
真皮の80%位はコラーゲンでできています。
この皮膚の下に「皮下結合組織」があります。


表皮の下の「真皮のレベル」の80%はコラーゲン線維層
から構成されています。

コラーゲンという判り難いですが
「コラージェン:collagen」=「繊維質」のことであり
女性のフアッションの3大アイテムの「服」「靴」「バッグ」

「靴」や「バッグ」は
「コラーゲン」=「コラージェン:collagen」=「繊維質」
からできています。
「靴」や「バッグ」の表面のつるちるしている部分は「表皮」
です。


表皮の下の「真皮のレベル」の80%はコラーゲン線維層
から構成されています。
残りの「20%」は「軟部組織」と呼称致します。
この
「20%」の部分と
「コラーゲン」=「コラージェン:collagen」=「繊維質」
をレーザー外科では上手に操ります。
この部分を操るレーザー外科の「範疇(カテゴリー)」を
「laser rejubenation:レーザー・リジャビュネーション」
の「範疇(カテゴリー)」といいます。


「laser rejubenation:レーザー・リジャビュネーション」
は難しい言葉ですが。
「laser rejubenation:レーザー・リジャビュネーション」
rejubenation=
re(再び)+juben(思春期・若さ)+ation(しましょう)
という意味ですが。

「合衆国USA」でも
「laser rejubenation:レーザー・リジャビュネーション」は
「難しい言葉」とされています。
そのうちなくなる可能性のある言葉です。

言葉の意味としては「しわをとる」「きずをなおす」「わかがえらせる」
を「レーザー光照射」で「治療戦略」をとるという意味なのです。

「laser rejubenation:レーザー・リジャビュネーション」の
「レーザー光照射」については。
私は「レーザー・リサーフエシング」=
(「laser rejubenation:レーザー・リジャビュネーション」)
として。

「レーザー・リサーフエシング」
という簡単な用語を
用います。