2007年02月26日

「レーザー」とは。

「レーザー」とは。

1960年代にメイマンにより最初に開発された誘導放射に
よる光の増幅を用いた可干渉な光源であるとされています。
(実は
レーザーの生みの親はメーザー(maser)を発明した
アメリカのコロンビア大学のタウンズ(Towns)ともいわれています。

でも本当の生みの母親は
「アルバート・アインシュタイン*」なのです。

「ブラック・ホール:black hole」の予言が「光へのネガテイブ」な「予言」
であるとすれば。
「「レーザー:LASER」による」「光」の「無限増幅」はポジテイブな「予言」

(1921年「光電効果の発見」でノーベル賞)*
:-------------------------------

「レーザー:LASER」とは
英語の
「Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation」
(光放射の強制誘導放出(放出とは一点に絞り込んだ放射の意味)
による光の増幅)
の頭文字をとったものです。 
本当に「何かの一つ覚え」のように「記載」
されています。


「レーザー:LASER」という語彙は「3つに」分解されます。
「LA」=「Light Amplification」+
「SE」=「by Stimulated Emission 」+
「R」 =「of Radiation」」
です。


「レーザー:LASER」という語彙は
「3つに」分解されます。

1・「LA」=「Light Amplification」+
2・「SE」=「by Stimulated Emission 」+
3・「R」 =「of Radiation」」

 
です。

1・「光の増幅」=「LA]
2・「誘導放出」=「SE]
3・「自然放出」=「R」
となります(後述)。