2013年10月06日

「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんを治療しようとする医師は、最低限つぎのことができなくてはいけない。

山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都のレーザー治療
山本クリニック 世田谷 レーザー治療

山本クリニック世田谷 レーザーの知識
そして
山本クリニックの酒さのレーザー治療相談掲示板

山本クリニックの酒さレーザー治療のホームページ






「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんを治療
しようとする医師は、最低限つぎのことができなくてはいけない。
1・「緊張型頭痛」(「偏頭痛」は合併しない)の治療ができること。
=>ペインクリニックができること。

2・「ふわふわ感」=「仮性眩暈(ふわふわ感)症候群」に、
しんかりと対応が、できること。

3・「酒さ性結膜炎」「酒さ性角膜炎」の診断と医療が
しっかりとできること。
細隙灯顕微鏡、眼底鏡などがあつかえて、しかるべき
点眼による治療ができること。

4・腰痛・下肢痛が発生することがあるので、
これにしっかりと対応ができること。

5・「仮性眼嶮下垂」がおこる。
これにしっかり対応ができること。

6・「御婦人」の場合、「婦人科領域」に違和感や痛み
がくることがある。よく「膀胱炎」「尿道炎」と「泌尿器科」
で診断されることがある。尿一般・尿沈査はかならず行うこと。
「泌尿器科」の診断はせいかくでないことが多い。
これにしっかりと対応ができること。

7・慢性胃炎と「「上気道感染」(「咽頭炎」・「喉頭炎」・「副鼻腔炎」など)」
の反復をおこすことがおおいから、
これにしっかりと対応ができること。

8・朝方「症状・症候」あ強くなることがある。
場合により、非常に症状は強い音がある。
顔面〜後頚部の「感覚障害・知覚障害」

9・お顔に、極細針であろうと、針をもちいないこと
局所麻酔など(必要のあつことはないが)

10・総じて、ペインクリニックの場合
星状神経節ブロック(SGB)をされることがあるが
「神経ブロック」といっても
「星状神経節ブロック(SGB)」は全く「効果」がありません。


11・夜昼逆転されていることがある。


その他
posted by rosachea at 12:43| 東京 🌁| 酒さ大学付属幼稚園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする