2007年03月12日

ルビーレーザー とさまざまな宝石たち







 



ルビーレーザー
「ルビーレーザー:Ruby Laser
 宝石のルビーを用います。
可視光線の一部である694nm(ナノメーター)という波長を有しており、
メラニン色素に反応する性質があります。

「ルビーレーザー:Ruby Laser」は
シミやアザを治療するレーザーとして形成外科分野では
炭酸ガスレーザーとともに一昔前までは
日本では最も普及しているタイプのレーザーでした。

「ルビーレーザー:Ruby Laser」は
可視光線の一部である694nm(ナノメーター)という波長を有しており
ルビー宝石と同じ
「ピジョン・ブラッド・カラー:鳩の血色」の
「レーザー光ビーム」が「宝石(コランダム)」のルビーとほぼ同色ででます。

この「ルビーレーザー:Ruby Laser」の「レーザー光照射」
に際しての。

「レーザー光照射」の「レーザー光ビーム」から
眼を守る「保護ゴーグル」は
「ピジョン・ブラッド・カラー:鳩の血色」の「反対「色」」=「補色」
である「青緑色」をしています。
この「色」は後述する
「青色発光ダイオード」で有名な「青緑色」でもあるのです。


「ルビーレーザー光照射装置」には
1・
「QスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=
「「Qスイッチ・ルビーレーザー」
2・
「sort-pulse RUBYルビーレーザー光照射装置」=
「「ショート・パルス・ルビーレーザー光照射装置」
3・
「long-pulse RUBYルビーレーザー光照射装置」=
「ロング・パルス・ルビーレーザー光照射装置」
の概ね「3種類」が御座います。

「ルビーレーザー光照射装置」のこれらの
特性は「1ショット時間」=「パルス幅」によるものです。


「ルビーレーザー:Ruby Laser」は
今現在では
「QスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=
「「Qスイッチ・ルビーレーザー」が
主流であり
「sort-pulse RUBYルビーレーザー光照射装置」=
「「ショート・パルス・ルビーレーザー光照射装置」
が「2番手」です。

「ルビーレーザー光照射装置」には
1・
「QスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=
「「Qスイッチ・ルビーレーザー」
2・
「sort-pulse RUBYルビーレーザー光照射装置」=
「「ショート・パルス・ルビーレーザー光照射装置」
3・
「long-pulse RUBYルビーレーザー光照射装置」=
「ロング・パルス・ルビーレーザー光照射装置」
の概ね「3種類」が御座います。

「ルビーレーザー光照射装置」のこれらの
特性は「1ショット時間」=「パルス幅」によるものです。

「ルビーレーザー:Ruby Laser」の場合。
「パルス幅」が
600msecより「パルス幅」が長いものを「ロング・パルス」
600msecより「パルス幅」が短いものを「ショート・パルス」
という「ならわし」のようなものがあります。
あくまで「ルビーレーザー:Ruby Laser」な場合のならわし
です。


「long-pulse RUBYルビーレーザー光照射装置」=
「ロング・パルス・ルビーレーザー光照射装置」は
何らかの「工夫があるか・考えがあるか」以外は使われません。

「ルビーレーザー:Ruby Laser」「レーザー光照射装置」
の場合。
勿論御施設に
「long-pulse RUBYルビーレーザー光照射装置」=
「ロング・パルス・ルビーレーザー光照射装置」しか保有されていなければ。
これを「ルビーレーザー:Ruby Laser」として使わざるをえません。


ちなみにルビーレーザーのルビーは「サフアイア」と同じ
「コランダム」という「鉱物」です。
サフアイアレーザーというレーザーも存在致します。
サフアイアレーザーというレーザーも存在致しますが。
ルビーレーザーという名称で通すことになっています。


宝石のルビーとサフアイアは
「コランダム」という「全く同一の鉱物」です。
「コランダム」

コランダムは、酸化アルミニウム(Al2O3)の結晶からなる鉱物です。
鋼玉(こうぎょく)とも呼ばれます。*
(鉱物学的に「硬玉」と呼ばれるものが同じ文字で
あと一つあります。翡翠です)

純粋な結晶は無色透明です。結晶に組みこまれる不純物イオンにより色がつき
ルビー、サファイアなどと呼び分けられることとなります。
古くから、磨かれて宝石として珍重されたことはご周知のとおりです。
ルビーは7月の誕生石。
「アレキサンドライトレーザー 俗称「アレックス」」に用いられる
「アレキサンドライト」は「6月の誕生石のひとつ」
現在では容易に人造でき、単結晶は、固体レーザー、
精密器械の軸受などに使われ、
大規模に作られる多結晶の塊は研磨材、耐火物原料などに使われます。

宝石のルビーとサフアイアは「コランダム」という「全く同一の鉱物」です。
コランダムは、酸化アルミニウム(Al2O3)の結晶からなる鉱物です。
鋼玉(こうぎょく)とも呼ばれます。*
純粋な結晶は無色透明です。結晶に組みこまれる不純物イオンにより色がつき
ルビー、サファイアなどと呼び分けられることとなります。

なお、磁鉄鉱、赤鉄鉱、スピネルなどが
混ざる粒状の不純なコランダムは、エメリーと呼ばれ、
天然の研磨材として用いられています。

「硬玉」は翡翠の世界でも鉱物学的ヒスイ輝石 jadeite NaAlSi2O6 を
「硬玉」・と呼称致します。
「ネフライト:カスミ石 nepheline NaAlSiO4 」を
「軟玉」というように用いられるので要注意です。
「軟玉」といっても翡翠=「硬玉」と「モース硬度」は変わりません。


コランダム
「ルビーレーザー:Ruby Laser」の「レーザー光照射装置」
の心臓部」「レーザー管球(レーザーロッドと呼称)」を
構成する「利得媒質」は
コランダムは、酸化アルミニウム(Al2O3)の結晶からなる鉱物です。
鋼玉(こうぎょく)とも呼ばれます。*


宝石のルビーとサフアイアは
「コランダム」という「全く同一の鉱物」です。
「コランダム」

コランダムは、酸化アルミニウム(Al2O3)の結晶からなる鉱物です。
鋼玉(こうぎょく)とも呼ばれます。*
(鉱物学的に「硬玉」と呼ばれるものが同じ文字で
あと一つあります。翡翠です)

*「硬玉」
鉱物学で注意しなければならないのは
翡翠で「ヒスイ輝石 jadeite NaAlSi2O6 」
を「jadite:ジェダイト:硬玉:こうぎょく」と呼称することです。
本物の翡翠=「硬玉」。
「軟玉:なんぎょく」は俗に言う「にせひすい」ですが。
「ネフライト:カスミ石:軟玉: nepheline NaAlSiO4 」
(「ネフライト:カスミ石 nepheline NaAlSiO4 」
が「いけない」というわけでもない。
このあたりは翡翠の鉱物学で大変問題が多いものです。)


宝石のルビーとサフアイアは
「コランダム」という「全く同一の鉱物」です。
「コランダム」

コランダムは、酸化アルミニウム(Al2O3)の結晶からなる鉱物です。
鋼玉(こうぎょく)とも呼ばれます。*
(鉱物学的に「硬玉」と呼ばれるものが同じ文字で
あと一つあります。翡翠です)

*「硬玉」
鉱物学で注意しなければならないのは
翡翠で「ヒスイ輝石 jadeite NaAlSi2O6 」
を「jadite:ジェダイト:硬玉:こうぎょく」と呼称することです。

意外と知られていませんが
本物の翡翠は世界でも
「日本」と「ミャンマー(ビルマ)」の「2国」でしか産出されません。
例えば「中国」などでは全く産出されません。


ちなみにルビーレーザーのルビーは「サフアイア」と同じ
「コランダム」という「鉱物」です。
サフアイアレーザーというレーザーも存在致します。
サフアイアレーザーというレーザーも存在致しますが。
ルビーレーザーという名称で通すことになっています。
コランダムは、酸化アルミニウム(Al2O3)の結晶からなる鉱物です。
鋼玉(こうぎょく)とも呼ばれます。*
純粋な結晶は無色透明です。結晶に組みこまれる不純物イオンにより色がつき
ルビー、サファイアなどと呼び分けられることとなります。

さらに因みに「ルビーレーザー:Ruby Laser」
は本邦では最初に東芝が「レーザー光照射装置」を
作成しました(今現在は作成していません)。
そのときの「キャッチフレーズ」が「短パルス」であった。

「Qスイッチ」など作れなかった時代のことです。
「ルビーレーザー:Ruby Laser」の世界では。

「パルス幅」が
600msecより「パルス幅」が長いものを「ロング・パルス」
600msecより「パルス幅」が短いものを「ショート・パルス」
という「ならわし」のようなものがあります。

この「ならわし」の大元は「東芝」です。

「超高速の「Qスイッチ」」ができてからは
この「パルス幅」による「ショート」「ロング」分類は
「死語」にちかいものです。



「ルビーレーザー:Ruby Laser」の世界では
「パルス幅」が
600msecより「パルス幅」が長いものを「ロング・パルス」
600msecより「パルス幅」が短いものを「ショート・パルス」
という「ならわし」のようなものがあります。

この「ならわし」の大元は「東芝」です。

けれども
「ルビーレーザー:Ruby Laser」は「Qスイッチ」がベストというのも
正確な表現ではありません。

「sort-pulse RUBYルビーレーザー光照射装置」=
「「ショート・パルス・ルビーレーザー光照射装置」
は「上手」につかいこなすには
「テクニック」が必要ですが。

「sort-pulse RUBYルビーレーザー光照射装置」=
「「ショート・パルス・ルビーレーザー光照射装置」
ならでは・の「病態」もあるのです。

「QスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=
「「Qスイッチ・ルビーレーザー」
では「できないことができることもあります」。




アレキサンドライトレーザー
アレキサンドライト(クリソベリル)という宝石を
利得倍体とする固体レーザーの「レーザー光照射装置」
です。
アレキサンドライト(クリソベリル)という宝石
利得倍体=「レーザー管球(レーザーロッドと呼称)」
として。
を用いて755nmという波長を出します。


「アレキサンドライトレーザー 俗称「アレックス」」
は「脱毛レーザー:LASER」として有名です
(本当は「脱毛レーザー」というものは存在しない・「散髪レーザー」
なのです。このことは後述致します。)

「アレキサンドライトレーザー 俗称「アレックス」」
に用いるアレキサンドライト(クリソベリル)という宝石
について。

 アレキサンドライト(クリソベリル)という宝石。
日光の下では暗緑色を示すが、
白熱灯や蝋燭の明かりの下だと色が鮮やかな赤色に変わる
宝石です。

ダイアモンドよりも高価で人気が高いのは
夜と昼とで色が異なるから(2色性といいます)*
ですがキャッツアイと全く同じ鉱物です。
だからキャッツアイ・レーザーという名称でも
よいはずです。)
勿論アレキサンドライト(クリソベリル)という宝石
の「品質にもよります。「2色性が明瞭で綺麗なものは
ダイアモンドの「F」「IF」*クラすに匹敵しますかそれ以上の高値です


「2「色」性」の鉱物でアレキサンドライト(クリソベリル)という宝石
以外の宝石で「変色」をするものに
「菫青石 (きんせいせき)宝石名はアイオライト」
があります。
化学式:Mg2Al4Si5O18
Paraiba, Brazil
鉱物名は菫青石(きんせいせき)。
宝石名はアイオライトです。
「ウオーターサフアイア」とも称されます。
アメ横(東京都 上野)の宝石屋さんで売られていました。
入手は困難です。サフアイア・ルビーより綺麗です。
濃紺のむらさきいろです。


同一の標本を異なった角度から撮影した場合
青色の濃淡が大きく変化します。
このように眺める方向によって
鉱物の結晶の色が変化する性質を多色性(たしきせい)といいます。

*クラリテイ(ダイア)

*1
「アレキサンドライトレーザー 俗称「アレックス」」に用いる
アレキサンドライト(クリソベリル)という宝石-1
アレキサンドライト
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/
%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AD%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88
アレキサンドライト(alexandrite)は宝石の一種で
金緑石(クリソベリル)の変種。硬度は8.5。
 微量に鉄、クロムなどの不純物を含み、
日光の下では暗緑色を示すが、
白熱灯や蝋燭の明かりの下だと色が鮮やかな赤色に変わる。
量が少なく、非常に高価。
人工のものも作られているが、
製造費が高いためほとんど市場には出回らない。
一般人には天然と人工の判別はほぼ不可能である。
アレキサンドライトの中には変色効果と猫目石効果の両方を現す、
アレキサンドライトキャッツアイと呼ばれる宝石もある。

紫外線を吸収する性質があるため、
宇宙船の窓の材料に人工アレキサンドライトが使用されており、
船内の安全確保に非常に重要な役割を負っている。

産地はかつてはロシアが有名であったが近年は産出量が少なく、
現在ではブラジル産、スリランカ産、インド産などが多く見られる。

1831年、ウラル山脈東側のトコワヤで発見された。
その日はちょうど、
当時のロシアの皇帝アレクサンドル2世の即位した日
(誕生日という説もある)だったので、このように名づけられた。
このように
「レーザー光照射」を行う「レーザー光照射装置」
は宝石になる鉱物ととても関連が深いのです。

*2
「アレキサンドライトレーザー 俗称「アレックス」」に用いる
アレキサンドライト(クリソベリル)という宝石-2
http://www.istone.org/jewel/alexandrite.html
より引用

アレキサンドライトはクリソベリルという金色で透明な鉱物の一種で、
光によって色が変化することで有名です。
太陽光下では緑色を、
電灯(水銀灯や蛍光灯ではなく、白熱電球)下では赤色を呈しています。
結晶には微量のクロムが混入しており、
黄色い光が吸収されることによって、変色が生じます。
また、紫外線も吸収するため、宇宙船の窓には
合成アレキサンドライトが使用されています。
 アレキサンドライトは、
1833年、ロシアのウラル地方で発見されました。
掘り出された時は緑色をしていたのでエメラルドと思われましたが、
電灯光の下で眺めると色彩が赤色に変化しました。
発見者達はとても驚いたそうです。
名称は、
発見日が皇帝アレクサンドル2世の18歳の誕生日であったことに因んでいます。
このように
「レーザー光照射」を行う「レーザー光照射装置」
は宝石になる鉱物ととても関連が深いのです。


6月の誕生石のひとつである。
「ルビーレーザー:Ruby Laser」のルビーは7月の誕生石*。



誕生石について
レーザー治療・レーザー外科を
受けられるまえの方のためのレーザーの予備知識
から少し休憩。
「レーザー光照射装置」には
宝石になる鉱物ととてもゆかりが深いのです。

1月 ガーネット 真実・友愛・忠実
2月 アメシスト 誠実・心の平和

3月 アクアマリン 沈着・勇敢 ・聡明
ブラッドストーン
サンゴ

4月 ダイヤモンド 清純無垢

5月 エメラルド 幸運・幸福
ヒスイ(厳密には本ヒスイ)

6月 ムーンストーン 健康・富・長寿
真珠(パール)

7月 ルビー 熱情・仁愛・威厳

8月 ペリドット 夫婦の幸福 ・和合
サードニクス

9月 サファイア 慈愛・誠実・徳望

10月 オパール 歓喜・安楽・忍耐
トルマリン

11月 トパーズ 友情・希望・潔白
シトリン

12月 トルコ石 成功
ラピスラズリ
タンザナイト
「レーザー光照射」を行う「レーザー光照射装置」
は宝石になる鉱物ととても関連が深いのです。


「レーザー光照射」を行う「レーザー光照射装置」
は宝石になる鉱物ととても関連が深いのです。

 誕生石に関する質問で最も多いのが、
複数の宝石が定められている月の場合、
どれが正しいのかという質問です。

3月、5月、6月、8月、10月、11月、そして、12月で、
複数の宝石が誕生石に選定されています。
多くの方が疑問を感じていると思います。
先に説明しましたが、誕生石の選定は宝石商が決めたものです。
月が合っていれば、どの宝石でも構いません。
全種類を揃えてもよいし、
好きなものだけにしてもよいでしょう。
個人の自由です。
 誕生石を使用したジュエリーを調べてみると、
選定が業者の都合であることがよく分かります。



「レーザー光照射」を行う「レーザー光照射装置」
は宝石になる鉱物ととても関連が深いのです。

2つの宝飾メーカーの選定をみますと。
ブラッドストーンとサードニクスは比較的安価な宝石です。
よって外されていることが日本では多い。
日本固有のサンゴとヒスイがあまり聞きなれないのは残念です。
欧米に対するコンプレックスでしょう。
2つの宝飾メーカーの選定をみますと。
11月と12月では、全く異なる宝石が選定されています。
大手メーカーの場合、大量に裸石を確保することが必要です。
競争を避けているのかもしれませんね。
「レーザー光照射」を行う「レーザー光照射装置」
は宝石になる鉱物ととても関連が深いのです。


「アレキサンドライトレーザー」(俗称「アレックス」)
このレーザーもやはりメラニン色素に反応する性質があり、
シミやアザの治療の他にもパルス幅を長くして*いわゆる
脱毛レーザーとしても普及していました。
後述致しますが「脱毛レーザー光照射装置」というのは
現実的には存在しない「架空の「レーザー光照射装置」」です。
正確には「散髪「レーザー光照射装置」」です。

適切な表現が思い浮かばないのですが
「永久脱毛レーザー」というのは「うそ」です。

*一般的には「ハードレーザー光照射装置」
の「パルス幅」を長くすればいかなる
「ハードレーザー光照射装置」も
「熱レーザー」としての「「効果」が
強まります。

この「熱レーザー「レーザー光照射装置」」で皮膚に
「やけど」は「熱傷」=「burn:バーン」を発生させ
「ベリ」と「音はしないでしょうが」
「アブユレージョン:aburasion」するのが
俗にいう「脱毛レーザー」です。

「熱レーザー「レーザー光照射装置」」として
「アレキサンドライトレーザー 俗称「アレックス」」は
「脱毛レーザー」として妙に有名になってしまいましたが。


「ハードレーザー光照射装置」であればいかなるものでも
「脱毛レーザー」になりえます。


けれども「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」
のように「Qスイッチ」がついてからは
「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」は
め「「メラニン含有細胞(メラノサイト)」の「メラニン蒸散」
の「メカニズム」を中心に「メラニン「病態」」に対して
さまざまな用途があるのですが

なぜかうまいぐあいに使われてはいません。
不思議です。


「アレキサンドライトレーザー 俗称「アレックス」」は
また
今現在では「よくないことなのですが」
「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」の
用いられ方には「混乱」が生じています。

理由は判りません。


「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」
をめぐる「混乱」。
しいて考えれば
「アレキサンドライトレーザー 俗称「アレックス」」
を「脱毛レーザー光照射装置?」として
用いられていたとろ「Qスイッチ」の
「アレキサンドライトレーザー 俗称「アレックス」」

「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」
が出現してさまざまな「メラニン色素系の「病態」」
を相手にするようになってから。
「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」や
「メラニン色素系の「病態」」に
なれていない先生は多く。
相対的・絶対的に「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」
のテクニック」が追いつかない
で混乱が生じている事も事実でしょう。


「脱毛レーザー光照射装置」として
「アレキサンドライトレーザー 俗称「アレックス」」
はつとに有名でした。
因みに「脱毛」が可能な「レーザー光照射装置」は
存在しないのです。
びっくりするかもしれませんが。

しいていうならば
「熱」による「やけど」は「熱傷」=「burn:バーン」
で皮膚を「かさぶた」でとる「火傷」「脱毛」をさせます。
=>
「レーザー光照射」の「phto-thermal effects:「光熱反応」
のみ・です。

「やけど」は「熱傷」=「burn:バーン」を起こさせるために
「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」を
わざわざ「用いる必然性」は何もない。

だから
「脱毛レーザー光照射装置」というものは存在しない。
適切な表現が思い浮かばないのですが
俗にいう「脱毛レーザー:LASER」は「脱毛」では
なく「皮膚」まではがす「散髪レーザー」なのです。

極めて判りやすくいえば
「脱毛レーザー」という「レーザー光照射装置」も
「脱毛レーザー」という「範疇(カテゴリー)」も。
レーザー治療・レーザー外科の世界では。
実際には
存在しないもの・「架空のもの」なのです。
しいていえば「瞬間的熱原」として
「熱レーザー「レーザー光照射装置」」を用いる
のであれば今現在施行されている
「脱毛レーザー」はいかなる「ハードレーザー光照射装置」
でも「可能」です。

「瞬間的熱原」であればいかようなものでも
「脱毛」には用いられます。

そこで登場したのが「フオトフエイシアル」として用いられる
「IPL(Intense Pulsed Light);インテンス・パルスド・ライト」
=「強力なパルス光」
です。
今現在は
「IPL(Intense Pulsed Light);インテンス・パルスド・ライト」
=「強力なパルス光」は「瞬間的熱原」としてのみ
さまざまな「物理療法」=「いわゆる「物療:ぶつりょう」」
に用いられています。


けれども本質的には美容外科・形成外科の機器ではありません。

だから
裏話をするようですが
本質的には美容外科・形成外科の機器ではありませんから。

間違っても「フオトRF云々」と呼称されているもの
或はIPL(Intense Pulsed Light)の施術には
御注意下さい。


但し確かに
「Qスイッチ」の「有無」に関らず。
「アレキサンドライトレーザー 俗称「アレックス」」
のように。
「「かさぶた」を作る」「熱レーザー」は
施術をするときに「手間のかからない」手法であり
患者さんに「説明するときに」。
「脱毛レーザー光照射装置」といえばすみますから。
大変「わかりやすい」という側面はあります。


Nd-YAGレーザー
という「レーザー:LASER」があります。


1・
「Qスイッチ」のついていない
Nd-YAGレーザーと

2・
「Qスイッチ」のついている
Nd-YAGレーザーがあります。

ただのNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)

「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」

とは「海と山」の相違程」があります。

全く
別の「レーザー光照射装置」といってもよいでしょう。


他にも「Qスイッチ」の「有無」では
「ルビーレーザー:Ruby Laser」

「アレキサンドライトレーザー 俗称「アレックス」」
はあります。

「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」の
場合「Qスイッチ」が最も最短時間で駆動できる。
しかも
「10億分の10秒」*で高エネルギーの「1ショット」を。
毎秒10ショットする「高速レーザー」である。

これは
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
以外では「まねの出来ない」特性です。


「1ショット時間」が「10億分の10秒」で「光速度」でも
「光が3mしか進めない時間」です。
この極少短時間で「1ショット」をしてしまうのが
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは
超高性能Qスイッチレーザー治療」
です。


「Qスイッチ」の「Q」はレーザー物理の[quality」の頭文字
ですがここでは「省略」

因みによくヤグ・レーザーという「レーザー光照射装置」
「ヤグ」は
イットリウム(y)、アルミニウム(a)、ガーネット(g)
という
3種類の元素或は鉱物から成る結晶[y+a+g=YAG]
で「ヤグ」*です。
ガーネット(柘榴石:ざくろいし)構造の
結晶のことです。
けれども
ヤグ・レーザーを「ガーネット・レーザー」と
よぶことはまずありません。

けれども
「YAG LASER:ヤグ・レーザー」は「ガーネットレーザー」
です。

「レーザー光照射」を行う「レーザー光照射装置」
は宝石になる鉱物ととても関連が深いのです。

「YAG LASER:ヤグ・レーザー」は
固体レーザーです。
YAG=「ヤグ」=「人工のガーネット」です。
「YAG LASER:ヤグ・レーザー」は「ガーネットレーザー」
です。
けれども
ヤグ・レーザーを「ガーネット・レーザー」と
よぶことはまずありません。

「YAG LASER:ヤグ・レーザー」にも実に様々な
「YAG LASER:ヤグ・レーザー」があります。
用いられ方も「様々」であり弱い出力で「Qスイッチ」のないものは
「内視鏡」の「凝固用の光原」
にもつかわれます。

「レーザー光照射」を行う「レーザー光照射装置」
は宝石になる鉱物ととても関連が深いのです。



YAG(Yttrium Aluminum Garnet、
イットリウム・アルミニウム・ガーネット)は、
日本ではしばしばヤグと読まれる略語名称です。
イットリウム・アルミニウムの複合酸化物
(Y3Al5O12)から成るガーネット(柘榴石:ざくろいし)*構造の
結晶のことです。

自然界には存在しない人工物ですが宝石です。
固体レーザー(YAGレーザー)の素子あるいは
宝石の代として用いられる。
一般にはYAGにN=ネオジ(ミ)ウム(ネオジム、元素記号Nd)を
含むNd-YAGレーザーが多く用いられています。

"http://ja.wikipedia.org/wiki/YAG" より作成
「レーザー光照射」を行う「レーザー光照射装置」
は宝石になる鉱物ととても関連が深いのです。


「柘榴石:ざくろいし:Garnet:ガーネット」
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%98%E6%A6%B4%E7%9F%B3
柘榴石(ざくろいし)は珪酸塩鉱物の一種。
宝石としてはガーネット( Garnet )の名前でよばれる。
1月の誕生石である。石言葉は「血液の浄化」。

目次
1 性質・特徴
2 用途・加工法
3 種類
4 関連項目
 


性質・特徴
主成分はカルシウム・マグネシウム・鉄・マンガン・
アルミニウム・クロム・チタンなど。
モース硬度は6.5〜7.5、
比重は3.1〜4.3。
結晶系は等軸晶系まれに正方晶系で結晶は
菱形十二面体または偏方多面体となる。
その整った形状から、誕生石の一番目に選ばれたといわれる。
ガラス状の光沢があり、
透明度はさまざま、
色は無色・黄・褐・赤・緑・黒などがある。


用途・加工法
特に透明度の高い赤色、橙色、黄色、緑色のものを
宝石として装飾用に使用する。
丸く磨き上げられたものはカーバンクルと呼ばれる。
硬度の高さから研磨剤として利用されることが多い。
粒子の細かい柘榴石は、比較的安価にかつ大量に採掘できることから、
紙やすりなどに利用される。

種類
柘榴石は、化学成分により次のような端成分に分けることができ、
天然にはこれらの固溶体として存在する。

苦礬柘榴石(くばんざくろいし)(pyrope(パイロープ)) 
Mg3Al2(SiO4)3
鉄礬柘榴石(てつばんざくろいし)(almandine(アルマンディン)) 
Fe2+3Al2(SiO4)3
満礬柘榴石(まんばんざくろいし)(spessartine(スペッサルティン)) 
Mn3Al2(SiO4)3
灰礬柘榴石(かいばんざくろいし)(grossular(グロッシュラー)) 
Ca3Al2(SiO4)3
灰鉄柘榴石(かいてつざくろいし)(andradite(アンドラダイト)) 
Ca3Fe3+2(SiO4)3
灰クロム柘榴石(かいくろむざくろいし)(uvarovite(ウヴァロヴァイト)) 
Ca3Cr2(SiO4)3

「レーザー光照射」を行う「レーザー光照射装置」
は宝石になる鉱物ととても関連が深いのです。

<a href="http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci " target="_blank">東京都 世田谷区 山本クリニック 山本 博昭(脳神経外科専門医)</a>
<a href="http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci " target="_blank">東京都 世田谷区 山本クリニック 山本 博昭</a>

<a href="http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci " target="_blank">脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科・
心療内科・耳鼻咽喉科</a>
<a href="http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/3-laser.html" target="_blank">山本クリニック形成外科・皮膚外科・美容外科</a>
<a href="http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/3-laser.html" target="_blank">形成外科・美容外科・・レーザー治療・レーザー外科</a>
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci