2009年09月02日

ピアスの穴あけの「テクニック」ピアスとピアシングとピアストラブル専門医で評判の山本クリニック美容外科世田谷山本博昭先生にこだわりのピアスの穴あけ・こだわりのピアシングを御願い致します。




お名前: 匿名希望   
38歳女性です。
ピアスをあけたいと思っているのですが。
その際に山本先生に御願いしたいと思っています。

フアーストピアスのことで
注意しなければいけないことをどのようなことでも
結構ですので教えて下さいますか。
そしてできましたら費用も。


お忙しいのにもうしわけありません。

お時間のあるときで結構ですので
アドバイスをいただければ嬉しいです。

素材表示にいつわりの多い今の世の中で。
東京都 世田谷区 山本クリニックの山本先生が。

「純チタン製のフアーストピアスしか使われない」
という記事を相談掲示板
で知りました。
素人ながら何故かとても安心しています。

近々フアーストピアス御願い致します。

[2008年10月1日 10時19分45秒]





------------------------------



「フアーストピアス」では「御婦人」ならではの
「御心配」も多々おありであろうと考えます。
東京 都 世田谷 区 山本クリニック美容外科では。
綺麗な「ピアスイアリング」「フアーストピアシング」用
沢山あります。スイス製の「純チタン製」です。
「ピアスヘッド」はサフアイアでさまざまな色があります。
かわいいピアスがありますからごらん下さい。



++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

「フアーストピアシング」に際しては
私は当初よりそのまま「セカンド・ピアス」
としても用いていただける
装飾性の極めて高い「純チタン製」の「フアーストピアス」
を使用致します。
因みに
「ピアスイアリング」は「ピアススタッド(軸)」「ピアスキャッチ」
そして「ピアスヘッド」の金属部分がすべからくチタンで
作られているものを「純チタン製」と呼称致します。
「チタン製」或は「チタンピアス」というと通常は
「ステンレス」に「チタンメッキ」のものを意味いたします。

俗にいう「金属アレルギー」は金属と皮膚の汗や分泌物の
から形成される有機物によるそう痒性の強い「症状・症候」
ですが。
「純チタン製」であれば全く御心配は無用です。
よく
「24K(カラット)」という言葉も見かけますが
ステンレスに「24K(カラット)」メッキのものです。
「24K(カラット)」であれば「やわらかすぎて」
「ピアスホール」が形成されません。

「総御費用(消費税込み)」は
「フアーストピアシング」の
「総御費用(消費税込み)」なのですが。
@「純チタン製」のスイス製の
「ZINOVA:ツイノワ」の「フアーストピアス」+

A「フアーストピアシング両耳」「御費用」+

B消毒液+

C「抗生物質」内服薬

の「こみ」で

平均的には
25000-30000円弱で御座います。
選択される「フアーストピアス」=「すべて純チタン」ですが・
により差が出ます。
「純チタン製」の「フアーストピアス」自体に「装飾性」が
極めて極めて高いものをそろえてあります。
「フアーストピアス」だけで30000円以上のものもあります。

御予約が必要です。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++







#1
##1
「38歳女性です。
ピアスをあけたいと思っているのですが。
その際に山本先生に御願いしたいと思っています。

フアーストピアスのことで
注意しなければいけないことをどのようなことでも
結構ですので教えて下さいますか。
そしてできましたら費用も。


お忙しいのにもうしわけありません。

お時間のあるときで結構ですので
アドバイスをいただければ嬉しいです。

素材表示にいつわりの多い今の世の中で。
東京都 世田谷区 山本クリニックの山本先生が。

「純チタン製のフアーストピアスしか使われない」
という記事を相談掲示板
で知りました。
素人ながら何故かとても安心しています。

近々フアーストピアス御願い致します。」
との事です。




#2
##1
まず御相談者の御相談内容要旨からは
「フアーストピアシング」
ですので
1・
「ピアス」=「フアーストピアスイアリング」
2・
「フアーストピアシング」の
情報に関することと考えます。

##2
ご存知だと思いますが
「ピアスイアリング」と「ピアシング」には
「フアーストピアス」を用いた「フアーストピアシング」
という段階があります。

「フアーストピアシング」で「ピアスホール」が
完成してから「セカンド・ピアス」へと付け替えることになると
いうことです。

##3
「フアーストピアシング」に際して
「装飾性」の高い「フアーストピアス」を選ばれれば
そのまま
「セカンドピアス」としても用いられることも重要です。

##4
私は「フアーストピアシング」には
スイス製の「Zinova:ツイノワ」の
「純チタン」の「フアーストピアシング用ピアス」しか
用いません。

##5
「フアーストピアシング」として
スイス製の「Zinova:ツイノワ」の
「純チタン」の「フアーストピアシング用ピアス」の
「ピアスイアリング」=
「ピアススタッド(軸)」+「ピアスキャッチ」+
「ピアスヘッド」の
「ピアスヘッド」は「本物のサフアイア」を
用いています。

##6
「サフアイア」は
「コランダム:酸化アルミニウム(Al2O3):「硬玉」」
という鉱物です。
「ルビー」もサフアイアも
「コランダム:酸化アルミニウム(Al2O3):「硬玉」」です。

##7
「フアーストピアス」の「ピアスヘッド」の
「サフアイア」は「さまざまな色」があります。
また
「サフアイア」のァラーやクラリティで
同じ
「純チタン製」の「ピアスキャッチ」「ピアススタッド(軸)」「ピアスヘッド」
の「つくり」でも
「フアーストピアシング」の「御費用」は変わって来ます。

##8
「サフアイア」の「パパラツイア」などは「ダイア」よりも
高額です。









#3
##1
まず「ピアスイアリング」の構造について簡単に御説明致します。
「ピアスイアリング」には
1・
「ピアスヘッド」
2・
「ピアススタッド(軸)」
3・
「ピアストキャッチ」
の「3つ」から構成されるいわば「精密機械」
であることを覚えられて下さい。


##2
「ピアスイアリング」は「ピアスホール」を通過する
「ピアススタッド」という部分と「ピアストキャッチ」
は目立ちませんが
が耳たぶの裏で「ピアススタッド(軸)」を
うけとめるための大事な「「要素」である」
ということ。
=>
これは左耳の「ピアスイアリング」をはずす
そしてまた装着するときに右利きのかたは
右耳の100倍は大変である・こともあります。

##3
「ピアスヘッド」は「眼に触れる」いわば「ピアスイアリング」の
「目玉」であること。

##4
「ピアススタッド(軸)」は「フアーストピアシング」のとき
は必ず「Ga(ゲージ)」の太いものをどちらかといえば
必ず選ばれるとよろしいと思われて下さい。

##5
「ピアススタッド(軸)」の「太さ」はG(ゲージ)表します。
「太さ1mm=18Ga(ゲージ)」で御座います。

##6
「Ga(ゲージ)」の数値が「少なくなるほど」「ピアススタッド(軸)」
の太さは太くなること。

##7
ゲージの数字が小さくなるほど太くなり、数字が大きくなるほど細くなります。
メーカーによってサイズはまちまちですが、だいたい下記のような感じです。

20ゲージ - 0.8mm
18ゲージ - 1.0mm
16ゲージ - 1.2mm
14ゲージ - 1.6mm
12ゲージ - 2.0mm
10ゲージ - 2.4mm〜2.5mm
-------------------------------
8ゲージ - 3.0mm〜3.2mm
6ゲージ - 4.0mm


##8
それから蛇足のごとくですが
「一般外科専門医先生」はいうまでみおなく
男性の形成外科(時には美容外科)の先生でも
「ピアス専門医(この名称の専門医はいません)」
でないと。
「ピアスイアリング」については
「構造」すらご存知でない先生がいらっしゃいます。
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。








#4
##1
御婦人の「耳」は「漫画の絵」のように正面からみて
「開いてはいない」ということは大変重要です。
「耳たぶの平面」は「頬」と「同一平面」にあるということは大変重要です。

##2
「フアーストピアシング」をされるかたは「簡単」な
「この解剖学」に気づかれていないかたがとて多いということ
が多いものですからこのこと
「「耳たぶの平面」は「頬」と「同一平面」にある」
は是非覚えられて下さい。

##3
##2は「ピアシング」にて「へたなあけかた」をされると
「ピアススタッド(軸)」+「ピアストキャッチ」が
「頭蓋骨」の「乳様突起:mastoid prosess」という部分にぶつかり
「とてもいたい」ということです。

##4
だから「ピアススタッド(軸)」は「翼」を広げたように
「耳」のやや「外側」にむいて「フアーストピアシング」が
おこなわれることが大事ですがその方のお耳の構造により
いろいろあります。

##5
##4の「本当に正しい・綺麗な」
「フアーストピアシング」は大変難しいということ。

##6
「ピアスイアリング」の「フアーストピアシング」に際しては
左右同時に「あける」ことはできません。
片耳から「ひとつづつあけていく」ということ。
このとき「フアーストピアシング」に熟達されていない
先生の場合「三次元的に不対象になり」
「あけなおし」はきかないこと。

##7
「フアーストピアシング」は必ず
「ピアス専門医(この名称の専門医はいません)」先生に
あけていただくこと。









#6
##1
「感染性ピアストラブル」など「フアーストピアシング」には
御自分であけたりされると
「ピアストラブル」が発生することが極めて多いです。
(皆様お友達には何故か「絶対いわない」からわからないだけ
なのです)


##2
また将来「2個め」の「アシング」を考えられているときは
「フアーストピアシング」の際に必ず
「ピアス専門医(この名称の専門医はいません)」にその旨
伝えることも重要です。

##3
「ピアス専門医(この名称の専門医はいません)」であれば
##2に関しては必ず「問い合わせ」て確認されていただける
と思います。

##4
「ピアスイアリング」は
「ピアスヘッド」「ピアススタッド(軸)」「ピアストキャッチ」の
「3つ」から構成される「精密機械」なのですが。

##5
「セカンド・ピアス」など使用しているうちに
「ピアススタッド(軸)」「ピアストキャッチ」などは
大変に「よごれてくること」

##6
「ピアス専門医(この名称の専門医はいません)」先生であれば
「よごれた」「ピアススタッド(軸)」「ピアストキャッチ」を
「ぴかぴか」にする方法をもっていることも覚えられて下さい。








#7
##1
「フアーストピアシング」の「ピアスイアリング」の
素材ですが
必ずや「純チタン製」を選ばれて下さい。

##2
「純チタン製」と「チタン製」とは
「海と山」の相違程」があります。
=>##3・##4

##3
「チタンピアス」というと通常は
「ステンレス」に「チタンメッキ」のものを意味いたします。

##4
「全てが「チタン製」=「ピアスヘッド」+「ピアススタッド(軸)」+
「ピアストキャッチ」が
すべて100%チタン製の「ピアス」を「純チタン製」
と「よぶこと」はとても重要です。

##5
「チタンピアス」というと通常は「ステンレス」に「チタンメッキ」
のものはチタンはかならず「はがれます」。

##6
ちょっと考えられれば「判りますが」*
「24K(カラット)」とのみいわれたらば
その「フアーストピアス」は
「24K(カラット)」=「ただの「24K(カラット)」金メッキ」
の「フアーストピアス」のことです。

##7
もしも「24K(カラット)」で
「ピアスキャッチ」「ピアススタッド(軸)」
ができていたら「やわらかすぎて」「フアーストピアシング」
による「ピアスホール」
を形成することは不可能です。











#8
##1
「フアーストピアシング」の際に
「18金」を選択希望されるかた
がいらっしゃいます。

##2
実際に「純金:24K:K=カラット」も含め
「18金:18K=18カラット」の「ピアス」は
「フアーストピアシング」の場合。
「特注品」でない限り存在しません。

##3
また「重くてトラブル」を起こすので「敬遠」されます。
だから「特注品」しか御座いません。

##4
また「18金:18K=18カラット」の「ピアスイアリング」
「25%」は「銀」或は「銅」なのです。
だから「酸化被膜」*をつくりますから性状的にも「フアーストピアシング」
にはむきません。


##5
いずれにしても
「18金」の「フアーストピアシング」用ピアスは
「ステンレス」に「18k」メッキがが大部分です。
「本体」はステンレスですからご注意下さい。

##6

俗に言う
「「金属」アレルギー」の「主人公」です。
また一種独特の「ピアスのにおい」の張本人でもあります。


##7
私は「フアーストピアシング」には
スイス製の「Zinova:ツイノワ」*の
「純チタン」の「フアーストピアシング用ピアス」しか
用いません。
(*ジュネーブの意味)

##8
「スイス製の「Zinova:ツイノワ」*の
「純チタン」の「フアーストピアシング用ピアス」」
はパ−マネントにもそのまま「セカンド・ピアス」
として用いられる「フアーストピアス」の
欧州での超一流ブランドです。










#9
##1
ピアスは「精密機械」であると思われて下さい。

##2
そして「フアーストピアシング」ピアスでも
そのまま「セカンドピアス」として通用するような。

##3
「フアーストピアス」としての機能を果たしかつシックな装飾性もある
ピアスを選ばれて頂くことが無難です。


##4
バッグや靴が「ブランド」物なのに
「ピアス」が「ブランド」物ででなく「やすもの」であれば
とてもおかしいです。

##5
私は「フアーストピアシング」には
スイス製の「Zinova:ツイノワ」*の
「純チタン」の「フアーストピアシング用ピアス」しか
用いません。
(*ジュネーブの意味)

##6
「スイス製の「Zinova:ツイノワ」*の
「純チタン」の「フアーストピアシング用ピアス」」
はパ−マネントにもそのまま「セカンド・ピアス」
として用いられる「フアーストピアス」の
欧州での超一流ブランドです。










#10
##1
このようにして「フアーストピアシング」に際して

綺麗に「早期ピアストラブル」のリスクなく「フアーストピアシング」
を行っていただくのがよろしいでしょう。


##2
「フアーストピアシング」の際には必ず
「ピアス専門医(この名称の専門医はいません)」先生
に明けていただくことが何よりも大事です。

##3
「フアーストピアシング」の際の消毒には
よく「ゲンタシン軟膏」などをつけられるかたがいますが
「抗生物質軟膏」は「フアーストピアシング」の際は
「禁止」であること。

##4
俗に言う「金属アレルギー」は「感染性ピアストラブル」
の一種であることがある点なども覚えられておかれて下さいませ。
「金属アレルギー」は「金属」がわるいわけではありません。

##5
私は「純チタン製」のスイス製の「ZINOVA:ツイノワ」の
「フアーストピアス」のみ「フアーストピアシング」の「ピアスイアリング」
しか用いません。

##6
「チタン製」とは=「チタンメッキ」のことであり
「本物」は「純チタン製」と銘記されていることも
覚えておかれて下さい。








#11
##1
「フアーストピアシング」の
「金属アレルギー」はより「正確」には
金属と皮膚の「あせ」などの分泌物が混合して
さまざまな脂肪酸や有機物が「フアーストピアス」の
金属部分にこびりつきます。

##2
##1により俗にいう「金属アレルギー」は発生致します。
俗に言う
「「金属」アレルギー」の「主人公」です。
また一種独特の「ピアスのにおい」の張本人でもあります。



##3
「メッキ」は「全くだめ」です。

##4
「フアーストピアス」は「フアーストピアシング」が行われてから
3ヶ月はそのままにされてください。

##5
「フアーストピアシング」の「フアーストピアス」は
とり外しができないので
就眠時「したにされた側」がいたくなることが
あります。

##6
また「フアーストピアシング」の場合
「純チタン製」の「フアーストピアス」であれば
「3ヶ月間」はそのままで「ピアスホール」の完成を
お待ち下さい。

##7
また
利き手が「右」のかたは実際に「フアーストピアス」から
「セカンド・ピアス」の時期になり
実際に「ピアススタッド(軸)」と「ピアスキャッチ」を
マッチさせるときに
左は右の100倍「難しい」と思われて下さい。
なれれば「簡単になります」。

##8
左側の「耳の裏」の出口を「ピアススタッド(軸)」で
さぐっているうちに左側の「ピアスホール」を
傷つけられるかたもいらっしゃいます。









#12
##1
「フアーストピアシング」についての
「総御費用(消費税込み)」
です。

##2
「フアーストピアシング」の場合私は
「純チタン製」のスイス製の
「ZINOVA:ツイノワ」の「フアーストピアス」
しか用いません。

##3
##1
当院での
「フアーストピアシング」の
「総御費用(消費税込み)」なのですが。
@「純チタン製」のスイス製の
「ZINOVA:ツイノワ」の「フアーストピアス」+

A「フアーストピアシング両耳」「御費用」+

B消毒液+

C「抗生物質」内服薬

の「こみ」で

平均的には
25000-30000円で御座います。
選択される「フアーストピアス」=「すべて純チタン」ですが・
により差が出ます。

##2
「純チタン製」の「フアーストピアス」自体に「装飾性」が
極めて極めて高いものをそろえてあります。

##3
お高めの「フアーストピアス」を選ばれれば
30000円以上にはなりますし
「フアーストピアス」のみで「30000円」
を超えるものも「何種類もあります」。


##4
また
当院の患者さんで同時に「2つ」「フアーストピアシング」を
されたかたはいらっしゃいません。


##5
「早期ピアストラブル」のリスクが高くなるために
基本的には
患者さんには「同時2つ」の「フアーストピアシング」
はお勧めいたしません。


##6
なお
「フアーストピアシング」の場合は土曜日などこみあって
施術が不可能な日も御座います。

##7
だからこの点を何卒に御留意いただき
下記「完全予約制」ともあわせてお電話にて
「フアーストピアシング」をされるときは必ずに事前に
確認されてくださいますか。
不躾お許し下さい。


##8
当院は完全予約性なので
「フアーストピアシング」を希望される場合は
医療事務・受付嬢までお電話をいただけますようにお願いいたします。
概ね「夕方の最終時間帯:16−17:00」位が
施術の時間になることが多いものです。


##9
再度同じことの繰り返しになるのですが。

###1
「チタンピアス」というと通常は「ステンレス」に「チタンメッキ」のもの
を意味いたします。

###2
「全てが「チタン製」=
「ピアスヘッド」+「ピアススタッド(軸)」+「ピアスキャッチ」
の「全て」がチタン製の「ピアス」を
「純チタンピアス」と呼称致します。

##10
だから本物の「純チタン製」は
「チタン製」とはいわずに「純チタン製」と銘記されます。












#13結論:

##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「フアーストピアシング」或は「ピアスイアリング」に関しては
「ピアスをあけたいと思っているのですが。
注意しなければいけないことをどのようなことでも
結構ですので教えて下さい。」との事です。

##3
沢山御座います。

##4
上記御回答致しました。
ほんの一部とお考え下さい。

##5
ご参考になれば何よりで御座います。

##6
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の「過去の御相談と御回答」から
「ピアスイアリング」に関する
御相談事例をコピー致します。
「御参考」になれば何よりです

##7
それから蛇足のごとくですが
「一般外科専門医先生」はいうまでみおなく
男性の形成外科(時には美容外科)の先生でも
「ピアス専門医(この名称の専門医はいません)」
でないと。
=>
「ピアスイアリング」については
「構造」すらご存知でない先生がいらっしゃいます。
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。





-------------------------------
補足:
「フアーストピアシング」の「ピアシング」の
ことを
「ピアッシング」と発音される先生がいたっしゃいます。


ピアシング=piercing=ピエシング=ピアシング
ピアス  =pierce =ピエス  =ピアス
で「最初のピ」にアクセントがきます。

ピアス  =pierce =ピエス  =ピアスという「意味」は
「鋭く突き刺す」=「尖鋭に突き刺す」という意味で御座います。

合衆国ではピアシング=piercing=ピエシング=ピアシングは
「ピエシン」と聞こえます。

因みに合衆国の25年間大統領
の第14代大統領のフランクリン大統領
は「本名」はPiers Franklin (1804-1869)で御座います。

日本では「ピエス・フランクリン」
と呼称されます。よい名前だと考えます。


お化粧品売り場でもおなじみかもしれませんが。
「ピアッシング」とはいいません。

ピアシング=piercing=ピエシング=ピアシング
といわずあえて「ピエシン」というお化粧品も
ご存知ではないでしょうか。

-------------------------------
++++++++++++++++++++++
−2・
約半年あけたピアスホールが赤く痛くシリコンチューブに変えたが・・。2
[2] [2007年 5月 5日 17時56分55秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/585893219177709.html

−1・
約半年あけたピアスホールが赤く痛くシリコンチューブに変えたが・・。
[2] [2007年 5月 1日 18時 2分44秒
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/605617190086381.html
0・
ピアストラブルについて早急のご相談があります。
[2] [2006年12月14日 15時55分31秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/0491820069300992.html
1・
ピアスお願いいたします。 [2] [2005年 9月18日 17時 8分 9秒] ●
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/935981098868982.html
2・
チタンピアスのおねがい [2] [2005年 9月18日 15時 7分16秒] ●
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/485410604233952.html
3・
フアーストピアシング中のトラブル [2] [2005年 4月24日 13時34分 7秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/47501989717512.html
4・
ピアス穴の変色について [2] [2005年 2月24日 16時52分47秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/855338998911069.html
5・
ピアスの穴あけ [2] [2004年 9月16日 14時26分11秒]●
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/399720238595368.html
6・
ピアス [2] [2004年 7月 8日 11時26分33秒] ●
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/365122194941254.html
7・
ピアシングをお願いしたいです。 [2] [2004年 6月12日 18時35分59秒] ●
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/953282290444808.html
8・
「ピアストラブル? [2] [2004年 5月16日 7時44分20秒] ?
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/428486717705713.html
9・
ピアストラブル? [2] [2004年 4月28日 7時11分22秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/419504832782881.html
10・
ピアスが。。。 [2] [2004年 4月21日 6時18分10秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/941271507022069.html
11・●
ピアスの穴<追加です> [2] [2004年 4月13日 5時54分25秒] ●
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/314754836800606.html
12・
ピアスの穴 [2] [2004年 4月13日 5時49分 8秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/273427827823074.html
13・
ピアスホールの化膿? [2] [2004年 3月25日 10時59分54秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/144748047300713.html
14・
ピアス [2] [2004年 2月23日 6時39分56秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/69852977136998.html
15・
ピアッシングについての悩み [2] [2004年 1月28日 18時41分 9秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/415438221142725.html
16・
ピアスホールについて(2回目) [2] [2004年 1月25日 15時35分59秒] ●
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/449630296862782.html
17・
ピアスホールについて [2] [2004年 1月23日 6時39分45秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/803133128517405.html
18・
ピアスの穴が広がった [2] [2004年 1月17日 6時 2分35秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/934124338979931.html
19・
ピアスの穴って・・・ [2] [2004年 1月 6日 7時17分11秒] ●
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/548884126431407.html
20・
ピアスホールについて [2] [2004年 1月 5日 7時35分52秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/809016397063719.html
21・
ピアス部の痛み [5] [2004年 4月 5日 1時30分 9秒]
[2003年12月26日 7時4分57秒]が正しいです。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/689326101289229.html
22・
ピアスについて [2] [2003年12月18日 10時12分47秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/313054114886658.html
23・
ピアスの穴について [2] [2003年12月11日 12時54分26秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/606904608504014.html
24・
ピアスについて [2] [2003年11月28日 7時10分34秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/518269200882973.html






++++++++++++++++++++++


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。



何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2008年10月1日 19時33分22秒]



「続きを読む」
posted by rosachea at 23:04| 東京 ☁| 美容・コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

顔・眼・眼の奥・鼻の奥・歯の喉違和感や痛みの「症状・症候」で有名なスルーダー神経痛のペインクリニック・脳神経外科で評判の東京 都 世田谷 区 山本クリニック脳神経外科専門医の山本博昭 先生からスルーダー神経痛のペインクリニックで本物の神経ブロックを受けたい。

はじめまして。
突然メール申し訳ありません。

掲示板が閉鎖していたためメール送らせていただきました。

私は名古屋に住む25歳の女性です。

5年ほど前から原因不明の顔面痛で悩んでいます。

もともと畜濃から一方の頬だけ顔面痛があり、そのあと畜濃がなおっても
痛みは消えず、歯科にいき上おやしらずを抜いても痛みはとれず
精神科にいき、抗うつ薬や鎮痛剤をのんでもまったくなおりませんでした。
脳のMRIをとっても異常はみられないとのことで
原因がまったくわからない状態です。


そのあと麻酔科にいき、レーザー治療もしましたがだめで
最近までは痛みセンターという痛み専門のところに通い
鍼治療や神経をブロックする注射をうちましたが
それでもなおりません。


畜濃になったころからずっと痛みは慢性化していて
毎日痛みがあるのでつらい思いをしております。
最初片方だったものがいつのまにか両頬が痛いようになってきています。


少しでもなにか解決法がありましたらぜひお忙しいとはおもいますが
教えていただけないでしょうか?

そちらでもなおせるようでしたら、ぜひそちらのクリニックへ
行かせて頂きたいとおもっております。

すみませんが、宜しくお願いいたします。


Tuesday, September 01, 2009 2:09 PM


------------------------------

下記に順を追って御回答致します。
まず。

「御回答」を★「1・」★「2・」
と「2とおり」の「御回答形式」にて「御回答」到しました。
「御相談者」にわかりやすい「御回答形式」のほうを
お読みいただけますか。




★「1・」


御相談者の御相談内容要旨御記載の
この
「症状・症候」は
典型的な
「Greenfield Sluder:グリーンフイールド・スルーダー」
により1908に報告された
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」
という「病態」の「症状・症候」
です。


「もともと畜濃から一方の頬だけ顔面痛があり、そのあと畜濃がなおっても
痛みは消えず、歯科にいき上おやしらずを抜いても痛みはとれず
精神科にいき、抗うつ薬や鎮痛剤をのんでもまったくなおりませんでした。
脳のMRIをとっても異常はみられないとのことで
原因がまったくわからない状態です。 」
との事です。

「何だか分らないけど痛い」という「御表現」
は。


「実はもっとも現実的かつ適格」な「疼痛系の「病態」」
の「病態概念」を「表現するもの」として。
「まさにそのとおりである」のです。

まことに
「「疼痛」の「症状・症候」」に悩まれる患者さん
であるがゆえに御表現が「可能」な
「御相談」です。

感服致しました。



「少しでもなにか解決法がありましたらぜひお忙しいとはおもいますが
教えていただけないでしょうか?」

=>

まず
御相談者の「病態概念」について
簡単にご説明致します。

御相談者の御相談内容要旨御記載からは
この「疼痛系の「病態」」は。

典型的な
「顔面片頭痛」(「スルーダー」*)あるいは
「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」あるいは
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」あるいは
「翼口蓋神経痛:よくこうがい神経痛:spheno-palatine neuralgia」
と呼称される「病態」です。



「典型的な・」です。

「脳神経外科専門医」はよく
「スルーダー」と「よびすて」に到します。

(*以下
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」=
「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder*」
で統一させていただきます)


さて
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」=
「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」は。

「Sluder:1908」により始めて報告された「頭蓋顔面痛症候群」
の最初の論文*に由来到します。


* 「Greenfield Sluder:グリーンフイールド・スルーダー」
(American ear, nose, and throat surgeon,
born August 30, 1865, St. Louis;
died October 9, 1928, St. Louis.)

ちなみに[合衆国(USA)」では
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」=
「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」
を.
------------------------------
1・
Meckel's ganglion neuralgia*
(*本邦の「翼口蓋神経痛:
よくこうがい神経痛:spheno-palatine neuralgia」
という表現とは異なり
「メッケル神経節神経痛」(本邦ではこの呼称は用いられません)
2・
Sluder's disease:スルーダー病
3・
Sluder's headache:スルーダー頭痛
4・
Sluder's neuralgia:スルーダー神経痛

------------------------------
と呼称到します([合衆国(USA)」)。








「Sluder*:1908」の論文には
次のような記載があります。




------------------------------
「Greenfield Sluder:グリーンフイールド・スルーダー」
の「1908論文」*より引用。


「「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」=
「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」
とは。

「内上顎動脈」の血管拡張を原因とする
「翼口蓋神経節:よくこうがい神経節:よくこうがいしんけいせつ」
の「障害」に由来する「非特異的な顔面神経痛」である。

副鼻腔の感染症に続発する「頭痛症候群」として特徴づけられる。
30台前後の「御婦人」に好発する。
「症状・症候」として通常は「片側」である。、
とう疼痛の部位は上顎部・歯・耳・乳様突起・
耳介耳介部・鼻の付け根・頬骨弓の下(ほおぼねの下)
に疼に疼痛が発生する。
通常は口蓋の違和感や味覚障害・くしゃみ・鼻閉塞感を
伴う。

疼痛は「分単位」「時間単位」のものもあれば「何日も持続」
することもある。

解剖学的な「画像診断」で「診断」しうる「範疇(はんちゅう)」
の「病態概念」では全くないことに留意すべきである。」
と記載されています。

------------------------------
*上記の原文は「以下」のどおりです。

Greenfield Sluder1:1908
より「引用」致しました。

Description:
Atypical facial neuralgia in damages of
the sphenopalatine ganglion
probably due to vasodilatation of the
internal maxillary artery.
It is a headache syndrome characterised by
neuralgia which is often preceded
by infection of nasal sinuses.
Occurs most commonly in females
after the age of 30 years.
The pain is usually unilateral, involving the maxilla,
teeth, ear, mastoid, auricular area,
the base of the nose,
and the area beneath the zygoma,
usually in association with
itching in the palate,
peculiar sense of taste,
sneezing, and nasal congestion.
Attack lasts minutes, hours, or days.

Writers disagree whether
this is an autonomous entity.

------------------------------


「もともと畜濃から一方の頬だけ顔面痛があり、そのあと畜濃がなおっても
痛みは消えず、歯科にいき上おやしらずを抜いても痛みはとれず
精神科にいき、抗うつ薬や鎮痛剤をのんでもまったくなおりませんでした。
脳のMRIをとっても異常はみられないとのことで
原因がまったくわからない状態です。


そのあと麻酔科にいき、レーザー治療もしましたがだめで
最近までは痛みセンターという痛み専門のところに通い
鍼治療や神経をブロックする注射をうちましたが
それでもなおりません。」
=>

御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「御受け持ちの先生方」も一生懸命でいらっしゃることがよくわかります。
けれども
「御相談者」の「病態」が診断されていません。

「Greenfield Sluder:グリーンフイールド・スルーダー」
が「いみじくも記載したように」。

=>
「「解剖学的に目で見える病気ではない」
だから
「画像診断」に写らないものを「問題ないと」言われてしまう
から注意が必要である。」
の「文字通り」になり。

「御相談者」は「苦しまれています」。

「御受け持ちの先生」も一生懸命でいらっしゃることがよくわかります。
けれども
御相談者の御相談内容要旨御記載からは。

「診断レベル」で頓挫して「「診断病名」確立不能」の
「御状態」で「治療戦略」をたてられているわけではありません。









「少しでもなにか解決法がありましたらぜひお忙しいとはおもいますが
教えていただけないでしょうか?

そちらでもなおせるようでしたら、ぜひそちらのクリニックへ
行かせて頂きたいとおもっております。

すみませんが、宜しくお願いいたします。」
との事です。



「少しでもなにか解決法がありましたらぜひお忙しいとはおもいますが
教えていただけないでしょうか?」
に関しましては。

御相談者の御相談内容要旨御記載からは
典型的な「Greenfield Sluder:グリーンフイールド・スルーダー」

「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」=
「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」
である・しかも「典型的である」ことを
上記「御回答」致しました。






「そちらでもなおせるようでしたら、ぜひそちらのクリニックへ
行かせて頂きたいとおもっております。

すみませんが、宜しくお願いいたします。」
との事ですが

これは


「痛みを失くすことはできるのでしょうか?」
という「御相談」と解釈させていただきます。

=>

「できます」。



けれども
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」=
「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」の
場合は
「顔面片頭痛」(「スルーダー」)は「
頭痛系の疾患」であり。

「機能性頭痛」でありかつ「複合病態」である。


すなわち
------------------------------
1・
ほぼ全例が
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
をもち。

2・
「反復性上気道感染」=
口腔内細菌感染・或いは
「上気道感染」(「咽頭炎」・「喉頭炎」・「副鼻腔炎」など)」
の「反復」

を「御既往」あるいは「現在進行形」
でもたれていることから。

------------------------------


「この「2つ」の複合」に対する「治療戦略」
を展開する必要があります。





上記いたしましたように。

「Greenfield Sluder:グリーンフイールド・スルーダー」
の。
「顔面片頭痛」(「スルーダー」)は。

「顔面片頭痛」(「スルーダー」)=
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」=
「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」=
「翼口蓋神経痛:よくこうがい神経痛:spheno-palatine neuralgia」=
という「病態概念」の「名称」
をたくさんもっています。


(上述致しましたが。
[合衆国(USA)」では。
[合衆国(USA)」では
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」=
「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」
を.
------------------------------
1・
Meckel's ganglion neuralgia*
(*本邦の「翼口蓋神経痛:
よくこうがい神経痛:spheno-palatine neuralgia」
という表現とは異なり
「メッケル神経節神経痛」(本邦ではこの呼称は用いられません)
2・
Sluder's disease:スルーダー病
3・
Sluder's headache:スルーダー頭痛
4・
Sluder's neuralgia:スルーダー神経痛

------------------------------
と呼称到します([合衆国(USA)」)。)



「Sluder:1908」により始めて報告された「頭蓋顔面痛症候群」
ですが。

このように「たくさんの「病態概念」の「名称」」を
もつ「疼痛系の「病態」」は。




歴史的に多くの「疼痛系の「病態」」を専門とする
かたがたにより「おのおのの解釈」をされてきました
から。



「何だか分らないけど痛い」という「御表現」
が。

「実はもっとも現実的かつ適格」な「疼痛系の「病態」」
の「病態概念」を「表現するもの」として。
「まさにそのとおりである」といえるのです。





「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」は。
「頭痛系の疾患」で「機能性頭痛」でありかつ「複合病態」です。
その
現実的側面からは「2type:2タイプ」
に分類されます。

「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」の患者さんは
概ね「2つのタイプ」に分類されます。
------------------------------

1・「歯科口腔外科専門医先生」の「治療」を受けられて劇症化する「タイプ」

2・「歯科口腔外科専門医先生」の「治療」を受けられても劇症化しない「タイプ」
の「2つ」です。

------------------------------
これはきわめて重要なことです。



「畜濃から一方の頬だけ顔面痛があり、そのあと畜濃がなおっても
痛みは消えず、歯科にいき上おやしらずを抜いても痛みはとれず」
で。
「歯科口腔外科専門医先生」の施術でなにごともおきずに。
本当に宜しかったです。

「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」の
患者さんは概ね「2つのタイプ」に分類されるなかで。
「御相談者」は
「2・「歯科口腔外科専門医先生」の「治療」を受けられても劇症化しない「タイプ」」

該当到します。


ps1をを御参照頂けますか。











御相談者の御相談内容要旨御記載からは
典型的な
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」=
「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」
です。



「顔面片頭痛」(「スルーダー」*)です。
(*以下
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」=
「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」
で統一させていただきます)




「痛みを失くすことはできるのでしょうか?」
=>
「できます」。

けれども
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」の
場合は
「顔面片頭痛」(「スルーダー」)は「頭痛系の疾患」で
「機能性頭痛」でありかつ「複合病態」である。

------------------------------
1・
ほぼ全例が
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
をもち。
2・
「反復性上気道感染」=
口腔内細菌感染・或いは「上気道感染」
(「咽頭炎」・「喉頭炎」・「副鼻腔炎」など)」
の「反復」
を「御既往」あるいは「現在進行形」
でもたれていることから。
------------------------------
「この「2つ」の複合」に対する「治療戦略」
を展開する必要があります。



これをまっとうするには
「機能性末梢神経障害」による「病態」」の相当の「御経験」のある
「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」
でなければ不可能です。


しっかり治されるためには。「機能性末梢神経障害」にお強い
「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生
を御受診されるのが宜しいと考えます。

但し「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」でも
「機能性末梢神経障害」に苦手な先生もいらっしゃいます。

「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」など。

全く「病態名称」すらちんぷんかんぷんなこともあります。

このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。






















★「2・」
「1・」を簡明にしたものです。



御相談者は典型的な
「顔面片頭痛」(「スルーダー」)=
「「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」=
「翼口蓋神経痛:よくこうがい神経痛:spheno-palatine neuralgia」=
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」
です。

「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」=
「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」
とは
[合衆国(USA)」の「頭頚科外科医」である
「Greenfield Sluder:グリーンフイールド・スルーダー」
「Sluder:1908」により「1908」に始めて報告された「頭蓋顔面痛症候群」
であり。

「三叉神経痛」と実によく間違われます。
あるいは
「非定型顔面痛」(このような名称の顔面痛はありません)
とも間違われることも特徴です。


「発生部位」は
「口腔内」「鼻腔(びくう)」「眼窩」「後方乳様突起」などの
いわゆる「歯科口腔外科専門医先生」或いは「耳鼻科専門医先生」
の「領域」です。

「圧迫感」或いは「疼痛」として発生するこの「病態」は
「「翼口蓋神経節:よくこうがい神経節:spheno-palatine ganglion」
への上顎動脈の拡張による
「圧迫刺激」によると考えられています。

そして
刺激の原因としては
「蝶形骨:ちょうけいこつ」或いは
「後篩骨洞:こうしこつどう」の
「2次感染」或いは「「鼻腔(びくう)」内変形」
が原因とされています。


お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。
正診断率の大変低い「機能性疼痛の「「病態」」」で御座います。

幼小児期に「副鼻腔炎」を反復されていたり「反復性上気道感染」
の「御既往」のあるかたに
出現することが多いものです。



しっかり治されるためには。「機能性末梢神経障害」にお強い
「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生
を御受診されるのが宜しいと考えます。

但し「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」でも
「機能性末梢神経障害」に苦手な先生もいらっしゃいます。

「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」など.
全く「病態名称」すらちんぷんかんぷんなこともあります。

このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。













上記。
「御回答」を★「1・」★「2・」
と「2とおり」の「御回答形式」にて「御回答」到しました。
「御相談者」にわかりやすい「御回答形式」のほうを
お読みいただけますか。






ps
山本クリニックの旧脳神経外科・神経内科相談掲示板
2003/7/23-2009/02/25
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
「過去の御相談と御回答」から


ps1に
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」に関する
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
の「過去の御相談と御回答」を。


ps2

「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」でも
とりわけて悲惨である
「抜歯後症候群:ばっしごしょうこうぐん」に関する
「過去の御相談と御回答」
を。

URLで「補足」到します。
御参考になれば何よりです。

なお
念のためps3
山本クリニック世田谷山本博昭(脳神経外科専門医)
「御初診のしおり」を
記載到します。






ps1
山本クリニックの旧脳神経外科・神経内科相談掲示板
2003/7/23-2009/02/25
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」から


現在、舌咽神経痛で苦しんでます。
[2] [2008年12月 7日 18時13分40秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/551249041528539.html

2年前におたふく。そのころから左頬一部に違和感があります。
[2] [2007年 5月13日 15時39分23秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/960068299275921.html

「逆流性食道炎」といわれた慢性的な喉と舌の痛み
[2] [2008年 1月18日 18時56分49秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/0883631029437346.html



ps2

山本クリニックの旧脳神経外科・神経内科相談掲示板
2003/7/23-2009/02/25
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html の「過去の御相談と御回答」から

緊張型頭痛と抜歯後の疼痛
[2] [2005年 4月27日 19時58分42秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/921498984637768.html

緊張型頭痛の抜歯後症候群
[2] [2005年 6月10日 18時45分 7秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/51379643690689.html

母、64歳。数年前以来の抜歯後の下顎の痛み
[2] [2006年 3月12日 10時18分35秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/667334235812636.html




上記あくまでもご参考にまでお留めおきご無事にお大事にされて下さいませ。







なお
念のためps3
山本クリニック世田谷山本博昭(脳神経外科専門医)
「御初診のしおり」を
記載到します。


ps3
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
脳神経外科

初診ps

当院は「自由診療」であり
「保険診療」は一切行いません。

けれどもおすし屋さんではないですから
「時価」というわけではなくすべからく「保険診療」
の値段に換算して「40%」を掛け算して「御費用」
を頂くようにしています。

なお「御初診」の最初の日には
「御身元」の確認できえうもの
「運転免許証」「身分証明書」「パスポート」
「保険証」(用いません)をお持ちいただき
「診療録:カルテ」の「御身元」に間違いのないように
させて頂きます。


ps0
+++++
いたみ・めまい・「感覚障害・知覚障害」の
患者さんの初診の場合。

脳神経外科・神経内科・ペインクリニックでは
「臨床神経診断学」を駆使致します。
「初診の患者さん」の「初診日」は
「おおむね20過程」より構成されています。

1・-17・までの間に「1時間半」は院内
でおあずかり致します。

順番がきて診療が始まってから
「1時間半」は院内
でおあずかり致します。

この間看護婦「5名」及び看護助手1名
が私の診療を介助致します。



「初診の患者さん」はまず
1・問診
2・「尿一般・尿沈査検査」
3・血圧
4・胸部X線撮影
から始めて。
5・「臨床神経診断学」(「症状・症候」が明確な事が
多いものですからものすごいスピードでいきます)
6・改めて今現在内服中のおくすりがあれば
コピー。
7・「神経ブロック」
(「神経ブロック」といっても
「星状神経節ブロック(SGB)」は全く「効果」がありません)

8・打聴診
9・胸部X線撮影の御説明
10・1・-9・までの間に家族歴を伺います。
11・「臨床血液検査」「甲状腺機能」「ヘルペス抗体価」
「ピロリ菌:helicobavter pilorii」の「採血」
12・11と同時に
細胞外液の「補液・輸液(点滴静v脈注射のこと)療法」
(ラクテック+vb2+vb6+b12)
をおこないます。


13.12の間にラウンド(回診)
14・お帰りになる前に
さらに問診と「次回の御予約」
15・お帰りと御予約ノート確認
16・受付で「おくすり」のお渡し+「薬剤情報」
のおわたし。
17・その他の
「おおむね20過程」より構成されています。

1・-17・までの間に「1時間半」は
お時間を頂戴して院内
でおあずかり致します。

この間看護婦「5名」及び看護助手1名
が私の診療を介助致します。





+++++




ps1
御来院の方法について。
*1
++++
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線(けいおうせん)(新宿-八王子を結ぶ私鉄)
芦花公園(ろかこうえん)駅(各駅停車しかとまりません)の
北口に降りられましたらば。

北口駅前に「ありま」というカフエと「お蕎麦屋さん」のある
商店街を北に「30m」お進み下さい。

セブンイレブンと本屋さんのある交差点にでます。


ここが甲州街道旧道交差点です
(行き過ぎて甲州街道新道にいかれませんにょうに)。
ここから西をみると道路の北側に面して茶色の「6階建ての山本クリニックビル」
がもう見えます。

この交差点を「左に曲がり」「西に30m」いかれると「到着です」。
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)
の1−2階(300u)が病院です。

病院前の道路をはさんで正面=「反対側」に
専用駐車場があります。
道路の対側にはブルーのトタン屋根の物置と専用駐車場があります。
(道路の「はすかい」に「犬猫病院」が御座います。)

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車徒歩1分・旧甲州街道沿い
で道路の北側に面しています。


地図http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/5-map.html



http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


*2
新宿駅から京王線で当院までお越しの患者さんの場合
は下記を御参照下さい。

東京駅から新宿駅までおこしください。
新宿駅では私鉄の京王線
http://www.keio.co.jp/traffic/train/jikoku/jikoku050325/index.html
で京王線芦花公園(ろかこうえん)駅の
「北口」で降りられて下さい。

各駅停車しかとまりません。

北口をおりられてから「北西」の方向直線距離100mの
ところに山本クリニックが御座います。
けれども他のかたのおうちをよこぎるわけにはいきませんから。

北口をおりられて北口商店街を30m北に進んでください。

そこでセブンイレクンと本屋さんのある交差点が「旧甲州街道」です。
ここを「西に」(左折する)と東西にはしる「旧甲州街道」の北側に面している
茶色の「6階建て」ビルが目に入ると思います。

これが山本クリニックビルです。

左折されて(「旧甲州街道」を西に向かわれて)30m西にいくと
山本クリニックです(勿論看板はでています)。
道路の反対側には専用駐車場があります。

山本クリニックの手前には小さなマーケットアーケード
があり自動販売機が
並んでいます。

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/10-p.html
の真ん中の写真を御参考にされて下さい。







ps2
御予約について
++++++
完全予約制です。
朝9:00−正午までが「脳神経外科専門医」としての患者さん
を拝見いたします。
他の御施設より1時間早く11:00ー正午までが昼休みです。

勿論昼休みでも医療事務・受付嬢は常に電話に対応しています。


正午ー2;00弱までが形成外科・レーザー外科手術時間帯。
2時pmから再び「脳神経外科専門医」の時間に戻ります。

日曜・木様が休診日で御座います。
祝日は木曜日と重ならないときのみ診療を「休日体制」
としてご予約すみの患者さんのみ診療を
いたしていることが多いです。

++++++
「御遠方」からの患者さんの場合。
「神経ブロック」
(「神経ブロック」といっても
「星状神経節ブロック(SGB)」は全く「効果」がありません)

による「ペインクリニック」の「治療戦略」を
とるので。

「御遠方」からの患者さんの場合
1・関西以西に準ずる患者さんの場合
(月曜日)(火曜日)(水曜日)(金曜日)(土曜日)
と上京宿泊していただき毎日通院されるという
スケジュールを立てていただきます。
2・関西よりもお近くの「御遠方」の患者さんの
場合
(月曜日)(火曜日)(水曜日)
と上京宿泊していただき毎日通院されるという
スケジュールを立てていただきます。
-------------------------------





Wednesday, September 02, 2009 10:092PM

「続きを読む」
posted by rosachea at 22:39| 東京 ☁| 美容・コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

眼の下のクマ・目の下のクマのレーザーで評判の山本クリニック美容外科世田谷山本博昭先生から眼の下のクマ・目の下のクマの本物のレーザーを受けたい。真摯で暖かい山本先生の治療を受けたい。34歳女性。北海道在住。北海道から週一回通院可能。





山本クリニック美容外科世田谷
山本博昭先生の
公式ホームページ









目の下のくまについてのご相談です。34歳女性。


お忙しいところ失礼致します。
初めまして。現在34歳の女性です。

5年程前から目の下のくまが酷くなってきました。

今はすっぴんは誰にもみせれないほどで、
化粧でも(コンシーラー)でもカバーできない状態なので
眼鏡をかけて目の下を隠している毎日です・・

もともと肌が弱く肌アレルギーもあり、
23歳頃に急に今まで使用していた化粧品が合わなくなり
それ以来、化粧ができなくなりました。
(それ以前も肌が白く薄いこともあり、
くまは少し気になっていたのでコンシーラーは使用していました)

自分に合う化粧品を探しながら見つけたのが、
根本から善くするために、カバーする化粧ではなく
蓄積されたいらないモノ(ステロイド剤など)を
排除していくという化粧品で、そこの化粧品は
私の肌でも大丈夫だったこともあり、現在も使用しているのですが、
毒素的なものを排除するというだけあり
かなり好転反応のようなことが何度かあり現在に至ります。

ただ、
そのお陰で赤ら顔もかなりよくなり改善されている部分も多々あるため、
くまの事も相談したところ
くまも蓄積されたモノを出さないと改善されないということで、
化粧品類を使い目の下部分はつまみもみなどをかなりしました。

しかし、くまは善くなるどころか酷くなり・・
くまの改善は時間がかかると言われたのですが
さすがにこのままではいつ改善されるかわからず落ち込むばかりで・
さらにつまみもみなどしたことで、色素沈着のようになっているのか・・

また、もともと薄かった目の下の皮膚がさらに薄くなり、
下の血管が透けてみえているのか・・
そういうモノが重なって本当に酷いくまとなっています。。

また、パソコンを使う仕事を長くしていることもあり、
余計にくまの状態が悪くなったこともあると思います。
今もその化粧品は使用はしていますが、
くま部分の治療はしていません。。
(正直諦めており、眼鏡で隠している状態です)

最近は本当に悩んでおり、くまの治療を色々と検索していたところ、
脂肪除去やレーザー治療など色々な治療があることを知りました。
正直どの治療が私には効果的なのかすらわかりません。。

また、一番心配なことは肌が弱いことで、
上記にも書きましたが化粧品類は敏感肌用のものはかなり試しましたが
ほぼ肌にアレルギーが出てダメでした。
(なので、今の化粧品をずっと使用しているのです)

このような弱い肌でも、
レーザー治療は可能であるのかということが一番不安なところです。

そして金額についても、他のくまのご相談者様の書き込みを
拝見してある程度は理解しておりますが
1週間に1度のペースでの治療となりますと、
やはり頑張っても50万円が私の限度なのです・・

やはり1週間に1度のペースで続けて治療は行わないと、
効果というものは薄れるのでしょうか?

治療をお願いしたい気持ちはあるものの、
10回程のレーザー治療でこの酷いくまが改善されるのか
というのが本当の気持ちです。

毎日、気持ちが落ち込むばかりなので、
治療をするのであれば早い方がいいとは思っているのですが
なかなか行動にうつせずにおり、今回、ご相談させてただきました。

長々と失礼致しました。
お時間のある時で構いませんので、ご返答いただけたら幸いです。
どうぞよろしくお願いします。


Tuesday, September 01, 2009 11:56 AM



------------------------------


山本クリニック美容外科世田谷
山本博昭先生の
公式ホームページ










御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
さまざまにご心配をされていることがわかります。


眼の下のクマ・目の下のクマの患者さんで
御注意いただきたいことがあります。


まず
「最近は本当に悩んでおり、くまの治療を色々と検索していたところ、
脂肪除去やレーザー治療など色々な治療があることを知りました。
正直どの治療が私には効果的なのかすらわかりません。」
との事ですが。


決して「filler療法(フイラー療法)」=「fill:詰める」
はしてはいけません。

「脂肪除去」の反対の「「脂肪注入」を
一般的には「filler療法(フイラー療法)」=
「「fill:詰める」から由来」
といいますが。

今現在では拡張解釈をして。
「下眼嶮(したまぶた)」の「脂肪組織:adipose tissue」
をいじる「治療戦略」をすべからく
「filler療法(フイラー療法)」
ともいいます。


「脂肪注入」あるいは「真皮を作る物質」の注入は)
「filler療法(フイラー療法)」といいます。



山本クリニック美容外科世田谷
山本博昭先生の
公式ホームページ












「下眼嶮(したまぶた)」は「レイヤー:layer」は
非常に精密であり「レイヤー:layer」が多いために
(「上眼嶮(うわまぶた)」も「下眼嶮(したまぶた)」もそうですが)
「下眼嶮(したまぶた)」の。
メスを用いる施術は「トラップ」という
「瘢痕:はんこん」をつくります。

御相談者の御相談内容要旨御記載からは
決して「filler療法(フイラー療法)」=「fill:詰める」
あるいは
「下眼嶮(したまぶた)」の「脂肪組織:adipose tissue」
をいじる「治療戦略」をすべからくを
いちどわすれていただく必要があります。





山本クリニック美容外科世田谷
山本博昭先生の
公式ホームページ











さて
眼の下のクマ・目の下のクマの患者さんは
今現在「御遠方」から御通院中の患者さんは多いものです。




「超高性能Qスイッチレーザー光照射」とは
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」である
「Ultra-QスイッチNd・YAGレーザー:
ウルトラQスイッチ・ネオジ(ミ)ウム・ヤグ・レーザー」

毎週「1回(日)」=「4分の一皮膚のターンオーバー」
で一日の「ショット数」が20000「ショット数」で。

「レーザー・リジャブ・laser rejuv-」=
「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=
「レーザー・リサーフエシング」
を進めていきます。


「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=
「レーザー・リサーフエシング」

rejuvenation=re(再び)+juven(思春期・若さ)+ation(しましょう)
という意味です。

「レーザー・リジャブ・laser rejuv-」
の代表「病態概念」が眼の下のクマ・目の下のクマ
なのですね。

「超高性能Qスイッチレーザー光照射」の
「Qスイッチ」とは。

「1ショット時間」が「10億分の1秒」です。
「光速度」でも「光」が30cmしか進めない時間です。
「1ショット時間」=「極少短時間」で「レーザー光照射」を
毎秒10-20「ショット数」おこなう「レーザー光照射装置」
の「エネルギー・スイッチ」のことを「Qスイッチ」
ち呼称致します。

毎週「皮膚のターン・オーバー」にのっかって
「レーザー光照射」を進めていきます。

赤くなりません・腫れません・痛くありません。
御婦人のお顔であれば「レーザー光照射」直後から「メイク」が可能です。



山本クリニック美容外科世田谷
山本博昭先生の
公式ホームページ












「また、一番心配なことは肌が弱いことで、
上記にも書きましたが化粧品類は敏感肌用のものはかなり試しましたが

ほぼ肌にアレルギーが出てダメでした。
(なので、今の化粧品をずっと使用しているのです)

このような弱い肌でも、
レーザー治療は可能であるのかということが一番不安なところです。」
との事です。


眼の下のクマ・目の下のクマの患者さんは敏感な「お肌」のかたが
多いものです。

「このような弱い肌でも、
レーザー治療は可能であるのかということが一番不安なところです。」
に関しましては。
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」の「レーザー光照射」
具体的には
「Ultra-QスイッチNd・YAGレーザー:
ウルトラQスイッチ・ネオジ(ミ)ウム・ヤグ・レーザー」
による眼の下のクマ・目の下のクマの
「レーザー・リジャブ・laser rejuv-」=
「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=「レーザー・リサーフエシング」
であらば。


この点はまったく問題ありません。




山本クリニック美容外科世田谷
山本博昭先生の
公式ホームページ










「治療をお願いしたい気持ちはあるものの、
10回程のレーザー治療でこの酷いくまが改善されるのか
というのが本当の気持ちです。」
との事です。

「回数(日)」のことですが。
10「回数(日)」であれば
それなりの効果はえられるでしょう。

山本クリニック美容外科世田谷の山本クリニック世田谷
は。
アットホームな環境です。
山本クリニックは「アットホーム」な病院です。


眼の下のクマ・目の下のクマで「レーザー光照射」
の御通院中の患者さんは多いものです。



「週一回(日)のペース」=
「「皮膚のターン・オーバー」の1/4=7日間」=「golden pace」
が曜日固定*でおこなえるようでしたらば。
「受付担当・医療事務」までお電話をくださいますか。
不躾お許し下さい。
*「特殊事例」として御相談者のスケジュール
にあわせたいと今の私は考えます。
だからなんでも杓子定規にきづかわれませんように。
「御相談者」をむかえる敷居は決して「敷居が高い」ことは
ありません。
元気をだされてください。



山本クリニック美容外科世田谷
山本博昭先生の
公式ホームページ










「毎日、気持ちが落ち込むばかりなので、
治療をするのであれば早い方がいいとは思っているのですが
なかなか行動にうつせずにおり、今回、ご相談させてただきました。」
との事です。

眼の下のクマ・目の下のクマの
御相談者の御相談内容要旨御記載からは。

「毎日、気持ちが落ち込むばかりなので、
治療をするのであれば早い方がいいとは思っているのですが」
との事です。
=>

「緊急」ではないけれども
「御指摘」のとおり。

「治療をするのであれば早い方がいいとは思っているのですが」
であれば
「あまりにも「御心配」を逡巡するよりも」
まずは「はじめられて」よくなっていくのを御実感として
「感じとり」「施術をされている」ことを感じ取り
「日々」の御生活に「はりをもたれたほうがよい」
ですね。



綺麗に治したいです。
私も頑張ります。



山本クリニック美容外科世田谷
山本博昭先生の
公式ホームページ









「補足」に
「御初診のしおり」のようなものをURLにて付記致しました。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/847297527435334.html


綺麗に治したいですね。


山本クリニック 山本博昭
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1(せたがやく みなみからすやま)
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/index.html
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

Saturday, September 05, 2009 21:23 PM



山本クリニック美容外科世田谷
山本博昭先生の
公式ホームページ








綺麗に治したいですね。
私も頑張ります。


山本クリニック美容外科世田谷
山本博昭先生の
公式ホームページ






「続きを読む」
posted by rosachea at 13:59| 東京 ☀| 美容・コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

インフルエンザの知識で評判の山本クリニック脳神経外科世田谷東京山本博昭先生(脳神経外科専門医)にインフルエンザやとりわけインフルエンザの症状や予防法やインフルエンザワクチンの有効性につき御教示をよろしく御願い致します。






インフルエンザ等ウイルス疾患で評判の


東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭

(脳神経外科専門医)






インフルエンザ等ウイルス疾患で評判の脳神経外科の東京 都 世田谷 区 山本クリニック脳神経外科専門医の山本博昭 先生











大変奥の深い御相談です。
うまくご説明できるとよろしいのですが。



++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

「インフルエンザノワクチンの予防接種」の
「ワクチン」の製造には
インフルエンザという「ウイルス」の
「生物学的にもとりわけて原始的な特異性」
から
「9ヶ月」という製造期間が必要なのです。
そして日本の場合「諸事情」から「厚生労働省」の検定に「3ヶ月」
必要です。
結局「インフルエンザノワクチン」を「1つ」
つくるのに「1年という期間」必要なのです。

今現在は「10月」です。
だから
「来年分の「インフルエンザノワクチンの製造」はもう
はじまっています。

インフルエンザのワクチンには製造会社の
出来・不出来があります。
「うまく出来たもの」が
「その年の「株」」になります。

確か昨年か一昨年に日本のインフルエンザワクチン
製造会社(2社ある)の「1社」が「すべて失敗」して
しまいました。
よって
「その年の「株」」が「残り「1社」の株」になりました。

「インフルエンザノワクチンの予防接種は
何故毎年かわるのでしょうか。
何故毎年やらねばならないのでしょうか。」
との事です。=>

「毎年・毎年新薬を作る」ということは
「衛生行政」の「心情」からは「ストレス」
が極めて大きいものです。
そして。
特に日本の場合は「医療行政のレベル」の「性格」から。

「国家検定になんらかのミス」があり「副作用」
が「国家責任」になると「困る」。
=>
「接種の「回数を少なくしたがる」。
「有効期間」も他の「ワクチン」は「3年間」です。
「有効期間」も「1年間」に短縮すれば
「副作用報告」の「行政対応」のしかたも
非常に「極めて楽になります」。

上記の様な理由・事由から
「インフルエンザノワクチン」の「力価」は
他の
「おたふくか:munps:ムンプス」
「風疹」
「水疱瘡:みずぼうそう」=「水痘:すいとう」
「麻疹:はしか」の
ワクチンとは比較にならないほど「力価:パワー」が弱く
作られている。

だから今年に
「インフルエンザノワクチンの予防接種」を受けられても
「1年間」くらいしか持ちません
(2回法でです)

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++






ps
-------------------------------
インフルエンザウイルスにはA・B・Cの3型があります。
このうちA型とB型がヒトのインフルエンザの原因になり
ます。

C型は小児期に感染して呼吸器感染症の原因になります。
(C型インフルエンザと呼ばれます。
毎年世界的な大流行を起こす
「一般的な生活の中で呼ばれるインフルエンザ」とは
症状や原因ウイルスの性状の点でも差異が大きいものです)


A型とB型のウイルス粒子表面にある
「ヘマグルチニン」=
「(赤血球凝集素、HA)」と。


「ノイラミニダーゼ(NA)」という
糖蛋白は変異が大きくて。
=>


「インフルエンザの種類の多様性」の要因となっています。

A型インフルエンザウイルスにはHAとNAの変異が特に多い
のです。


これまで
1・
HAに16種類、
2・
NAに9種類の大きな変異が見つかっています。

その組み合わせの数の亜型が存在しうることになります。
これらの亜型の違いはH1N1 - H16N9 といった略称で表現
致します。

但し、これらの中で「ヒトのインフルエンザ」
の原因になることが明らかになっているのは。
1・
2008年現在でH1N1、H1N2、H2N2、H3N2の4種類のみです。
2・
この他に、H5N1、H9N1などいくつかの種類が
ヒトに感染した例が報告にあります。
けれどもヒトからヒトへの伝染性が低く大流行には至りません
でした。


いずれ新型インフルエンザが定期的に大流行を起こすことは
予言されつづけています*。

ヒトに感染しない亜型のウイルスは、
「鳥類や他の哺乳動物を宿主」にしていると考えられています。
とりわけ水鳥ではHAとNAの組み合わせがすべて見つかっています。
よって自然宿主として「水鳥」は重要な地位を占めていると
考えられます。

また同じH1N1であっても、
さらに細かな変異によって抗原性や宿主が異なります。

「年によって流行するウイルスの型は異なる」というのは
「理論」でも「結果論」でもありません。
「毎年の予言のようなものです」*。
(長期的には「いずれ新型インフルエンザ」
が定期的に大流行を起こすことは
これまでもずっと予言されつづけています*。)

大流行をした欧米の重傷インフルエンザ患者さんの
すべてに「HAとNAの変異」を「検査」されているわけでもなければ
自然宿主として「水鳥」の各種をすべからく調査されたわけでも
ありません。

日本は幸いにして島国でパンデミックは
「欧米諸国」のように「深刻感」がありません。
けれども水鳥の飛来に合わせてインフルエンザ
の予防接種体制をリンクさせることは重要な
課題であるはずです。
-------------------------------














#1
##1
「インフルエンザのワクチンの予防接種と
インフルエンザについておしえてください。

インフルエンザノワクチンの予防接種は
何故毎年かわるのでしょうか。
何故毎年やらねばならないのでしょうか。

おたふくなどは1回やればよいとされています。

要領の悪いご質問ですみません。
御忙しい所をお時間があれば教えて下さい。」
との事です。








#2
##1
「インフルエンザノワクチンの予防接種」の「治療戦略」
については。

##2
「インフルエンザノワクチンの予防接種」「治療戦略」
の当初から
1・
固体の罹患を予防する目的
2・
或は「国規模による集団の罹患}=「パンデミック」
を予防する目的

「2つ」の「治療戦略」があります。

これらの「治療戦略」を「理解」するためには。
=>##3

##3
「インフルエンザ」という「ウイルス」
の「生物学的特徴についての正しい知識」が
極めて重要になります。

##4
マスコミから流布される情報は
止むを得ずも何故か
間違いが極めて多いものです。













#3
##1
まず
「ウイルス」には極めて特殊な特徴があります。
「遺伝子情報」の伝達には「2つの核酸」すなわち
「DNA」或は[RNA」が必要です。
「ウイルス」というのは「2つの核酸」すなわち
「DNA」或は[RNA」のどちらか・
「片方の「核酸」しか持っていない」という
「驚愕的な特性」があります。

##2
インフルエンザウイルスに関しては
「RNA」しかもっていません。
「DNA」は宿主にくっついてから作られます。

##3
宿主に罹患して初めて
「DNAを作り始める」。
=>
正確には
宿主に接着して初めて
「DNA」=「遺伝子或は生物としての個性」を作り始める。
=>##4・##5

##4
だから生物学的により原始的なインフルエンザの「A型」には
時として「変異」が発生する」。
「時として」です。
俗にいう
「頻々とではありません」。

##5
また「宿主に接触するまで」は生物・「生命体」を
定義づける「DNA」がありません。
=>##6

##6
「ワクチン製造」に際しての
「モデルウイルス」があっても「結局」絵空事になる。
「上手く出来たもの」が「その年の「株」」
ということになります。

##7
「B型」インフルエンザは「抗体価」が
安定化して出来やすい。

##8
一方では
「A型」インフルエンザ「抗体価」が
「不安定」です。
「B型」より「原始的」だからです。

##9
因みに
「C型」インフルエンザというものもあります。
=>##10

##10
「C型インフルエンザ」は「特殊であり」「良性であり」
「小児」が罹患する「病態」のインフルエンザウイルスです。

俗にいう「インフルエンザ」の「範疇(はんちゅう)」では
大きな問題がありません。











#3
##1
インフルエンザの「医学的予防」の「治療戦略」は
1・「個々人を予防するか」
2・「集団・団塊を予防するか」=
「かつてスペイン風邪と呼称され世界中で
沢山の死者をだすような流感」=「パンデミック」
と呼称致します。=>
「パンデミック」を予防するか。

「2つの大きな」予防の「治療戦略」があります。

##2
パンデミックを起す場合インフルエンザは
「A型」のみ・です。

##3
「インフルエンザノワクチンの予防接種」に関しては
「欧米諸国」では。
「「2・」のパンデミックの「予防」の「治療戦略」
から入り。その後に
「1・」の個々の「固体「予防」」の「治療戦略」
にはいります。

##4
さいわいなことか。
「本邦」では世界でも先進国の中ではでは「極めて稀な」
「島国」のため。
「パンデミック」の「歴史」がありません。
「怖さをしりません」。

##5
「SARS:サース・サーズと発音:
新型肺炎:Atypical Pneumonia,:非典型肺炎」
のときもそうでした。











#4
##1
上記のようにインフルエンザに限らず
「ウイルス」は核酸が「DNA」「RNA」のどちらか
しかありません。

##2
「おたふく」や「風疹」や「水痘」も
そうですが。
これらは「安定した抗体価を作りやすい」。
これは
「おたふく」や「風疹」や「水痘」が
「はるかに進化したウイルス」であるからなのです。


##3
インフルエンザも「B型」は
比較的「安定した抗体価」を作りやすい。
「B型」はインフルエンザといっても
元来弱いインフルエンザですが「生物学的には」「A型」
よりは進化している。

##4
上述のように
インフルエンザは「RNA」しか核酸を持っていない。
よって
極めて判りやすくいえば
固体にくいついてから「初めて」
「DNA」=「遺伝子」=「増殖情報」
を完成さ「正体をあかします」。

##5
「ウイルス」は「細菌」よりも
「遥かに原始的な生物」
(「生物」かどうか「インフルエンザA」
ではいまだに議論がある)のです。
=>##6

##6
「ウイルス」の中でも「インフルエンザウイルス」
は「とりわけ原始的なウイルス」です。
すなわち
チャールズ・ダーウィンの「進化論」の
「種の保存」に全く従いません。













#5
##1
インフルエンザワクチンの場合。
「ワクチン」の製造も
「同じウイルスの風疹・「麻疹:はしか」
「水痘:すいとう」「おたふくか:munps:ムンプス」
等の「高度に新化」したウイルス
に比較すれば。

##2
「インフルエンザノワクチン」の「製造」に関しては。
「極めて「どのようにしてつくるか」の「考え方と現実は難しい・」。
「うまくつくればもうそれでいこともあります」。
=>##3

##3
その結果「ワクチン」の「出来・不出来」が
出てしまいます。
「この結果」を「上手く出来たもの」を「今年の流行株」
と呼称することになるのです。
(作ってみればわかりますが「○○株を作って△△株に
ばける・などしょっちゅうです)

##4
このようにして「インフルエンザワクチン」は
「極めて「どのようにしてつくるか」の「考え方と現実は難しい」
から「製造に9ヶ月」という「月日」が必要である。
「9ヶ月」です!。

##5
(本邦では更に「国家検定」に「2−3ヶ月」が必要
だから本邦では「12ヶ月」。
「インフルエンザノワクチン」の製造に「1年間」の「時間がかかる」
ということになります。













#6
##1
「インフルエンザノワクチン」は「薬事法」では
「毎年」「新薬」ということになります。
このことは極めて重要です。
「新薬」を「治験なく用いることは不可能」だが
ここの過程は「省略」。

##2
「毎年・毎年新薬を作る」ということは
「衛生行政」の立場。「心情」からは「ストレス」
が極めて大きいものです。

##3
因みに
「合衆国USA」では予防接種の代わりに「点鼻薬を持たせます」

##4
だから「合衆国USA」ではインフルエンザ予防接種回数は
極めて判りやすくいえば
「無限大」回数です。有効期限2年。











#7
##1
インフルエンザの「医学的予防」の「治療戦略」は
1・「個々人を予防するか」
2・「集団・団塊を予防するか」=
「かつてスペイン風邪と呼称され世界中で
沢山の死者をだすような流感」=「パンデミック」
と呼称致します。=>
「パンデミック」を予防するか。

「2つの大きな」予防の「治療戦略」がある。

パンデミックを起す場合インフルエンザは
「A型」のみです。
「欧米諸国」では
「「2・」のパンデミックの「予防」の「治療戦略」
から入り
「1・」の個々の「固体「予防」」の「治療戦略」
にはいる。

##2
「本邦」ではさいわいにして「島国」である。
「パンデミック」の「歴史」がなく
「パンデミック」の「怖さをしりません」。

##3
インフルエンザは「RNA」しか核酸を持たず
固体にくいついてから
極めて判りやすくいえば
「DNA」=「遺伝子」=「増殖情報」
を完成させます。
=>##4

##4
「ウイルス」は「細菌」よりも
「原始的な生物」(「生物」かどうか「インフルエンザA」
ではいまだに議論があるが。)と
であるにまちがいありません。

##5
「ウイルス」の中でも「インフルエンザウイルス」
は「原始的なウイルス」です。
チャールズ・ダーウィンの「進化論」の
「種の保存」に従いません。














#8
##1
インフルエンザワクチンの場合。
「ワクチン」の製造も
「同じウイルスの風疹・「麻疹:はしか」
「水痘:すいとう」「おたふくか:munps:ムンプス」
等の「高度に新化」したウイルス
に比較すれば
「極めて「どのようにしてつくるか」の考え方は難しく」
その結果「出来・不出来」が
出てしまいます。「この結果」を「今年の流行株」
と呼称するのです。

このようにして「インフルエンザワクチン」は
「極めて「どのようにしてつくるか」の考え方は難しい」
から「製造に9ヶ月」が必要なのです。
「9ヶ月」です!。
(本邦では更に「国家検定」に「2−3ヶ月」が必要
だから本邦では「12ヶ月」製造に「時間がかかる」
ということになります。

##2
来年の分の製造はもうとうに日本では
始まっています。


##3
「毎年・毎年新薬を作る」ということは
各国家の「衛生行政」の「心情」からは「ストレス」
が極めて大きいものです。

特に日本の場合は「医療行政のレベル」の「性格」から。

「国家検定になんらかのミス」があり「副作用」
が「国家責任」になると「困る」。
=>
「接種も「回数を少なくしたがる」。

##4
因みに
「合衆国USA」では回数は「点鼻薬を持たせます」
だから「合衆国USA」ではインフルエンザ予防接種回数は
極めて判りやすくいえば
「無限大」回数です。













#9結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「インフルエンザノワクチンの予防接種と
インフルエンザについておしえてください。

インフルエンザノワクチンの予防接種は
何故毎年かわるのでしょうか。」
=>
上記御回答致しました。


##2
「インフルエンザノワクチンの予防接種は
何故毎年かわるのでしょうか。
何故毎年やらねばならないのでしょうか。」
=>
上記の様な理由・事由から
「インフルエンザノワクチン」の「力価」は
他の
「おたふくか:munps:ムンプス」
「風疹」
「水疱瘡:みずぼうそう」=「水痘:すいとう」
「麻疹:はしか」の
ワクチンとは比較にならないほど「力価」が弱いのです。

##3
だから今年に
「インフルエンザノワクチンの予防接種」を受けられても
「1年間」くらいしか持ちません
(2回法でです)

##4
因みに「毎年「「インフルエンザウイルスの株がかわる」
は極めて判りやすくいえば
間違いです。
=>##5

##5
インフルエンザワクチンの場合。
「ワクチン」の製造も
「同じウイルスの風疹・「麻疹:はしか」
「水痘:すいとう」「おたふくか:munps:ムンプス」
等の「高度に新化」したウイルス
に比較すれば
「極めて「どのようにしてつくるか」の考え方は難しい」。
=>
その結果「出来・不出来」が
出てしまいます。
うまくできたもの「この結果」を「今年の流行株」
とせざるをえないのです。








ps
-------------------------------
インフルエンザウイルスにはA・B・Cの3型があります。
このうちA型とB型がヒトのインフルエンザの原因になり
ます。

C型は小児期に感染して呼吸器感染症の原因になります。
(C型インフルエンザと呼ばれます。
毎年世界的な大流行を起こす
「一般的な生活の中で呼ばれるインフルエンザ」とは
症状や原因ウイルスの性状の点でも差異が大きいものです)


A型とB型のウイルス粒子表面にある



「ヘマグルチニン」=





「(赤血球凝集素、HA)」と。



略号「H]







「ノイラミニダーゼ(NA)」という






糖蛋白は変異が大きくて


略号「N]。


=>
「インフルエンザの種類の多様性」の要因となっています。

A型インフルエンザウイルスにはHAとNAの変異が特に多い
のです。





これまで



1・
HAに16種類、



2・
NAに9種類


の大きな変異が。




見つかっています。







その組み合わせの数の亜型が存在しうることになります。
これらの亜型の違いはH1N1 - H16N9 といった略称で表現
致します。

但し、これらの中で「ヒトのインフルエンザ」
の原因になることが明らかになっているのは。
1・
2008年現在でH1N1、H1N2、H2N2、H3N2の4種類のみです。
2・
この他に、H5N1、H9N1などいくつかの種類が
ヒトに感染した例が報告にあります。
けれどもヒトからヒトへの伝染性が低く大流行には至りません
でした。


新型インフルエンザが。


定期的に。

大流行を起こすことは


予言されつづけて

います*。


ヒトに感染しない亜型のウイルスは、
「鳥類や他の哺乳動物を宿主」にしていると考えられています。
とりわけ水鳥ではHAとNAの組み合わせがすべて見つかっています。
よって自然宿主として「水鳥」は重要な地位を占めていると
考えられます。

また同じH1N1であっても、
さらに細かな変異によって抗原性や宿主が異なります。

「年によって流行するウイルスの型は異なる」というのは
「理論」でも「結果論」でもありません。
「毎年の予言のようなものです」*。
(長期的には「いずれ新型インフルエンザ」
が定期的に大流行を起こすことは
これまでもずっと予言されつづけています*。)

大流行をした欧米の重傷インフルエンザ患者さんの
すべてに「HAとNAの変異」を「検査」されているわけでもなければ
自然宿主として「水鳥」の各種をすべからく調査されたわけでも
ありません。


日本は幸いにして島国でパンデミックは
「欧米諸国」のように「深刻感」がありません。


けれども水鳥の飛来に合わせて。
或は海外旅行の機会の急激な増加に併せて。


インフルエンザ
の予防接種体制をリンクさせることは重要な
課題であるはずです。

-------------------------------











お名前:
匿名希望  
  


32歳女性
 
インフルエンザのワクチンの予防接種と
インフルエンザについておしえてください。

インフルエンザノワクチンの予防接種は
何故毎年かわるのでしょうか。
何故毎年やらねばならないのでしょうか。

おたふくなどは1回やればよいとされています。

要領の悪いご質問ですみません。
御忙しい所をお時間があれば教えて下さい。



「続きを読む」
posted by rosachea at 16:40| 東京 ☀| 美容・コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

インフルエンザの症状や予防法やインフルエンザワクチンの有効性やタミフル・リレンザ・の知識で評判の山本クリニック脳神経外科世田谷東京山本博昭先生(脳神経外科専門医)にインフルエザの薬剤タミフル・リレンザ・につき御教示をよろしく御願い致します。



インフルエンザやウイルス系の感染・ウイルス病態

の知識で評判の
東京都世田谷区山本クリニック山本博昭先生に

御教示をよろしく御願い致します。







【103】 題名:インフルエンザのお薬のタミフル・リレンザについて

相談者:まちー 年齢:37 性別:女性 地域:埼玉県 2009/07/05 (日)06:04:27
「御相談ログ番号100」

インフルエンザA型とB型とかいわれますが。
インフルエンザの知識がありません。
インフルエンザの薬剤のタミフル・リレンザ
について教えてください。
私は両者とも用いたことがなく薬剤の知識も有りません。
まずインフルエンザに一般論「0・」を「御回答」到します。
そして
「1・」「タミフル(Tamiflu)」=「オセルタミビル:Oseltamivir」
「2・」「リレンザ・Relenza」=「ザナミビル ・Zanamivir」
をおよみいただけますか。









「0・」
インフルエンザ


-------------------------------
インフルエンザウイルスにはA・B・Cの3型があります。
このうちA型とB型がヒトのインフルエンザの原因になり
ます。

C型は小児期に感染して呼吸器感染症の原因になります。
(C型インフルエンザと呼ばれます。
毎年世界的な大流行を起こす
「一般的な生活の中で呼ばれるインフルエンザ」とは
症状や原因ウイルスの性状の点でも差異が大きいものです)


A型とB型のウイルス粒子表面にある
「ヘマグルチニン」=
「(赤血球凝集素、HA)」と。


「ノイラミニダーゼ(NA)」という
糖蛋白は変異が大きくて。
=>


「インフルエンザの種類の多様性」の要因となっています。

A型インフルエンザウイルスにはHAとNAの変異が特に多い
のです。


これまで
1・
HAに16種類、
2・
NAに9種類の大きな変異が見つかっています。

その組み合わせの数の亜型が存在しうることになります。
これらの亜型の違いはH1N1 - H16N9 といった略称で表現
致します。

但し、これらの中で「ヒトのインフルエンザ」
の原因になることが明らかになっているのは。
1・
2008年現在でH1N1、H1N2、H2N2、H3N2の4種類のみです。
2・
この他に、H5N1、H9N1などいくつかの種類が
ヒトに感染した例が報告にあります。
けれどもヒトからヒトへの伝染性が低く大流行には至りません
でした。


いずれ新型インフルエンザが定期的に大流行を起こすことは
予言されつづけています*。

ヒトに感染しない亜型のウイルスは、
「鳥類や他の哺乳動物を宿主」にしていると考えられています。
とりわけ水鳥ではHAとNAの組み合わせがすべて見つかっています。
よって自然宿主として「水鳥」は重要な地位を占めていると
考えられます。

また同じH1N1であっても、
さらに細かな変異によって抗原性や宿主が異なります。

「年によって流行するウイルスの型は異なる」というのは
「理論」でも「結果論」でもありません。
「毎年の予言のようなものです」*。
(長期的には「いずれ新型インフルエンザ」
が定期的に大流行を起こすことは
これまでもずっと予言されつづけています*。)

大流行をした欧米の重傷インフルエンザ患者さんの
すべてに「HAとNAの変異」を「検査」されているわけでもなければ
自然宿主として「水鳥」の各種をすべからく調査されたわけでも
ありません。

日本は幸いにして島国でパンデミックは
「欧米諸国」のように「深刻感」がありません。
けれども水鳥の飛来に合わせてインフルエンザ
の予防接種体制をリンクさせることは重要な
課題であるはずです。
-------------------------------





インフルエンザの「医学的予防」の「治療戦略」は
------------------------------
1・「個々人を予防するか」
2・「集団・団塊を予防するか」=
「かつてスペイン風邪と呼称され世界中で
沢山の死者をだすような流感」=「パンデミック」
と呼称致します。=>
「パンデミック」を予防するか。
------------------------------

「2つの大きな」予防の「治療戦略」がある。

パンデミックを起す場合インフルエンザは
「A型」のみです。
「欧米諸国」では

「「2・」のパンデミックの「予防」の「治療戦略」
から入り
「1・」の個々の「固体「予防」」の「治療戦略」
にはいります。



「本邦」ではさいわいにして「島国」である。
「パンデミック」の「歴史」がなく
「パンデミック」の「怖さをしりません」。


インフルエンザは「RNA」しか核酸を持たず
固体にくいついてから
極めて判りやすくいえば
「DNA」=「遺伝子」=「増殖情報」
を完成させます。=>##4

「ウイルス」は「細菌」よりも
「原始的な生物」(「生物」かどうか「インフルエンザA」
ではいまだに議論があるが。)と
であるにまちがいありません。


「ウイルス」の中でも「インフルエンザウイルス」
は「原始的なウイルス」です。
チャールズ・ダーウィンの「進化論」の
「種の保存」に従いません。













-------------------------------
インフルエンザウイルスにはA・B・Cの3型があります。
このうちA型とB型がヒトのインフルエンザの原因になり
ます。

C型は小児期に感染して呼吸器感染症の原因になります。
(C型インフルエンザと呼ばれます。
毎年世界的な大流行を起こす
「一般的な生活の中で呼ばれるインフルエンザ」とは
症状や原因ウイルスの性状の点でも差異が大きいものです)


A型とB型のウイルス粒子表面にある



「ヘマグルチニン」=





「(赤血球凝集素、HA)」と。



略号「H]






「ノイラミニダーゼ(NA)」という






糖蛋白は変異が大きくて


略号「N]。


=>
「インフルエンザの種類の多様性」の要因となっています。

A型インフルエンザウイルスにはHAとNAの変異が特に多い
のです。





これまで



1・
HAに16種類、



2・
NAに9種類


の大きな変異が。




見つかっています。







その組み合わせの数の亜型が存在しうることになります。
これらの亜型の違いはH1N1 - H16N9 といった略称で表現
致します。

但し、これらの中で「ヒトのインフルエンザ」
の原因になることが明らかになっているのは。
1・
2008年現在でH1N1、H1N2、H2N2、H3N2の4種類のみです。
2・
この他に、H5N1、H9N1などいくつかの種類が
ヒトに感染した例が報告にあります。
けれどもヒトからヒトへの伝染性が低く大流行には至りません
でした。







新型インフルエンザが。


定期的に。

大流行を起こすことは


予言されつづけて

います*。


ヒトに感染しない亜型のウイルスは、
「鳥類や他の哺乳動物を宿主」にしていると考えられています。
とりわけ水鳥ではHAとNAの組み合わせがすべて見つかっています。
よって自然宿主として「水鳥」は重要な地位を占めていると
考えられます。

また同じH1N1であっても、
さらに細かな変異によって抗原性や宿主が異なります。

「年によって流行するウイルスの型は異なる」というのは
「理論」でも「結果論」でもありません。
「毎年の予言のようなものです」*。
(長期的には「いずれ新型インフルエンザ」
が定期的に大流行を起こすことは
これまでもずっと予言されつづけています*。)

大流行をした欧米の重傷インフルエンザ患者さんの
すべてに「HAとNAの変異」を「検査」されているわけでもなければ
自然宿主として「水鳥」の各種をすべからく調査されたわけでも
ありません。


日本は幸いにして島国でパンデミックは
「欧米諸国」のように「深刻感」がありません。


けれども水鳥の飛来に合わせて。
或は海外旅行の機会の急激な増加に併せて。


インフルエンザ
の予防接種体制をリンクさせることは重要な
課題であるはずです。
-------------------------------


























1・「タミフル(Tamiflu)」=「オセルタミビル:Oseltamivir」
について。






「オセルタミビル(Oseltamivir)」は、インフルエンザ治療薬。
オセルタミビルリン酸塩として、
スイスのロシュ社により商品名「タミフル(Tamiflu)」で販売されています。

日本ではロシュグループ傘下の中外製薬が製造輸入販売元となっています。
A型、B型のインフルエンザに作用致します。

この「A型とB型に効果がある」は
「あまり意味がありません」。
なぜならA型は「重症型インフルエンザ」ですが。
B型は「軽症型インフルエンザ」です。
元来インフルエンザはA型とB型では「臨床症候・症状」
の程度はまったくことなります。
A型は重症化到します。
B型の患者さんは「平気で御仕事をされている」
こともあります。

だから「「B型には効きにくい傾向があります。」は。
元来インフルエンザの「B型」は重症化しないので。
根本的には問題にはなりません。
「A型とB型に効果がある」に加え
適切でない「タミフル(Tamiflu)」=「オセルタミビル:Oseltamivir」
の服用により「タミフル耐性」のA型インフルエンザに
すぐ化けてしまうからです。

ノイラミニダーゼ (NA) と呼ばれる酵素によりウイルスが
感染細胞表面から遊離することを阻害致します。

他の細胞への感染・増殖を抑制到します。

そのため、ノイラミニダーゼを持たない
C型インフルエンザウイルスには無効なのです。

C型インフルエンザには効果が有りません。

トリインフルエンザはA型です。
H5N1型の高病原性トリインフルエンザにもある程度有効との
研究結果が報告されています。

オセルタミビルは従来、
中華料理で香辛料に使われるトウシキミの果実である
八角をスタートとしてシキミ酸を合成していました。
シキミ酸から10回の化学反応を経て合成されていました。

なお、オセルタミビルとシキミ酸は
全く構造が違う化合物です。

八角は単なる材料にすぎず八角を食べても
インフルエンザには全く効果がありません。

2009年現在ロシュ社は
シキミ酸を遺伝子組替えによる生合成で量産しています。





1996年に米ギリアド・サイエンシズ社
(1997年から2001年まで元アメリカ合衆国国防長官の
ドナルド・ラムズフェルドが会長を務めた)が開発致しました。

スイスのロシュ社がライセンス供与を受け
全世界での製造、販売を行っています。

中国においては Shanghai Pharmaceutical Group社、
インドにおいては Hetero Drugs社が製造のサブライセンスを保持し
、製造しています。


本薬はノイラミニダーゼ (neuraminidase, NA) という
酵素(糖タンパク質)を阻害することにより。

インフルエンザウイルスが
感染細胞膜を通過するのを阻害するものです。
この酵素阻害により、インフルエンザウイルスは感染した
細胞内に閉じ込められることになります。
これがノイラミニダーゼ阻害薬の作用メカニズムです。

ザナミビル(商品名「リレンザ」)も
標的阻害酵素は同じです。









「タミフル(Tamiflu)」
の投与法は経口投与であるため
感染部位への到達時間は遅いことになります。

けれどもリレンザ=
ザナミビルの吸入投与よりも投与法が一般的に容易です。
高齢者・小児にも投与しやすい。

A型、B型インフルエンザウイルス(非耐性)に感染し、
発症後48時間以内に投与すれば、
有意に罹患期間を短縮できることが解明されています。

また、「タミフル(Tamiflu)」は
インフルエンザ予防薬としても使用することができます
(ドライシロップは無効)。


発症後、48時間以降に投与を開始した場合の
有効性は確立していません。

これは、「タミフル(Tamiflu)」
はウイルスが新たに拡散するのを
阻害する薬剤であって、
既に増殖したウイルスを失活させる効果がないからです。

「タミフル(Tamiflu)」=
「オセルタミビル:Oseltamivir」

オセルタミビルに耐性を持つ
ウイルスも2004年頭頃から徐々に見られるようになり
ました。

2009年1月の調査では日本国内の
H1N1型への感染者のうちの90%以上から
耐性を持つインフルエンザウィルスが検出されています。

また、幼児・小児など免疫力が弱い者に
オセルタミビルを投与し続けた場合ウイルスの淘汰に時間がかかるため、
その間に体内のウイルスがオセルタミビルに対して耐性を持つとされています。

そのため小児への投与は慎重に行う必要があります。




2005年11月にFDAの小児諮問委員会で報告された際。

「タミフル」の全世界での使用量のうち
およそ75%を日本での使用が占めており、
世界各国のうちで最も多く使用されている上、
同2位のアメリカ合衆国と比べ、
子供への使用量は約13倍であった2005年には
、新型インフルエンザの発生懸念のため、
一部の大病院などで買い占めがおこりました。

世界的に品薄状態と報じられました。
また、原料であるシキミ酸を含む八角(トウシキミの果実)
の買占めすら懸念されました。

2006年に入ると、八角のような天然物ではなく、
石油など由来のより入手容易な化学物質を原料とした
リン酸オセルタミビルの化学合成法が
日本とアメリカ合衆国の2つの研究グループによって発表されました。

その後も安定供給をめざし、
複数のグループにより研究が行われています。




「タミフル(Tamiflu)」=「オセルタミビル:Oseltamivir」
に対する耐性「A型インフルエンザ」

他の抗ウイルス剤と同様に、オセルタミビルも乱用による
耐性ウイルスの出現が予想されました。

2004年の7月までの臨床試験の報告では。
大人0.33%、子供4.0%、合計1.26%に耐性ウイルスが確認されました。
この抵抗性はノイラミニダーゼの1つのアミノ酸残基の変異が原因
です。



「タミフル(Tamiflu)」=「オセルタミビル:Oseltamivir」
の耐性の研究歴史と疫学変数。

------------------------------
2004年
オセルタミビルに対して耐性を持ったH3N2の変異株が、
「タミフル」によって治療を受けた日本の子供たち50グループ中から
18%の割合で検出されたことが報告されました。

これは、日本の子供たちから耐性をもったH1N1の変異株が16.3%の割合
で見つかったという別の報告と類似しています。

この論文の著者は予想より高い抵抗性に対しいくつかの説を提唱しています。

子供の感染期間は大人より長いため、
ウイルスが耐性を獲得する十分な時間があった可能性がある。

技術の発達により検出率が向上した可能性がある。

日本の医療制度が他国のものと異なっており、
タミフルの投与量が最適量以下だった可能性がある。

さらに、「タミフル」によって治療を受けていた
ベトナムの少女1人から高い耐性を示すH5N1が検出されました。


2005年
de JongらはH5N1に感染した2人のベトナム人のウイルスの耐性の変化を研究
致しました。

他の6件と比較致しました。
その結果、症状の悪化に比例して
耐性が上がる可能性があることが明らかになりました。

さらに、「タミフル(Tamiflu)」=「オセルタミビル:Oseltamivir」
を最適量投与されても。
ウイルスの増殖を完全に抑えることは出来ず
、耐性ウイルスが出現した可能性があることも報告されました。

また、
個人がタミフルを備蓄することにより、
タミフルの不足とH5N1耐性株の出現が起こったのではないかと予想されました。


耐性はパンデミックが起こるための重要な要素です。
トリインフルエンザは持続期間が長いため、
より耐性を獲得しやすくなっている可能性があります。
このような耐性ウイルスが大流行を起こすことが危険視されています。


ノイラミニダーゼをコードしている遺伝子領域は非常に少ないのです。
ノイラミニダーゼの変異のバリエーションは多くはありません。
そのため、オセルタミビル耐性株は酵素機能を阻害することによって
抑制できるかもしれません。

ノイラミニダーゼの変化の割合は少ないため、
オセルタミビルとリザナミビルを使う上で2つの利点があります。


これらの薬剤は色々な種類のインフルエンザウイルスに有効である。
強い耐性を持った変異株が出現する可能性が低いとも考えられています。


オセルタミビルによって治療された子供たちから、
オセルタミビル耐性株が発見されました。

しかし、この耐性株はヒトからヒト、
もしくは鳥からヒトへ感染する株ではありませんでした。

2007年
日本の研究者はこれらの薬剤を使わなかった患者から、
ノイラミニダーゼ耐性B型インフルエンザウイルス
(neuraminidase-resistant Influenza B virus strain) を
1.7%の割合で発見致しました。

2008年、WHOはカナダのH1N1の81サンプルの内、
8つがオセルタミビルに対し耐性を持っていたことを発表致しました。

しかし、2008年1月には「タミフル」使用量の少ない
ノルウェーから75%の割合でオセルタミビル耐性ウイルスの
発見が報告されています。

よって今現在では。
「タミフル(Tamiflu)」=「オセルタミビル:Oseltamivir」使用量と
耐性ウィルスの出現の因果関係は明らかではない
と考えられています。


2009年
WHOは、2008年12月28時点の集計として
、Aソ連型オセルタミビル耐性ウイルス検出の報告を、
日本 14検体中13検体、
イギリス 14検体中13検体、
ガーナ 1検体中1例、
カナダ 1検体中1例、
イスラエル 1検体中1例、
ノルウェー 1検体中1例で、

全世界では33検体中30検体から耐性ウイルスが検出されたとしています。
------------------------------











日本臨床内科医会インフルエンザ研究班では、
「2008/2009年シーズンの抗インフルエンザ薬治療指針(私案)」
を策定し示しています。

------------------------------

その要旨は、
1・
現時点では混在型で流行しており、
オセルタミビル耐性H1N1の流行が否定的な場合は
「タミフル」も使用可能としする。

2・
オセルタミビル耐性H1N1の流行が確認された
場合は「リレンザ」が望ましいとしています。
------------------------------























2・
「リレンザ・Relenza」=
「ザナミビル ・Zanamivir」は。


世界で最初に開発されたインフルエンザ治療薬なのです。

ザナミビル水和物としてグラクソ・スミスクライン社により
商品名「リレンザ」が販売されています。

A型インフルエンザウイルス、B型インフルエンザウイルスに効果を示します。
C型インフルエンザウイルスには無効です。


「リレンザ・Relenza」=「ザナミビル ・Zanamivir」は。
ノイラミニダーゼ (NA) と呼ばれる酵素によりウイルスが
感染細胞表面から遊離することを阻害致します。

他の細胞への感染・増殖を抑制到します。

そのため、ノイラミニダーゼを持たない
C型インフルエンザウイルスには無効なのです。

インフルエンザウイルスの増殖を抑制する作用を持つ薬剤であるため、
感染初期(発症後48時間以内)における治療開始が有効
とされています。

インフルエンザ症状が発症後48時間以降に治療を開始した際の
有用性は確立されていません。

同様の作用機序を持つ薬剤として
上記の「タミフル(Tamiflu)」=「オセルタミビル:Oseltamivir」
オセルタミビル(リン酸オセルタミビル、タミフル)があります。

経口での絶対的生物学的利用能が2%程度と低いため、
経口投与はできず、非経口経路投与に限られます。

そのため、リレンザはザナミビル水和物ドライパウダーを
吸入投与して用いられます。
インフルエンザウイルスは、主に上気道より感染し、
ウイルスは増殖し、発症到します。

リレンザは、薬物を吸入法により使用するため、
薬物が迅速に上気道に到達到します。
そのため、経口投与する薬剤よりも即効性があります。

同剤は「ディスクへラー」という専用の吸入器によって
吸入投与到します。

吸入投与法が一般的に、小児、高齢者には難しいです。

そのため、簡単に経口投与できるタミフルの発売後、
ノイラミニダーゼ阻害薬におけるリレンザのシェアが
激減致しました。

ところが2006年 - 2007年のインフルエンザシーズンにおいて
タミフル投与例での異常行動が世間の注目を浴びたこと
(薬剤との因果関係は不明。)により、
「リレンザ・Relenza」=「ザナミビル ・Zanamivir」が
見直されることになりました。

2008年-2009年の
季節性インフルエンザシーズンにおいて
オセルタミビルの耐性ウイルスの出現により、
リレンザの使用量は、前シーズンより大幅に増大致しました。



「リレンザ・Relenza」=「ザナミビル ・Zanamivir」の歴史
------------------------------
1989年 - オーストラリアのビオタ(Biota)社が、
初めてのノイラミニダーゼ阻害薬としてザナミビルを開発

1990年 - ビオタ社がグラクソ(現在のグラクソ・スミスクライン)
に独占的にライセンス提供し、リレンザとして販売

2000年12月 - 日本でリレンザが健康保険給付対象外のまま発売

2006年2月 - 日本で5歳以上の小児へ適応が承認

2007年1月 - 日本でタミフルと同様にインフルエンザに対する予防投与が認可
されました。

------------------------------









「続きを読む」
posted by rosachea at 22:46| 東京 🌁| 美容・コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

レーザーで評判の山本クリニック美容外科世田谷山本博昭先生の相談掲示板の入室ホームページ

posted by rosachea at 16:15| 東京 ☀| 美容・コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

顔・眼・眼の奥・鼻の奥・歯の痛みでさまざな病院を受診したが原因不明で診断がつかない。顔・眼・眼の奥・鼻の奥・歯のペインクリニック・脳神経外科評判の山本クリニック世田谷東京脳神経外科専門医の山本博昭 先生に御願い致します。




はじめまして。
突然メール申し訳ありません。

掲示板が閉鎖していたためメール送らせていただきました。

私は名古屋に住む25歳の女性です。

5年ほど前から原因不明の顔面痛で悩んでいます。

もともと畜濃から一方の頬だけ顔面痛があり、そのあと畜濃がなおっても
痛みは消えず、歯科にいき上おやしらずを抜いても痛みはとれず
精神科にいき、抗うつ薬や鎮痛剤をのんでもまったくなおりませんでした。
脳のMRIをとっても異常はみられないとのことで
原因がまったくわからない状態です。


そのあと麻酔科にいき、レーザー治療もしましたがだめで
最近までは痛みセンターという痛み専門のところに通い
鍼治療や神経をブロックする注射をうちましたが
それでもなおりません。


畜濃になったころからずっと痛みは慢性化していて
毎日痛みがあるのでつらい思いをしております。
最初片方だったものがいつのまにか両頬が痛いようになってきています。


少しでもなにか解決法がありましたらぜひお忙しいとはおもいますが
教えていただけないでしょうか?

そちらでもなおせるようでしたら、ぜひそちらのクリニックへ
行かせて頂きたいとおもっております。

すみませんが、宜しくお願いいたします。


Tuesday, September 01, 2009 2:09 PM


------------------------------


山本クリニック世田谷
山本博昭先生(脳神経外科専門医)

の公式ホームページ








下記に順を追って御回答致します。
まず。

「御回答」を★「1・」★「2・」
と「2とおり」の「御回答形式」にて「御回答」到しました。
「御相談者」にわかりやすい「御回答形式」のほうを
お読みいただけますか。



山本クリニック世田谷
山本博昭先生(脳神経外科専門医)

の公式ホームページ







★「1・」


御相談者の御相談内容要旨御記載の
この
「症状・症候」は
典型的な
「Greenfield Sluder:グリーンフイールド・スルーダー」
により1908に報告された
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」
という「病態」の「症状・症候」
です。


「もともと畜濃から一方の頬だけ顔面痛があり、そのあと畜濃がなおっても
痛みは消えず、歯科にいき上おやしらずを抜いても痛みはとれず
精神科にいき、抗うつ薬や鎮痛剤をのんでもまったくなおりませんでした。
脳のMRIをとっても異常はみられないとのことで
原因がまったくわからない状態です。 」
との事です。

「何だか分らないけど痛い」という「御表現」
は。


「実はもっとも現実的かつ適格」な「疼痛系の「病態」」
の「病態概念」を「表現するもの」として。
「まさにそのとおりである」のです。

まことに
「「疼痛」の「症状・症候」」に悩まれる患者さん
であるがゆえに御表現が「可能」な
「御相談」です。

感服致しました。



「少しでもなにか解決法がありましたらぜひお忙しいとはおもいますが
教えていただけないでしょうか?」

=>

まず
御相談者の「病態概念」について
簡単にご説明致します。

御相談者の御相談内容要旨御記載からは
この「疼痛系の「病態」」は。

典型的な
「顔面片頭痛」(「スルーダー」*)あるいは
「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」あるいは
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」あるいは
「翼口蓋神経痛:よくこうがい神経痛:spheno-palatine neuralgia」
と呼称される「病態」です。



「典型的な・」です。

「脳神経外科専門医」はよく
「スルーダー」と「よびすて」に到します。

(*以下
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」=
「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder*」
で統一させていただきます)

山本クリニック世田谷
山本博昭先生(脳神経外科専門医)

の公式ホームページ







さて
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」=
「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」は。

「Sluder:1908」により始めて報告された「頭蓋顔面痛症候群」
の最初の論文*に由来到します。


* 「Greenfield Sluder:グリーンフイールド・スルーダー」
(American ear, nose, and throat surgeon,
born August 30, 1865, St. Louis;
died October 9, 1928, St. Louis.)

ちなみに[合衆国(USA)」では
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」=
「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」
を.
------------------------------
1・
Meckel's ganglion neuralgia*
(*本邦の「翼口蓋神経痛:
よくこうがい神経痛:spheno-palatine neuralgia」
という表現とは異なり
「メッケル神経節神経痛」(本邦ではこの呼称は用いられません)
2・
Sluder's disease:スルーダー病
3・
Sluder's headache:スルーダー頭痛
4・
Sluder's neuralgia:スルーダー神経痛

------------------------------
と呼称到します([合衆国(USA)」)。



山本クリニック世田谷
山本博昭先生(脳神経外科専門医)

の公式ホームページ












「Sluder*:1908」の論文には
次のような記載があります。




------------------------------
「Greenfield Sluder:グリーンフイールド・スルーダー」
の「1908論文」*より引用。


「「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」=
「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」
とは。

「内上顎動脈」の血管拡張を原因とする
「翼口蓋神経節:よくこうがい神経節:よくこうがいしんけいせつ」
の「障害」に由来する「非特異的な顔面神経痛」である。

副鼻腔の感染症に続発する「頭痛症候群」として特徴づけられる。
30台前後の「御婦人」に好発する。
「症状・症候」として通常は「片側」である。、
とう疼痛の部位は上顎部・歯・耳・乳様突起・
耳介耳介部・鼻の付け根・頬骨弓の下(ほおぼねの下)
に疼に疼痛が発生する。
通常は口蓋の違和感や味覚障害・くしゃみ・鼻閉塞感を
伴う。

疼痛は「分単位」「時間単位」のものもあれば「何日も持続」
することもある。

解剖学的な「画像診断」で「診断」しうる「範疇(はんちゅう)」
の「病態概念」では全くないことに留意すべきである。」
と記載されています。

------------------------------
*上記の原文は「以下」のどおりです。

Greenfield Sluder1:1908
より「引用」致しました。

Description:
Atypical facial neuralgia in damages of
the sphenopalatine ganglion
probably due to vasodilatation of the
internal maxillary artery.
It is a headache syndrome characterised by
neuralgia which is often preceded
by infection of nasal sinuses.
Occurs most commonly in females
after the age of 30 years.
The pain is usually unilateral, involving the maxilla,
teeth, ear, mastoid, auricular area,
the base of the nose,
and the area beneath the zygoma,
usually in association with
itching in the palate,
peculiar sense of taste,
sneezing, and nasal congestion.
Attack lasts minutes, hours, or days.

Writers disagree whether
this is an autonomous entity.

------------------------------

山本クリニック世田谷
山本博昭先生(脳神経外科専門医)

の公式ホームページ








「もともと畜濃から一方の頬だけ顔面痛があり、そのあと畜濃がなおっても
痛みは消えず、歯科にいき上おやしらずを抜いても痛みはとれず
精神科にいき、抗うつ薬や鎮痛剤をのんでもまったくなおりませんでした。
脳のMRIをとっても異常はみられないとのことで
原因がまったくわからない状態です。


そのあと麻酔科にいき、レーザー治療もしましたがだめで
最近までは痛みセンターという痛み専門のところに通い
鍼治療や神経をブロックする注射をうちましたが
それでもなおりません。」
=>

御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「御受け持ちの先生方」も一生懸命でいらっしゃることがよくわかります。
けれども
「御相談者」の「病態」が診断されていません。

「Greenfield Sluder:グリーンフイールド・スルーダー」
が「いみじくも記載したように」。

=>
「「解剖学的に目で見える病気ではない」
だから
「画像診断」に写らないものを「問題ないと」言われてしまう
から注意が必要である。」
の「文字通り」になり。

「御相談者」は「苦しまれています」。

「御受け持ちの先生」も一生懸命でいらっしゃることがよくわかります。
けれども
御相談者の御相談内容要旨御記載からは。

「診断レベル」で頓挫して「「診断病名」確立不能」の
「御状態」で「治療戦略」をたてられているわけではありません。



山本クリニック世田谷
山本博昭先生(脳神経外科専門医)

の公式ホームページ













「少しでもなにか解決法がありましたらぜひお忙しいとはおもいますが
教えていただけないでしょうか?

そちらでもなおせるようでしたら、ぜひそちらのクリニックへ
行かせて頂きたいとおもっております。

すみませんが、宜しくお願いいたします。」
との事です。



「少しでもなにか解決法がありましたらぜひお忙しいとはおもいますが
教えていただけないでしょうか?」
に関しましては。

御相談者の御相談内容要旨御記載からは
典型的な「Greenfield Sluder:グリーンフイールド・スルーダー」

「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」=
「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」
である・しかも「典型的である」ことを
上記「御回答」致しました。



山本クリニック世田谷
山本博昭先生(脳神経外科専門医)

の公式ホームページ










「そちらでもなおせるようでしたら、ぜひそちらのクリニックへ
行かせて頂きたいとおもっております。

すみませんが、宜しくお願いいたします。」
との事ですが

これは


「痛みを失くすことはできるのでしょうか?」
という「御相談」と解釈させていただきます。

=>

「できます」。



けれども
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」=
「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」の
場合は
「顔面片頭痛」(「スルーダー」)は「
頭痛系の疾患」であり。

「機能性頭痛」でありかつ「複合病態」である。


すなわち
------------------------------
1・
ほぼ全例が
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
をもち。

2・
「反復性上気道感染」=
口腔内細菌感染・或いは
「上気道感染」(「咽頭炎」・「喉頭炎」・「副鼻腔炎」など)」
の「反復」

を「御既往」あるいは「現在進行形」
でもたれていることから。

------------------------------


「この「2つ」の複合」に対する「治療戦略」
を展開する必要があります。



山本クリニック世田谷
山本博昭先生(脳神経外科専門医)

の公式ホームページ









上記いたしましたように。

「Greenfield Sluder:グリーンフイールド・スルーダー」
の。
「顔面片頭痛」(「スルーダー」)は。

「顔面片頭痛」(「スルーダー」)=
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」=
「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」=
「翼口蓋神経痛:よくこうがい神経痛:spheno-palatine neuralgia」=
という「病態概念」の「名称」
をたくさんもっています。


(上述致しましたが。
[合衆国(USA)」では。
[合衆国(USA)」では
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」=
「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」
を.
------------------------------
1・
Meckel's ganglion neuralgia*
(*本邦の「翼口蓋神経痛:
よくこうがい神経痛:spheno-palatine neuralgia」
という表現とは異なり
「メッケル神経節神経痛」(本邦ではこの呼称は用いられません)
2・
Sluder's disease:スルーダー病
3・
Sluder's headache:スルーダー頭痛
4・
Sluder's neuralgia:スルーダー神経痛

------------------------------
と呼称到します([合衆国(USA)」)。)



「Sluder:1908」により始めて報告された「頭蓋顔面痛症候群」
ですが。

このように「たくさんの「病態概念」の「名称」」を
もつ「疼痛系の「病態」」は。




歴史的に多くの「疼痛系の「病態」」を専門とする
かたがたにより「おのおのの解釈」をされてきました
から。



「何だか分らないけど痛い」という「御表現」
が。

「実はもっとも現実的かつ適格」な「疼痛系の「病態」」
の「病態概念」を「表現するもの」として。
「まさにそのとおりである」といえるのです。



山本クリニック世田谷
山本博昭先生(脳神経外科専門医)

の公式ホームページ









「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」は。
「頭痛系の疾患」で「機能性頭痛」でありかつ「複合病態」です。
その
現実的側面からは「2type:2タイプ」
に分類されます。

「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」の患者さんは
概ね「2つのタイプ」に分類されます。
------------------------------

1・「歯科口腔外科専門医先生」の「治療」を受けられて劇症化する「タイプ」

2・「歯科口腔外科専門医先生」の「治療」を受けられても劇症化しない「タイプ」
の「2つ」です。

------------------------------
これはきわめて重要なことです。



「畜濃から一方の頬だけ顔面痛があり、そのあと畜濃がなおっても
痛みは消えず、歯科にいき上おやしらずを抜いても痛みはとれず」
で。
「歯科口腔外科専門医先生」の施術でなにごともおきずに。
本当に宜しかったです。

「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」の
患者さんは概ね「2つのタイプ」に分類されるなかで。
「御相談者」は
「2・「歯科口腔外科専門医先生」の「治療」を受けられても劇症化しない「タイプ」」

該当到します。


ps1をを御参照頂けますか。


山本クリニック世田谷
山本博昭先生(脳神経外科専門医)

の公式ホームページ
















御相談者の御相談内容要旨御記載からは
典型的な
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」=
「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」
です。



「顔面片頭痛」(「スルーダー」*)です。
(*以下
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」=
「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」
で統一させていただきます)




「痛みを失くすことはできるのでしょうか?」
=>
「できます」。

けれども
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」の
場合は
「顔面片頭痛」(「スルーダー」)は「頭痛系の疾患」で
「機能性頭痛」でありかつ「複合病態」である。

------------------------------
1・
ほぼ全例が
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
をもち。
2・
「反復性上気道感染」=
口腔内細菌感染・或いは「上気道感染」
(「咽頭炎」・「喉頭炎」・「副鼻腔炎」など)」
の「反復」
を「御既往」あるいは「現在進行形」
でもたれていることから。
------------------------------
「この「2つ」の複合」に対する「治療戦略」
を展開する必要があります。



これをまっとうするには
「機能性末梢神経障害」による「病態」」の相当の「御経験」のある
「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」
でなければ不可能です。


しっかり治されるためには。「機能性末梢神経障害」にお強い
「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生
を御受診されるのが宜しいと考えます。

但し「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」でも
「機能性末梢神経障害」に苦手な先生もいらっしゃいます。

「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」など。

全く「病態名称」すらちんぷんかんぷんなこともあります。

このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

山本クリニック世田谷
山本博昭先生(脳神経外科専門医)

の公式ホームページ








★「2・」
「1・」を簡明にしたものです。



御相談者は典型的な
「顔面片頭痛」(「スルーダー」)=
「「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」=
「翼口蓋神経痛:よくこうがい神経痛:spheno-palatine neuralgia」=
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」
です。

「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」=
「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」
とは
[合衆国(USA)」の「頭頚科外科医」である
「Greenfield Sluder:グリーンフイールド・スルーダー」
「Sluder:1908」により「1908」に始めて報告された「頭蓋顔面痛症候群」
であり。

「三叉神経痛」と実によく間違われます。
あるいは
「非定型顔面痛」(このような名称の顔面痛はありません)
とも間違われることも特徴です。


「発生部位」は
「口腔内」「鼻腔(びくう)」「眼窩」「後方乳様突起」などの
いわゆる「歯科口腔外科専門医先生」或いは「耳鼻科専門医先生」
の「領域」です。

「圧迫感」或いは「疼痛」として発生するこの「病態」は
「「翼口蓋神経節:よくこうがい神経節:spheno-palatine ganglion」
への上顎動脈の拡張による
「圧迫刺激」によると考えられています。

そして
刺激の原因としては
「蝶形骨:ちょうけいこつ」或いは
「後篩骨洞:こうしこつどう」の
「2次感染」或いは「「鼻腔(びくう)」内変形」
が原因とされています。


お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。
正診断率の大変低い「機能性疼痛の「「病態」」」で御座います。

幼小児期に「副鼻腔炎」を反復されていたり「反復性上気道感染」
の「御既往」のあるかたに
出現することが多いものです。



しっかり治されるためには。「機能性末梢神経障害」にお強い
「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生
を御受診されるのが宜しいと考えます。

但し「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」でも
「機能性末梢神経障害」に苦手な先生もいらっしゃいます。

「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」など.
全く「病態名称」すらちんぷんかんぷんなこともあります。

このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。


山本クリニック世田谷
山本博昭先生(脳神経外科専門医)

の公式ホームページ


















山本クリニック世田谷
山本博昭先生(脳神経外科専門医)

の公式ホームページ







上記。
「御回答」を★「1・」★「2・」
と「2とおり」の「御回答形式」にて「御回答」到しました。
「御相談者」にわかりやすい「御回答形式」のほうを
お読みいただけますか。






ps
山本クリニックの旧脳神経外科・神経内科相談掲示板
2003/7/23-2009/02/25
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html

「過去の御相談と御回答」から


ps1に
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」に関する
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
の「過去の御相談と御回答」を。


ps2

「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」でも
とりわけて悲惨である
「抜歯後症候群:ばっしごしょうこうぐん」に関する
「過去の御相談と御回答」
を。

URLで「補足」到します。
御参考になれば何よりです。

なお
念のためps3
山本クリニック世田谷山本博昭(脳神経外科専門医)
「御初診のしおり」を
記載到します。



山本クリニック世田谷
山本博昭先生(脳神経外科専門医)

の公式ホームページ










ps1
山本クリニックの旧脳神経外科・神経内科相談掲示板
2003/7/23-2009/02/25
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」から


現在、舌咽神経痛で苦しんでます。
[2] [2008年12月 7日 18時13分40秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/551249041528539.html

2年前におたふく。そのころから左頬一部に違和感があります。
[2] [2007年 5月13日 15時39分23秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/960068299275921.html

「逆流性食道炎」といわれた慢性的な喉と舌の痛み
[2] [2008年 1月18日 18時56分49秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/0883631029437346.html



ps2

山本クリニックの旧脳神経外科・神経内科相談掲示板
2003/7/23-2009/02/25
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html の「過去の御相談と御回答」から

緊張型頭痛と抜歯後の疼痛
[2] [2005年 4月27日 19時58分42秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/921498984637768.html

緊張型頭痛の抜歯後症候群
[2] [2005年 6月10日 18時45分 7秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/51379643690689.html

母、64歳。数年前以来の抜歯後の下顎の痛み
[2] [2006年 3月12日 10時18分35秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/667334235812636.html





山本クリニック世田谷
山本博昭先生(脳神経外科専門医)

の公式ホームページ














なお
念のためps3
山本クリニック世田谷山本博昭(脳神経外科専門医)
「御初診のしおり」を
記載到します。


ps3
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
脳神経外科

初診ps

当院は「自由診療」であり
「保険診療」は一切行いません。

けれどもおすし屋さんではないですから
「時価」というわけではなくすべからく「保険診療」
の値段に換算して「40%」を掛け算して「御費用」
を頂くようにしています。

なお「御初診」の最初の日には
「御身元」の確認できえうもの
「運転免許証」「身分証明書」「パスポート」
「保険証」(用いません)をお持ちいただき
「診療録:カルテ」の「御身元」に間違いのないように
させて頂きます。


ps0
+++++
いたみ・めまい・「感覚障害・知覚障害」の
患者さんの初診の場合。

脳神経外科・神経内科・ペインクリニックでは
「臨床神経診断学」を駆使致します。
「初診の患者さん」の「初診日」は
「おおむね20過程」より構成されています。

1・-17・までの間に「1時間半」は院内
でおあずかり致します。

順番がきて診療が始まってから
「1時間半」は院内
でおあずかり致します。

この間看護婦「5名」及び看護助手1名
が私の診療を介助致します。



「初診の患者さん」はまず
1・問診
2・「尿一般・尿沈査検査」
3・血圧
4・胸部X線撮影
から始めて。
5・「臨床神経診断学」(「症状・症候」が明確な事が
多いものですからものすごいスピードでいきます)
6・改めて今現在内服中のおくすりがあれば
コピー。
7・「神経ブロック」
(「神経ブロック」といっても
「星状神経節ブロック(SGB)」は全く「効果」がありません)

8・打聴診
9・胸部X線撮影の御説明
10・1・-9・までの間に家族歴を伺います。
11・「臨床血液検査」「甲状腺機能」「ヘルペス抗体価」
「ピロリ菌:helicobavter pilorii」の「採血」
12・11と同時に
細胞外液の「補液・輸液(点滴静v脈注射のこと)療法」
(ラクテック+vb2+vb6+b12)
をおこないます。


13.12の間にラウンド(回診)
14・お帰りになる前に
さらに問診と「次回の御予約」
15・お帰りと御予約ノート確認
16・受付で「おくすり」のお渡し+「薬剤情報」
のおわたし。
17・その他の
「おおむね20過程」より構成されています。

1・-17・までの間に「1時間半」は
お時間を頂戴して院内
でおあずかり致します。

この間看護婦「5名」及び看護助手1名
が私の診療を介助致します。





+++++


山本クリニック世田谷
山本博昭先生(脳神経外科専門医)

の公式ホームページ









ps1
御来院の方法について。
*1
++++
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線(けいおうせん)(新宿-八王子を結ぶ私鉄)
芦花公園(ろかこうえん)駅(各駅停車しかとまりません)の
北口に降りられましたらば。

北口駅前に「ありま」というカフエと「お蕎麦屋さん」のある
商店街を北に「30m」お進み下さい。

セブンイレブンと本屋さんのある交差点にでます。


ここが甲州街道旧道交差点です
(行き過ぎて甲州街道新道にいかれませんにょうに)。
ここから西をみると道路の北側に面して茶色の「6階建ての山本クリニックビル」
がもう見えます。

この交差点を「左に曲がり」「西に30m」いかれると「到着です」。
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)
の1−2階(300u)が病院です。

病院前の道路をはさんで正面=「反対側」に
専用駐車場があります。
道路の対側にはブルーのトタン屋根の物置と専用駐車場があります。
(道路の「はすかい」に「犬猫病院」が御座います。)

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車徒歩1分・旧甲州街道沿い
で道路の北側に面しています。


地図
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/5-map.html



http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


*2
新宿駅から京王線で当院までお越しの患者さんの場合
は下記を御参照下さい。

東京駅から新宿駅までおこしください。
新宿駅では私鉄の京王線
http://www.keio.co.jp/traffic/train/jikoku/jikoku050325/index.htmlで京王線芦花公園(ろかこうえん)駅の
「北口」で降りられて下さい。

各駅停車しかとまりません。

北口をおりられてから「北西」の方向直線距離100mの
ところに山本クリニックが御座います。
けれども他のかたのおうちをよこぎるわけにはいきませんから。

北口をおりられて北口商店街を30m北に進んでください。

そこでセブンイレクンと本屋さんのある交差点が「旧甲州街道」です。
ここを「西に」(左折する)と東西にはしる「旧甲州街道」の北側に面している
茶色の「6階建て」ビルが目に入ると思います。

これが山本クリニックビルです。

左折されて(「旧甲州街道」を西に向かわれて)30m西にいくと
山本クリニックです(勿論看板はでています)。
道路の反対側には専用駐車場があります。

山本クリニックの手前には小さなマーケットアーケード
があり自動販売機が
並んでいます。

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/10-p.htmlの真ん中の写真を御参考にされて下さい。







山本クリニック世田谷
山本博昭先生(脳神経外科専門医)

の公式ホームページ







ps2
御予約について
++++++
完全予約制です。
朝9:00−正午までが「脳神経外科専門医」としての患者さん
を拝見いたします。
他の御施設より1時間早く11:00ー正午までが昼休みです。

勿論昼休みでも医療事務・受付嬢は常に電話に対応しています。


正午ー2;00弱までが形成外科・レーザー外科手術時間帯。
2時pmから再び「脳神経外科専門医」の時間に戻ります。

日曜・木様が休診日で御座います。
祝日は木曜日と重ならないときのみ診療を「休日体制」
としてご予約すみの患者さんのみ診療を
いたしていることが多いです。

++++++
「御遠方」からの患者さんの場合。
「神経ブロック」
(「神経ブロック」といっても
「星状神経節ブロック(SGB)」は全く「効果」がありません)

による「ペインクリニック」の「治療戦略」を
とるので。

「御遠方」からの患者さんの場合
1・関西以西に準ずる患者さんの場合
(月曜日)(火曜日)(水曜日)(金曜日)(土曜日)
と上京宿泊していただき毎日通院されるという
スケジュールを立てていただきます。
2・関西よりもお近くの「御遠方」の患者さんの
場合
(月曜日)(火曜日)(水曜日)
と上京宿泊していただき毎日通院されるという
スケジュールを立てていただきます。
-------------------------------

山本クリニック世田谷
山本博昭先生(脳神経外科専門医)

の公式ホームページ











Wednesday, September 02, 2009 10:092PM






「続きを読む」
posted by rosachea at 22:05| 東京 ☀| 美容・コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

目頭切開失敗の傷痕で悩んでいます。目頭切開失敗の傷痕のレーザーで評判の山本クリニック形成外科美容外科世田谷 山本博昭先生から。目頭切開失敗の傷痕の真摯で暖かい山本先生の施術を受けたいです。決断致しました。38歳女性・盛岡在住。盛岡から週一回通院可能です。







お名前:

高度先進医療の山本クリニック美容外科世田谷

公式ホームページ

URL




レーザーで評判の
山本クリニック美容外科世田谷山本博昭先生の

公式ホームページ











目頭切開で失敗。目頭切開のきずあと。目頭切開傷痕レーザー・レーザー治療・レーザー外科。
目頭切開傷痕レーザー・レーザー治療・レーザー外科レーザーで評判の
山本クリニック世田谷の美容外科山本博昭 先生のレーザー







山本クリニック公式ホームページ
からとぶ






山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板のURLは
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html







★★★<=目頭切開傷痕レーザー・レーザー治療・レーザー外科





新規形成外科・美容外科相談掲示板はこちらから
どうぞ。
http://www.clinicayamamoto.com/list_B.php



















レーザーで評判の
山本クリニック美容外科世田谷山本博昭先生の

公式ホームページ











これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判ります。


1・年齢 2・性別の御記載が無く御回答限界でもあるのです。
けれども「可能な範囲内で」御回答を試みます。




++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

傷を「きれいに」消すか直すのが「昔の言葉で「美容整形」」
ですね。

「美容整形」だと「整形外科」になってしまうので
「美容外科」というカテゴリーで呼称されるようになり
もうすぐ40年になります。

けれども「傷痕」にはメスをいれてはいけない「傷痕」
もあります。
「内眼角形成術」(通称目頭切開)術後の「トラブル」の傷痕
など最たるものです。
間違っても「内眼角形成術」(通称目頭切開)の傷痕に。
形成外科再縫合を.「メス」をいれてはいけません。

=>
この場合は
超高性能Qスイッチレーザーによる
「レーザー光照射」で
「レーザー・リサーフエシング」=
「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」
を行います。



美容外科とりわけ
「レーザー外科専門医」(この名称の専門医はありません)
の世界では。
「#3・#4の状態」を「精密に診断して」
「1ミクロン=1000分の1mm」の単位で「立体的な設計図」
を作ります。
この設計図は施術する医師の頭の中にあります。

**
よく「写真をみせてほしい」という患者さんが
いらっしゃいます。
=>
設計図は今現在の御回答のように文章にしたり
あるいは「イラスト」或は「写真」に
置換えられるものでは到底ありえません。

たまたま美容外科のwebサイトに出ているような
術前・術後の写真は。
=>
「「1ミクロン=1000分の1mm」の単位で「立体的な設計図」
を作ります。
この設計図は施術する医師の頭の中にあります。」
ではありません。

美容外科のwebサイトに出ているような
術前・術後の写真は
美容外科施術で最も重要な「途中過程」の
「立体的な設計図」を「なんら伝達していません」。

超高性能Qスイッチレーザーを用いた
「傷痕レーザー外科」=
「レーザー・リサーフエシング」=
「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」*
の場合はこの設計図は。
=>
「レーザー光照射」の間にも変わりまた「レーザー光照射」を
する日によっても精密に異なります。
=>
だから
この「立体的な設計図」は「3次元」ではなく「4次元」
の設計図なのです。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++


「rejuvenation;リジュベネーション」という
難解な用語に慣れられて下さい。
御回答の中でも御説明致します。
=>


「rejuvenation;リジュベネーション」とは。
「re」=「再び」 「juven」=「若く・新鮮に」 「ation」=「しましょう」
という意味です。「再び・元通りに・しましょう」という意味です。










レーザーで評判の
山本クリニック美容外科世田谷山本博昭先生の

公式ホームページ












#1
##1
「こんにちは。
質問をお願いいたします。
以前他院で目頭切開をし、切られすぎ、尖ってきつい目になってしまいました。
現在は既婚のため修正手術を受けることができません。
でも色々調べたところ、レーザーで目頭を少し戻して丸くすることができるとあったのですが、
貴院でもその様な治療を行なっていますでしょうか?

ご返事よろしくお願い致します。」
との事です。












レーザーで評判の
山本クリニック美容外科世田谷山本博昭先生の

公式ホームページ















#2
##1
傷を「きれいに」消すか直すのが「昔の言葉で「美容整形」」
ですね。

##2
「美容整形」だと「整形外科」になってしまうので
「美容外科」というカテゴリーで呼称されるようになり
もうすぐ30年になります。

##3
けれども「傷痕」にはメスをいれてはいけない「傷痕」
もあります。
「内眼角形成術」(通称目頭切開)術後の傷痕など
最たるものです。

##4
この場合は
超高性能Qスイッチレーザーによる
「レーザー光照射」で
「レーザー・リサーフエシング」=
「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」
を行います。

##5
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」のなかでも
とりわけ
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
は「Qスイッチ」の性能が極めて高く設定可能であり
「QスイッチNd・YAGレーザー(
Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」

「傷痕レーザー外科」の
「レーザー光照射装置」としては「独壇場」です。






レーザーで評判の
山本クリニック美容外科世田谷山本博昭先生の

公式ホームページ


















#3
##1
「以前他院で目頭切開をし、切られすぎ、尖ってきつい目になってしまいました。
現在は既婚のため修正手術を受けることができません。
でも色々調べたところ、レーザーで目頭を少し戻して丸くすることができるとあったのですが、・略・」
との事です。

##2
「傷痕」は「点」或は「線」から構成されています。

##3
これが美容外科の「傷痕」の「「治療戦略」の「根源」です。

##4
すなわち「傷痕」を「傷痕」全体の形態を見失わずに
かつ実際の施術の場合は「傷痕」を構成する
「点」或は「線」を見据えます。









#4
#3をもう一度。
##1
「傷痕」は「点」或は「線」から構成されています。

##2
##1の「「点」或は「線」」は「隆起している場合」「陥没している場合」
があります。

##3
##1の「「点」或は「線」」は「色素沈着がある場合」或は
膠原線維が透けて見える「白い場合」或は「周囲と同色」
のことがあります。

##4
##1の「「点」或は「線」」は「大きい場合」と「小さい場合」
が御座います。


##5
そして「傷痕」には
「御顔」の皮膚はとりわけ「形状記憶性」「色調記憶性」が強い
という特徴があり「傷痕」を「正常皮膚構造」とみなして
ターンオーバーを繰り返す特性があります。
















レーザーで評判の
山本クリニック美容外科世田谷山本博昭先生の

公式ホームページ








#5
##1
「切られすぎ、尖ってきつい目になってしまいました。
現在は既婚のため修正手術を受けることができません。」
との事です。

##2
「「内眼角形成術」(通称目頭切開)の傷跡は凹んでいますでしょうか?」
=>
#4##2の
「##2
##1の「「点」或は「線」」は「隆起している場合」「陥没している場合」
があります。」
の陥没性の「病態」。

##3
「白くつるつるで光を反射するような感じで目立ちますでしょうか?」
=>
#4##3の
「##3
##1の「「点」或は「線」」は「色素沈着がある場合」或は
膠原線維が透けて見える「白い場合」或は「周囲と同色」
のことがあります。」の
「膠原線維が透けて見える「白い場合」」
の「病態」















レーザーで評判の
山本クリニック美容外科世田谷山本博昭先生の

公式ホームページ







#6
##1
美容外科とりわけ
「レーザー外科専門医」(この名称の専門医はありません)
の世界では。
「#3・#4の状態」を「精密に診断して」
「1ミクロン=1000分の1mm」の単位で「立体的な設計図」
を作ります。
この設計図は施術する医師の頭の中にあります。

##2
よく「写真をみせてほしい」という患者さんが
いらっしゃいます。
=>##3

##3
##1の設計図は今現在の御回答のように文章にしたり
あるいは「イラスト」或は「写真」に
置換えられるものでは到底ありえません。

##4
たまたま美容外科のwebサイトに出ているような
術前・術後の写真は。
=>
「「1ミクロン=1000分の1mm」の単位で「立体的な設計図」
を作ります。
この設計図は施術する医師の頭の中にあります。」
ではありません。

##5
##4では
美容外科施術で最も重要な「途中過程」の
「立体的な設計図」が「抜けています」。

##6
超高性能Qスイッチレーザーを用いた
「傷痕レーザー外科」=
「レーザー・リサーフエシング」=
「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」
の場合はこの設計図は。
=>##7

##7
「レーザー光照射」の間にも変わりまた「レーザー光照射」を
する日によっても精密に異なります。
=>
だから
この「立体的な設計図」は「3次元」ではなく「4次元」
の設計図なのです。

##8
たまたま美容外科のwebサイトに出ているような
術前・術後の写真は。
適切な表現が思い浮かばないのですが。
-------------------------------
1・
オリンピック種目のライフルの100m標的射撃で
射撃の前の「標的」と射撃のあとの「標的紙」を見せられても
選手の名前やその選手の
「うちかたの特徴」や「他の選手と異なるテクニック」
まではは伝わらないのと同じ。
2・
ジェット旅客機の「離陸前」と「着陸後」の写真を
みせられても「機長」の「フライト「テクニック」」は
伝わらないのと同じ。
-------------------------------















レーザーで評判の
山本クリニック美容外科世田谷山本博昭先生の

公式ホームページ




#7
##1
超高性能Qスイッチレーザーによる「傷痕レーザー外科」=
「レーザー・リサーフエシング」=
「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」
の場合。

##2
理論的には
###1
凹凸の凸のでっぱりは「凹ませれば」よいし。
###2
凹凸の凹は持ち上げればよいし。
###3
色素沈着沈着があれば「消すか皮膚と同色」にすればよいし。
###4
白い「傷痕」は「皮膚」と同色にすればよい。
###5
問題は「「治療戦略」の対象が大きすぎると」一度には
不可能ということ。

##3
##2を使用とすると
「レーザー光照射装置」を用いない場合は
須らくの治療「微小外科」技術を用いる上に。
手術用顕微鏡などを用いるなどの特徴が御座います。

##4
そして
メスをいれてはいけない「傷痕」の場合は。
「レーザー光照射」という「強力」な手段に移行が必要です。









レーザーで評判の
山本クリニック美容外科世田谷山本博昭先生の

公式ホームページ









#8
##1
レーザー外科・レーザー治療で用いる「レーザー光照射」
は「Qスイッチレーザー」であること。

すなわち
超高性能Qスイッチレーザーによる「レーザー光照射装置」
による「レーザー光照射」が必要なこと。
=>

##2
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」が必要なのは。
理由は
「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」=
「photo−ablation:フオト・アブレーション」*とは
「熱作用を用いず組織を再構築させるレーザー治療」

表皮を傷つけず「真皮形成」を行う必要があるから。

##3
*「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」=
「photo−ablation:フオト・アブレーション」
とは
「ablation:フオト・アブレーション」であり
「アブユレージョン:aburasion:剥奪」ではありません)

##4
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」のなかでも
とりわけ
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
は「Qスイッチ」の性能が極めて高く設定可能であり。
=>##5

##5
「QスイッチNd・YAGレーザー(
Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」

「傷痕レーザー外科」の
「レーザー光照射装置」としては「独壇場」です。





#9
##1
「御顔」の皮膚はとりわけ
「形状記憶性」「色調記憶性」が強いです。

##2
「色調記憶性」に関しては
場合によっては「黒」と「赤」の「2大色素沈着」に対して
「レーザー光照射」の「波長」を変えること。

##3
##2のためには「複数」の「レーザー光照射」を
「使いこなすこと」

##4
「白くつるつるで光を反射するような感じで目立ちます。」
は「表皮欠損:epithelial deficit」により
「表皮クロージング:epithelial closure」がないから
真皮が透けてみえること。

##4
けれどもレーザー光は「魔法の光」ではありません。

##5
「レーザー光照射」の「「レーザー光線」は「レーザービーム」
というけれどもこの直径が「赤ちゃんの髪の毛のように」
細いこと。

##6
以上を使いこなして「顔面皮膚」のレーザー外科・レーザー治療
は「レーザーフェイシアル」として
「信じられないパワー」を作り出します。*


*「レーザーフェイシアル」=「フエイシアルリサーフエシング系」を
難しいですが。
「レーザー・リサーフエシング」=
「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」と呼称致します。
正確には「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」と呼称。
俗称「フエイシアル」。

「rejuvenation;リジュベネーション」とは。
「re」=「再び」 「juven」=「若く・新鮮に」 「ation」=「しましょう」
という意味です。「再び・元通りに・しましょう」という意味です。





レーザーで評判の
山本クリニック美容外科世田谷山本博昭先生の

公式ホームページ

















#10
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載の
「内眼角形成術」(通称目頭切開)の
「傷痕」で苦労されるかたは多いものです。

##2
超高性能Qスイッチレーザーによる
「レーザー・リサーフエシング」=
「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」
が必要です。

##3
「色々調べたところ、レーザーで目頭を少し戻して丸くすることができるとあったのですが、
貴院でもその様な治療を行なっていますでしょうか?」
との事です。
=>##4

##4
今現在に東京 都 世田谷 区 山本クリニック美容外科に
超高性能Qスイッチレーザーによる
「傷痕レーザー外科」の「御遠方」方面の患者さんに。

##5
「御遠方」圏内から通院中の患者さんに時ならず
「御遠方」の「傷痕レーザー外科」につきお尋ねするのですが。
東京圏内に比較して
「傷痕レーザー外科」の「範疇(はんちゅう)」では。
「格段にレーザー・レーザー治療・レーザー外科の
「テクニック」と「レベル」が低い」ようです。

##6
今現在関西から御通院中の患者さんで
関西で美容外科医師をされているかたすら
いらっしゃいます。

##7
「御遠方」から御通院される患者さんは多いものです。
今現在国内で「御遠方」といえば
1・北海道網走西20km
2・九州宮崎県・鹿児島・沖縄
3・岩手県
が比較的国内では「御遠方」の患者さんです。

##8
「合衆国USA」或は豪州(オーストラリア)から
御通院されているかたが10名くらい今現在いらっしゃいます。
これらのかたは文字通り「御遠方」です。










レーザーで評判の
山本クリニック美容外科世田谷山本博昭先生の

公式ホームページ










#11
##1
お顔の美容外科はくれぐれも慎重に進路をおとり下さい。
本当にくれうれも慎重に進路をとられて下さい。

##2
美容外科で「内眼角形成術」(通称目頭切開)を行うに。
外科医どころか。
「半年ー1年前まで臨床医師ではない」先生が
具体的には
「俄仕立て」で美容外科医師に「化ける」ことも
稀ならず御座います。

##2
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

##3
「御遠方」から御通院の患者さんはとても多いです。
「初診のしおり」のようなものを
貼布致します。

##4
綺麗に治したいですね。








レーザーで評判の
山本クリニック美容外科世田谷山本博昭先生の

公式ホームページ













#12結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」のなかでも
とりわけ
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
は「Qスイッチ」の性能が極めて高く設定可能であり
「QスイッチNd・YAGレーザー(
Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」

「傷痕レーザー外科」の
「レーザー光照射装置」としては「独壇場」です。

##3
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」の「治療戦略」での。
「レーザーフェイシアル」ではどのような「傷痕」も
「元通りにできるはず」です。

##4
週一回(日)のペース=「golden pace:ゴールデン・ペース」=
「4分の一皮膚のターン・オーバー」で「レーザー光照射」
を続けます。
けれども回数は多ければ多いほど宜しいです。

##5
おかおの皮膚の「ターンオーバー(Tdと呼称)」の
「「生長解析」も重要。

##6
より各種の「レーザー光照射」装置が「医療用」であれば
よいのですが。

##7
御相談者にとられては
取り留めのない御回答かも知れません。

##8
或は
「御回答としては一般論で具体性がなく判り難い」
或は「判り安すぎる」御回答かもしれません。

##9
「レーザー光照射」による「レーザーフェイシアル」
のことを「お伝えしたい」と考えると
このような御回答になりました。

##10
御回答で難しい言葉も用い舞台裏の話も用いましたが
お顔の美容外科は何卒に慎重に進路をとられてくださいますように
と願ってのことです。

##11
綺麗に治したいですね。










レーザーで評判の
山本クリニック美容外科世田谷山本博昭先生の

公式ホームページ








ps1
*「御費用(消費税込み)」について
の内訳です。
++++++++++++++++++++

###1
「レーザー外科」の
術前の臨床血液検査・尿一般・尿沈査検査

###2
ポストレーザーキット(サンスクリーン(UVカット)をはじめ
5種類のポストレーザーの医療用お化粧品

###3
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置
によるレーザー治療の費用

###4
ポストレーザー後の内服薬
スカベンジャーといいますが
1)ユベラニコチネート(ユベラは売薬)
2)ビタミンc
です。
「ビタンミンE+ニコチン酸:ユベラニコチネート」
「ビタミンC+パントテン酸:シナール」

「スカベンジャー」として用います。


###5
「レーザー治療」後の補液・輸液(点滴静脈注射のこと)

###6
照射回(日)修了後のアフターチエック(ご希望あれば何回でも
何年先までも無料です)
の全てを含めての「御費用」です。


###7
「難易度の高い形成外科」或は「美容外科」全般
ということになります。
当然のことながら100%実費に
なります。

###8
形成外科・美容外科の場合はそのつど
施術終了後お帰りになるときに当日の「御費用」を
お払いいただくこととしています。

###9
クレジット・カード或はローンは取り扱っておりません。
申し訳ございません。

###10
なお「御初診」の最初の日には
「御身元」の確認できえうもの
「運転免許証」「身分証明書」「パスポート」
「保険証」(用いません)をお持ちいただき
「診療録:カルテ」の「御身元」に間違いのないように
させて頂きます。


++++++++++++++++++++








レーザーで評判の
山本クリニック美容外科世田谷山本博昭先生の

公式ホームページ







ps2
御来院の方法について。
*1
++++
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線(けいおうせん)(新宿-八王子を結ぶ私鉄)
芦花公園(ろかこうえん)駅(各駅停車しかとまりません)の
北口(北口しか出口はありません。駅の出口は1つです)
に降りられましたらば。

北口駅前に「ありま」というカフエと「お蕎麦屋さん」のある
商店街を北に「30m」お進み下さい。

セブンイレブンと本屋さんのある交差点にでます。


ここが甲州街道旧道交差点です
(行き過ぎて甲州街道新道にいかれませんにょうに)。
ここから西をみると道路の北側に面して茶色の「6階建ての山本クリニックビル」
がもう見えます。

この交差点を「左に曲がり」「西に30m」いかれると「到着です」。
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)
の1−2階(300u)が病院です。

病院前の道路をはさんで正面=「反対側」に
専用駐車場があります。
道路の対側にはブルーのトタン屋根の物置と専用駐車場があります。
(道路の「はすかい」に「犬猫病院」が御座います。)

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車徒歩1分・旧甲州街道沿い
で道路の北側に面しています。


地図http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/5-map.html



http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp









レーザーで評判の
山本クリニック美容外科世田谷山本博昭先生の

公式ホームページ





*2
新宿駅から京王線で当院までお越しの患者さんの場合
は下記を御参照下さい。

東京駅から新宿駅までおこしください。
新宿駅では私鉄の京王線
http://www.keio.co.jp/traffic/train/jikoku/jikoku050325/index.html
で京王線芦花公園(ろかこうえん)駅の
「北口」で降りられて下さい。

各駅停車しかとまりません。

北口をおりられてから「北西」の方向直線距離100mの
ところに山本クリニックが御座います。
けれども他のかたのおうちをよこぎるわけにはいきませんから。

北口をおりられて北口商店街を30m北に進んでください。

そこでセブンイレクンと本屋さんのある交差点が「旧甲州街道」です。
ここを「西に」(左折する)と東西にはしる「旧甲州街道」の北側に面している
茶色の「6階建て」ビルが目に入ると思います。

これが山本クリニックビルです。

左折されて(「旧甲州街道」を西に向かわれて)30m西にいくと
山本クリニックです(勿論看板はでています)。
道路の反対側には専用駐車場があります。

山本クリニックの手前には小さなマーケットアーケード
があり自動販売機が
並んでいます。

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/10-p.html
の真ん中の写真を御参考にされて下さい。










レーザーで評判の
山本クリニック美容外科世田谷山本博昭先生の

公式ホームページ








ps3
御予約について
++++++
完全予約制です。
朝9:00−正午(正確には10:50AM)
までが「脳神経外科専門医」としての患者さん
を拝見いたします。
他の御施設より1時間早く11:00(正確には10:50AM)
ー正午(正確には11:50AM)までが昼休みです。

勿論昼休みでも医療事務・受付嬢は常に電話に対応しています。

通常「レーザー外科・レーザー治療」の患者さんは
再診以後は11:20AMに到着していただき11:50AMから
「レーザー光照射」の履歴の古い
順番に「レーザー光照射」を行なっていきます。

但し初診のレーザーの患者さんの場合は
「サイリスレーザー外科顕微鏡:スイス製」の「症状・症候」
の拝見しまた「レーザー光照射装置」のオリエンテーションを
させて頂きますから9:50Mにお越し頂くようにご案内を
させて頂いております。
11:50ー13:00(14:00)pm弱までがレーザー治療・レーザー外科手術時間帯。
13:00時pmから再び「脳神経外科専門医」の時間に戻ります。

11:50amからレーザー外科の時間帯になり
概ね「御初診」の場合「レーザー光照射」は
12:30pmくらいから始まります。
「レーザー光照射」の時間は14分ですが
12:30pmから「御初診」のかたは「レーザー光照射」
が始まってからお帰りいただくまで1時間ほど
お時間を頂きます
(「1時間ほどお時間を頂きます」は再診の方も同様です。)


日曜・木様が休診日で御座います。
祝日は木曜日と重ならないときのみ診療を「休日体制」
としてご予約すみの患者さんのみ診療・「レーザー光照射」を
いたしていることが多いです。

++++++












レーザーで評判の
山本クリニック美容外科世田谷山本博昭先生の

公式ホームページ





------------------------------------------------------------
ps4

「レーザー光照射」の方法と実際。

##1
「レーザー光照射」の方法ですが
基本的には
照射回(日)は週一回(日)のペースで最低36-40回(日)
は必要です。
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。
或いは「病態」により40-46回数(日)は
必要です。
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。

##2
例えば「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の場合など
「部位と範囲」が「面積的「病態」」の場合
因みにまた「傷痕レーザー外科」の「傷痕」が「レーザー光照射」
の面積「指一本分が限界」ですが。

###1
「レーザー光照射」の「部位と範囲」が「手のひら1枚分」
以内であれば。
因みにまた「傷痕レーザー外科」の「傷痕」が「レーザー光照射」
の面積「指一本分が限界」ですが。

1回(日)の照射の「御費用」は5万円です。
この「部位と範囲」で「ショット数」は
1回(日)で5000ー10000「ショット」
です。

###2
「レーザー光照射」の「部位と範囲」が「手のひら1枚分」を
こして「御顔の半分」までは
1回(日)の照射の「御費用」は8万円です。
(「部位と範囲」がひろい場合は「手のひら1枚分」(「5万円分」)の
最も「「御自分」で目立つと思われる「部位」」
に「絞られたほう」が宜しいです。)

###3
「レーザー光照射」の「部位と範囲」が「御顔全体」であれば
1回(日)の照射の「御費用」は16万円です。
(「部位と範囲」がひろい場合は「手のひら1枚分」(「5万円分」)の
最も「「御自分」で目立つと思われる「部位」」に
「絞られたほう」が宜しいです。)

##3
毎回「レーザー光照射」のたびに「御費用」を
戴くことになります。

##4
問題は今現在レーザー治療・レーザー外科は
「土曜日」は御予約が一杯の状態
であることが多いことなのです。
(今現在この状況は解決されてきつつあります。)
##5
また土曜日が「通常照射日」に設定される場合であっても。

##6
申し訳ないのですが原則として
第1日(初診レーザーぼ日)
は平日の9:50AMに到着していただきます。

「初診」の日から「レーザー光照射」をおこないます。








レーザーで評判の
山本クリニック美容外科世田谷山本博昭先生の

公式ホームページ




すなわち
第1日は平日の午前9:50AMに到着していただき
「症状・症候」を「サイリス=「レーザー外科」独特の顕微鏡(スイス製)」
で拝見して「レーザー光照射」のオリエンテーションを
させて頂きます。

この時間で「50分」位は必要です。
これが終了したら

11:50AMより「レーザー光照射」の履歴の
古い患者さんの順に「レーザー光照射」を
進めていきます。
順番をお待ちいただきます。

「レーザー光照射」時間は15分です。
御自分の「レーザー光照射」が始まってから「1時間」は
院内におあずかり致します。


##7
また再診以後は11:20AMに到着していただき
11:50AMより「レーザー光照射」の履歴の
古い患者さんの順に「レーザー光照射」を
進めていきます。

##8
「レーザー光照射」時間は15分ですが
「レーザー光照射」のあとに
「ヘルペス抗体価」の採血+
細胞外液の「補液・輸液(点滴静脈注射のこと)療法」
を行います。
御自分の「レーザー光照射」が始まってから「1時間」は
院内におあずかり致します。









レーザーで評判の
山本クリニック美容外科世田谷山本博昭先生の

公式ホームページ




##9
「初診」の「レーザー光照射」に関しては
ps1に御記載したとおりに準じます。
「臨床血液検査」にて肝炎抗原抗体検査その他「感染症臨床血液検査」
に加えて
「甲状腺機能異常」の有無その他を含めた
「内科的な背景要因」の有無と程度を完璧に行える
「臨床血液検査」を行い内科的・外科的に「臨床診断学」から
「検査」させて頂きます。
=>「御費用」の内訳にはいります。


##10
御予約の時間よりいくら早くおこし戴いてもかまいません。
遠方の方など待合室で「お弁当をたべられていらっしゃいます」
アットホームな環境です。
けれども逆に御予約の時間からは絶対に遅れないで下さい。


------------------------------------------------------------








レーザーで評判の
山本クリニック美容外科世田谷山本博昭先生の

公式ホームページ





ps5
##1
当院に通院されるレーザー治療・レーザー外科の
患者さんは「美容外科」に相応致します。

##2
このレーザー治療・レーザー外科の通院中の
「美容外科」
の患者さんが当院通院中に。
ちょっとした病気かなと思われたとき
「無料で外科・内科・耳鼻咽喉科」
の診療を致します。

##3
たとえば「かぜをひいたかな」あるいは
「おなかがいたいな」あるいは「たいちょうふりょうだな」
等のばあいです。

##4
レーザー治療・レーザー外科の「御費用」に
含まれるものとして無料でこれらの診療を行ないます。

##5
だから安心されて御通院されて下さい。
-------------------------------
ps6
「ps5は
お仕事の合間にあるいはお休みの日に
「レーザー光照射」をされるかたが
「御遠方」でも「お近く」でも
「御体調をきにされずに」安心して御通院いただきたいと
思う私の考えかたです。

たとえば「かぜをひいたかな」あるいは
「おなかがいたいな」あるいは「たいちょうふりょうだな」
等のばあいです。

レーザー治療・レーザー外科の「御費用」に
含まれるものとして無料でこれらの診療を行ないます。

だから安心されて御通院されて下さい。
-------------------------------




レーザーで評判の
山本クリニック美容外科世田谷山本博昭先生の

公式ホームページ






ps7

「御初診」「再診」に際してお持ちいただくもの。
1・ヘアバンド(「御婦人」・男性も!)
ヘアバンドをしていただき施術のときは「手術用ヘアキャップ」
をしていただきます。

2・
「さむいな」とおもわれたら
ながそでの「カーディガン」その他
(レーザールームは23度cです)

3・
クレンジングは山本クリニックで用意してあります。

4・
「御化粧室」(トイレです)はとても広く大きな化粧用ミラー
も「御化粧室」(トイレです)には何枚もあります。
(お一人用です)

5・
「御婦人」の「御化粧室」(トイレです)が「ふさがっている」
ときは「殿方用」をお使いいただいても構いません。
「殿方用」のほうがミラーは大きく多いです。
(お一人用です)

-------------------------------

[2008年8月31日 11時56分41秒]




レーザーで評判の
山本クリニック美容外科世田谷山本博昭先生の

公式ホームページ







お名前: 匿名希望
  

目頭切開の切られすぎた尖ってきつい目のレーザー可能ですか

こんにちは。
質問をお願いいたします。
以前他院で目頭切開をし、切られすぎ、尖ってきつい目になってしまいました。
現在は既婚のため修正手術を受けることができません。
でも色々調べたところ、レーザーで目頭を少し戻して丸くすることができるとあったのですが、
貴院でもその様な治療を行なっていますでしょうか?

ご返事よろしくお願い致します。
Friday, August 29, 2008 10:03 AM

[2008年8月29日 10時03分17秒]


「続きを読む」
posted by rosachea at 17:27| 東京 ☀| 美容・コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

頬酒さで悩んでいます。頬酒さのレーザーで評判の山本クリニック美容外科世田谷山本博昭先生から頬酒さの本物のレーザーを受けたい。真摯で暖かい山本先生のレーザーを受けたいです。決断致しました。神戸在住。神戸から週一回通院可能です。47歳女性。


お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭
   URL



レーザーで評判の東京 都
世田谷 区 山本クリニック美容外科の山本博昭 先生






頬の酒さの山本先生のレーザー治療中での注意事項





昨日の御電話は有難うございました。
「御初診」の日時や段取りも大変順調に運ばせていただき
あとは「レーザー光照射」の開始をまつのみです。




++++++++++++++++++++++

御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。


「一つだけ教えてください。

山本先生の
酒さのレーザー治療中に患者として一番注意しなければならないこと

御教示ください。」
との事です。


まず「わかっていらっしゃっても」
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」という難解な「病態」
を「超高性能Qスイッチレーザー光照射」で治していくわけですから
「やはりあせり」がでることがあります。
=>
長年お持ちの皮膚の「病態」は長年の「皮膚のターン・オーバー」
に裏打ちされています。
=>
「スランプ」に陥られることがあります。

一方では今現在或は「レーザー光照射」を開始する前の
「症状・症候」をわすれる?
あるいは
「眼がこえてこられます」

次第に「もっとよくなれ」とおもわれるのは
人情ですね。

このようなときには私のいうことをよく
お聞きいただき。
あせらずに潮がみちるのをまたれてください。


それから患者さんがつらいときは私も辛いのです。

私も患者さんは各々当然ながら
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」であっても
みなことなる特性を持たれています。

私も患者さん以上に「まな板のうえの鯉」であるのです。

このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さると
嬉しいです。

下記に順を追って御回答致します。

++++++++++++++++++++++








#1
##1
「初めまして。
47歳女です。
神戸に住んでいます。

酒さですが診断されたのは2年前です。
15歳のときから悩んでいますが脂漏性皮膚炎とか
毛細血管拡張症とかアトピーであるとか20年間
診断が付きませんでした。

丁度今から2年前に症状が辛く大阪のの大学病院の皮膚科
で酒さであるという診断を得ました。
治療については皮膚科的には根治できないといわれました。

けれどもあくまでも非公式にと念をおされて。
『東京でレーザーで酒さの大変造詣が深い先生がいます。
私(その先生)が診断された別の患者さんの何人かが
東京のその先生のもとでレーザー治療をされて非常に
よくなられているのに気づいています。これはあくまで可能性ですが
貴方もよくなるかもしれないですね』
といわれて。

相談掲示板で丁寧な御解答をされているからあとは
『あくまでも可能性ですからしらべてみてください』
といわれました。

東京都 世田谷区 山本クリニックの
山本先生ですか?と伺ったらば何もいわずに
微笑んでいらっしゃった。

先生の相談掲示板はすべからく読ませていただいて
います。

頬酒さです。範囲は広いです。
山本クリニック 山本博昭先生に治療を御願い
しようと決断致しました。

幸いに週に1回の通院は可能です。
回数も60回以上は覚悟していますしお費用もわかっています。

昨日予約をとらせて頂きました。
有難うございます。
御電話ではあがってしまって御迷惑をおかけいたしました。

一つだけ教えてください。

山本先生の
酒さのレーザー治療中に患者として一番注意しなければならないこと

御教示ください。

お忙しいところをお時間のあるときに
御教えいただければ嬉しいです。」
との事です。









#2
##1
御相談者のお話しからこの相談掲示板をよく御読みいただいており
「御知識」も相当なもので
とても安心しております。

##2
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」による
「QスイッチNd・YAGレーザー(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
での「治療戦略」に関連しては。
=>##3

##3

山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の「過去の御相談と御回答」から

1・
酒さは何故診断もレーザーも間違えられるのでしょう
[2] [2008年11月15日 22時25分42秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/200715558444248.html

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/200715558444248.html

という現実的な「臨床医学」の問題点。

2・
酒さの原因と。顔で酒さのできないところ教えて頂きたいのです。
[2] [2008年 9月 7日 17時45分 7秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/168472606063919.html

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/168472606063919.html

という
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」という「病態概念」の問題点。

3・
酒さで赤ら顔です山本クリニック山本先生のレーザーでの治り方
[2] [2008年 7月20日 16時53分31秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/406473409225331.html

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/406473409225331.html


という
「脂腺疾患:しせんしっかん」である「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」での「治療戦略」での
「反応の「継時的変化」」
という問題点。

4・
57歳女性。赤ら顔・酒さです。レーザーというものの分類について。
[2] [2008年 3月23日 13時42分55秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/690195268326537.html

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/690195268326537.html

という
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「レーザー光照射」
に用いられる或は「レーザー光照射装置」の特性
という問題点。

5・
山本先生に酒さのレーザーの御願いとレーザーの種類を教えて
[2] [2007年 4月22日 17時 9分37秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/31272251538849.html

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/31272251538849.html

という
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「レーザー光照射」
に用いられる或は「レーザー光照射装置」の特性
という問題点。

6・
鼻から酒さのレーザーを山本先生にお願い致します。注意すること教えて下さい
[2] [2007年 3月18日 17時47分45秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/749285040729777.html


http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/749285040729777.html

という
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」という「病態」
を「「血管腫」の「レーザー光照射装置」」で
(「色素レーザー;ダイレーザー」或は「Vビームレーザー」)
行われるとういう「危険性」

7・
その他


##4
##3に
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」による「治療戦略」
に関する「過去の御相談と御回答」があります。

##5
御相談者はこれらのすべてを御読みになられている
と理解されます。
=>#3








#3
##1
上記の#2の
「1・」−「6・」
までの「過去の御相談と御回答」の「御回答」の「結論:」の
部分を御記載すると次のようになります。
上記おのおのの
「過去の御相談と御回答」の「結論:」のみを
青色文字
で御記載致しました。


##2
1・
酒さは何故診断もレーザーも間違えられるのでしょう
[2] [2008年11月15日 22時25分42秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/200715558444248.html

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/200715558444248.html

という現実的な「臨床医学」の問題点。


-------------------------------
#13
##1
「ひとつだけ教えていただければと。
1・なぜ酒さは診断も治療もまちがえられるのでしょうか?」
との事です。
=>##5

##2
極めて判りやすくいえば
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「診断戦略」
は困難なものではありません。

##3
但し。
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「脂腺疾患:しせんしっかん」であり
「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」は「黒い」が
「縦走毛細血管:longitudinal capillary:じゅうそうもうさいけっかん」
の周囲にが幾重にもまきついている「病態」
です。

##4
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」以外の
「治療戦略」は全くありません。

##5
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
海外留学の御経験のある先生でないとまず
適切な「診断戦略」も「治療戦略」もえられない。

##6
これが御回答です。

##7
##6の根拠は

山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の「過去の御相談と御回答」から
もうおよみになられているとおもいますが。
1・
Vビームレーザーを受けますが治るでしょうか。
[2] [2007年 6月 2日 19時41分49秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/696563058839278.html

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/696563058839278.html
2・
名古屋からです。しゅさのレーザーをおねがいいたします。
[2] [2006年12月 7日 17時 1分51秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/745544102116586.html

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/745544102116586.html
コピー致します=>「ごらんくださいませ★★★」
3.
酒さで赤ら顔です山本クリニック山本先生のレーザーでの治り方
[2] [2008年 7月20日 16時53分31秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/406473409225331.html

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/406473409225331.html
4・
57歳女性。赤ら顔・酒さです。レーザーというものの分類について。
[2] [2008年 3月23日 13時42分55秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/690195268326537.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/690195268326537.html




御参照頂ければお判りいただけると思います。


-------------------------------

2・

酒さの原因と。顔で酒さのできないところ教えて頂きたいのです。
[2] [2008年 9月 7日 17時45分 7秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/168472606063919.html

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/168472606063919.html

という
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」という「病態概念」の問題点。

++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。
うまくご説明できるとよろしいのですが。

「臨床医学」の「診断戦略」で問題化が発生しないのは。
原因は「つきとめられない」。けれども「治療戦略」が明確である
場合のみです。



「「3.相談のポイント(一番知りたいことです)
酒さの原因はどのように考えたらよろしいでしょうか。」
=>
「お顔」の「感覚・知覚」を司る知覚神経は
「三叉神経:torigeminal nerve:さんさしんけい」という
脳神経です。
この
「三叉神経:torigeminal nerve:さんさしんけい」には
「第3枝:だいさんし」にのみ「運動神経」があります。
ところが
「自然変異:しぜんへんい:normal variation」として。
「三叉神経:torigeminal nerve:さんさしんけい」の
「第3枝:だいさんし」のみではなく。
「第1枝:だいいっし」「第2枝:だいにし」「第3枝:だいさんし」
の全てに
「運動神経」を持つ「自然変異:しぜんへんい:normal variation」
の患者さんの場合に。
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「脂腺疾患:しせんしっかん」として発症致します。


「また顔で酒さのできない場所というのはあるのでしょうか。」
との事です。
=>
「眼球運動」は「動眼神経:第3脳神経・V」
「滑車神経・第4脳神経:IV」「外転神経:第6脳神経:VI」
で外眼筋が「運動神経」として支配され「眼球運動」
が可能になります。
不思議なことに
「動眼神経:第3脳神経・V」には内眼筋の「運動神経」である
「副交感神経」の成分が含まれています。
この
「副交感神経」の成分を持った「動眼神経:第3脳神経・V」
の支配する「上眼嶮(うわまぶた)」「下眼嶮(したまぶた)」には。
「脂腺疾患:しせんしっかん」である
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は全く発生致しません。


下記に順を追って御回答致します。

++++++++++++++++++++++





#9結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は原因が「不明」という
表現はきわめて適切ではありません。

##3
「脂腺疾患:しせんしっかん」である
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「もうさいけっかんかくちょうしょう」=
「毛細血管拡張症:テレアンギエクタシア:teleangiectasia」=
「血管腫」
とよく間違われる。

##4
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は「脂腺疾患:しせんしっかん」
であり
「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」が
「縦走毛細血管:longitudinal capillary:
じゅうそうもうさいけっかん」の周囲にが幾重にもまきついて
「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」
を形成する・
「脂腺疾患:しせんしっかん」です

##5
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の発生に
「三叉神経:torigeminal nerve:さんさしんけい」「運動枝」(判りやすく言えば運動神経)

「自然変異:しぜんへんい:normal variation」
につき御回答致しました。

##6
また「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の抑制部位に
「動眼神経:第3脳神経・V」のみは「瞳孔:pupil」の「縮瞳」に関与する「副交感神経」

「動眼神経:第3脳神経・V」の分布する
「上眼嶮(うわまぶた)」「下眼嶮(したまぶた)」につき
御回答致しました。

##7
「御遠方」からお越しになる患者さんは多いものです。
どうぞ「肩の荷」をおろされてできるだけリラックスされてお越しください。
御自分のおうちにおこしにおなるおつもりでお越しください。

##8
綺麗に治したいですね。
私も頑張ります。

##9
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「副症状・副症候」につきpsに付記致しました。


-------------------------------

3・
酒さで赤ら顔です山本クリニック山本先生のレーザーでの治り方
[2] [2008年 7月20日 16時53分31秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/406473409225331.html

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/406473409225331.html


という
「脂腺疾患:しせんしっかん」である「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」での「治療戦略」での
「反応の「継時的変化」」
という問題点。


++++++++++++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

大変に的を射られた御相談で感心致しました。


「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
による
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「症状・症候」の。

「「毎週1回(日)照射」のペース」での
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の消えていく経過についての
御相談と解釈致しました。


「またこのうっすらとした赤みはどのようなふうに
山本先生のレーザー照射で治っていくのでしょうか。」
=>
頬の「内側」と「外側」から「赤み」=「赤さ」=「紅さ」が
とんでいき「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の幅は小さくなる
「一次消退」と。
「幅の狭くなった「赤み」=「赤さ」=「紅さ」」の「部分」は
「同心円状」に「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の消退する
「二次消退」で消えていきます。

またこの「「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の「消退」」
と「同時」に
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」性「知覚障害」=「もぞもぞ感」
も「改善」していきます。


「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の副症状が御座います。
「補足1」に御記載致します。 


下記順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++++++++++++

#9結論:
##1
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

##2
「52才女です。
酒さと4年前に診断されました。
そのときは皮膚科の先生で治療法はないといわれました。」
=>
間違いです。
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
で「治療戦略」をとります。

##3
「山本先生の相談掲示板を拝見してびっくりするくらい
心の優しい先生だなんだと思いとても感激いたしました。」
=>
有難うございます。

##4
「是非治療(レーザー)をお願いしようと決心してから4ヶ月もたち
早速にも予約をとらせていただきたいと昨日決断いたしました。」
=>
宜しかったです。
「予約」で御来院になられた「初診の当日」は
09:50AM到着で「サイリスレーザー外科顕微鏡:スイス製」
で「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「症状・症候」を
拝見し
「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」
の走り方などを「「診断」致します。 」
その後「レーザー光照射装置」の「オリエンテーション」=「御説明」
を致します。 

##5
「方法も費用も心得ています。
私の酒さは両側の頬です。
自分では1回の費用が5万円で
毎週通院して30回くらい必要なのかなあと考えています。」*(=>ps1)
=>
御相談者の御相談の御記載内容からは
「「毎週1回(日)照射」のペース」で最低30回(日)の
「レーザー光照射」が必要です。
「照射回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。
「照射回数(日)」は「皮膚のターンオーバー」=「4週間」の「倍数」
でTDF(time dose fractionation factor)を計算致します。 
「30回(日)」「レーザー光照射」をされるのであれば
4週間(「「毎週1回(日)照射」のペース」で4回(日))
x8=32回(日)のほうが本当に宜しいです。


##6
「両側のほほがあかく毛穴が大きくにきびをひっかいた
痕もすこし小さなクレーターになっていてかゆみというか変な
かんじで夜中にこめかみなど引っ掻いているようです。

酒さにはかゆみってありますか。」
=>
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」であり
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「知覚障害」=「もぞもぞ感」
を伴い「夜中」に「引っ掻く」
典型的な「症状・症候」で御座います。

##7
「またこのうっすらとした赤みはどのようなふうに
山本先生のレーザー照射で治っていくのでしょうか。」
=>
上記御回答致しました。
頬の「内側」と「外側」から「赤み」=「赤さ」=「紅さ」が
とんでいき「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の幅は小さくなる
「一次消退」と。
「幅の狭くなった「赤み」=「赤さ」=「紅さ」」の「部分」は
「同心円状」に「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の消退する
「二次消退」で消えていきます。

##8
またこの「「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の「消退」」
と「同時」に
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」性「知覚障害」=「もぞもぞ感」
も「改善」していきます。

##9
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の副症状を「補足1」に
御記載致します。 

##10
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「レーザー光照射」

「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
の独壇場です。

##11
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」をくれぐれも
「血管腫」と間違われて
「Vビームレーザー」或いは「ダイ・レーザー」「色素レーザー」
など「レーザー光照射」されないようにご留意は大変重要です。

##12
もうお読みになられていることと存じます。
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の過去の「御相談と御回答」の

「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に関する「過去の御相談と御回答」14
[2] [2008年 5月17日 21時 7分18秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/959207135326327.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/959207135326327.html
を御参照頂けますか。


##13
綺麗に治したいですね。
私も頑張ります。


-------------------------------
4・
57歳女性。赤ら顔・酒さです。レーザーというものの分類について。
[2] [2008年 3月23日 13時42分55秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/690195268326537.html

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/690195268326537.html

という
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「レーザー光照射」
に用いられる或は「レーザー光照射装置」の特性
という問題点。

++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

「山本クリニック 山本先生の相談掲示板で
は欠かさず読ませて頂いておりまして
先生の博識あるまたお人柄のわかる優しい心持ちも
伝わってきます。」
=>

有難うございます。

「「57歳女性。
レーザーで赤ら顔・酒さを直していただきたいと思っております。
できればしみも一緒にとれればとも考えております。
山本クリニック 山本先生の相談掲示板で
レーザーのうけかた・費用・通院のしかたなど心得ております。」
=>
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の「過去の御相談と御回答」は
しっかりと御読みいただけているようです。


「間もなくうかがわせていただければと存じます。
横浜ですが距離的には問題なく以前に見知った場所でもあり
心配はございません。」

=>
綺麗に直したいですね。
私も頑張ります。



「沢山インターネットに載っているレーザーです。
レーザーというものの分類あるいは知識を教えていただければ
と御相談の筆をとりました。」
との事です。

=>
「レーザー光照射装置」につき
思いついたことを御回答致します。

今回の御回答。

これは本当に「氷山の一角」のまた「一角」の「また一角」
に過ぎません。
一角です。

また思いついたらば
「補足」としてこの御相談の御回答とさせて頂きます。

下記に順を追って御回答致します。御参考になれば何よりです。
++++++++++++++++++++++


#12結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「山本クリニック 山本先生の相談掲示板で
は欠かさず読ませて頂いておりまして
先生の博識あるまたお人柄のわかる優しい心持ちも
伝わってきます。」
=>
有難うございます。

「間もなくうかがわせていただければと存じます。
横浜ですが距離的には問題なく以前に見知った場所でもあり
心配はございません。」
=>
遠方からお越しになる患者さんは多いものです。
「横浜」でしたら非常に御近いです。

##3
「沢山インターネットに載っているレーザーです。
レーザーというものの分類あるいは知識を教えていただければ
と御相談の筆をとりました。」
との事です。
=>
「沢山インターネットに載っているレーザーです。
レーザーというものの分類あるいは知識を教えていただければ
と御相談」=
「「レーザー光照射装置」の分類」
として上記御解答致しました。

##4
今回の御回答。
これは本当に「氷山の一角」のまた「一角」の「また一角」
に過ぎません。
一角です。

##5
「57歳女性。
レーザーで赤ら顔・酒さを直していただきたいと思っております。
できればしみも一緒にとれればとも考えております。
山本クリニック 山本先生の相談掲示板で
レーザーのうけかた・費用・通院のしかたなど心得ております。

美容外科という分野に興味あるものの
施術はメスがこわくできればレーザーで可能なことを
教えていただきたいと思っておりました。
・略・間もなくうかがわせていただければと存じます。
横浜ですが距離的には問題なく以前に見知った場所でもあり
心配はございません。

沢山インターネットに載っているレーザーです。
レーザーというものの分類あるいは知識を教えていただければ
と御相談の筆をとりました。」
との事です。

##6
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
レーザー治療・レーザー外科で先日御予約を頂きました。
綺麗に直したいですね。
私も頑張ります。

##7
「山本クリニック 山本先生の相談掲示板で
は欠かさず読ませて頂いておりまして
先生の博識あるまたお人柄のわかる優しい心持ちも
伝わってきます。」
=>
有難うございます。

##8
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」が
病的に増殖する「脂腺疾患:しせんしっかん」なのですが。
「もうさいけっかんかくちょうしょう」=
「毛細血管拡張症:テレアンギエクタシア:telanngiectasia」=
「血管腫」と極めてよく間違われます。

##9
このように御回答してみると
レーザー治療・レーザー外科に用いる
「レーザー光照射」を照射する「レーザー光照射装置」
について御回答をするとなると
この御回答だけでは不十分です。

##10
もうお読みになられているとは思いますが
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
レーザー治療・レーザー外科に関しましては
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の「過去の御相談と御回答」から
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に関する「過去の御相談と御回答」12
[2] [2008年 2月14日 19時21分 7秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/751397568107681.html



##11
またレーザー治療・レーザー外科の
「レーザー光照射」の「レーザー光照射装置」
などのハード的な事項は
「Yahoo」さんのブログ
レーザー治療・レーザー外科の評判・東京都 山本クリニック美容外科


http://blogs.yahoo.co.jp/lllllaser

http://blogs.yahoo.co.jp/lllllaser
を御参照頂けますか。

-------------------------------

5・
山本先生に酒さのレーザーの御願いとレーザーの種類を教えて
[2] [2007年 4月22日 17時 9分37秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/31272251538849.html

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/31272251538849.html

という
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「レーザー光照射」
に用いられる或は「レーザー光照射装置」の特性
という問題点。


=>
4・
と重複点多いため「省略」

-------------------------------
6・
鼻から酒さのレーザーを山本先生にお願い致します。注意すること教えて下さい
[2] [2007年 3月18日 17時47分45秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/749285040729777.html


http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/749285040729777.html

という
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」という「病態」
を「「血管腫」の「レーザー光照射装置」」で
(「色素レーザー;ダイレーザー」或は「Vビームレーザー」)
行われるとういう「危険性」


#9結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「脂腺疾患:しせんしっかん」であり
「もうさいけっかんかくちょうしょう」のような
「血管腫」ではありません。

##3
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんが
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」=
「脂腺疾患:しせんしっかん」を間違われて
「色素レーザー;ダイレーザー」や
「Vビームレーザー」
(「Vビームレーザー」も「色素レーザー(ダイ・レーザー)」の一種です。)
を照射されると大変なことになります。

##4
「32才女性です。大阪在住です。
鼻の酒さで悩みに悩んでいるまま10年近くたちました。
もう5年前から山本先生の相談をよく読ませて頂いております。
3年前から山本先生でないとだめだなあと確信するようになりました。
・略・」
=>
有難うございます。

「3年くらい前から貯金をし山本先生の
酒さのレーザーをしていただけるようになり60−70回は
レーザーが通院費用も含めて可能です。

幸い勤め先が(水曜日)が休みです。
規則正しく通院は可能です。」
=>
宜しかったですね。

##5
「山本先生がレーザー外科を決断された患者さんしか拝見されない
ことはよく存じております。
来週そうそうから是非とも予約をお願いしようと思っています。
(実は中にははいりませんでしたが上京のおりに世田谷区の山本先生の
山本クリニックには何回か通院訓練をしておりました(笑))

酒さには身をもって体験した知識が沢山つまっています。

今までの私の経過から世田谷区の山本クリニックの山本先生
が御読みいただいて何でも結構です。
注意することがあれば教えていただけますか。」
=>
上記御解答致しました。
御相談者は「判断」も鋭く「付け加えることは今現在思いに当たりません。

##6
御予約の御電話をお待ち致します。
医療事務・受付嬢は既に御相談者の「御電話の件」
把握致しております。

##7
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
御相談者の「つつましやかな・澄みとおる
お心持ち」が伺えます。

##8
しいての補足事項とてありません。
「レーザー光照射」の「回数(日)」ぼつどに
毎回さまざまに御話しをさせて頂きます。

##9
綺麗に直したいですね。
私も頑張ります。

-------------------------------





#4
##1
上記おのおのの
「過去の御相談と御回答」の「結論:」のみを
青色文字
で御記載致しました。

##2
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
本物の「超高性能Qスイッチレーザー光照射」
による。
「Ultra-QスイッチNd・YAGレーザー:ウルトラQスイッチ・ネオジ(ミ)ウム・ヤグ・レーザー」
による「治療戦略」
は患者さんサイドにも「知識」が必要です。

##3
高い「ホワイトミンクのコート」や「ドレス」を
御購入されると仮定すれば
「商品知識」として御相談者はまずデザインが流行おくれ
ではないかとか。フアッション性という「知識」です。

##4
「だまされないため」「しっぱいしないため」の知識です。









#5
##1
#4に裏打ちされた知識は
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の本物の
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」による「治療戦略」
でとても役立ちます。

##2
「一つだけ教えてください。

山本先生の
酒さのレーザー治療中に患者として一番注意しなければならないこと

御教示ください。」
との事です。






#6
##1
まず「わかっていらっしゃっても」
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」という難解な「病態」
を「超高性能Qスイッチレーザー光照射」で治していくわけですから
「やはりあせり」がでることがあります。
=>##2

##2
長年お持ちの皮膚の「病態」は長年の「皮膚のターン・オーバー」
に裏打ちされています。
=>##3

##3
「スランプ」に陥られることがあります。

##4
一方では今現在或は「レーザー光照射」を開始する前の
「症状・症候」をわすれる?
あるいは
「眼がこえてこられます」

##5
次第に「もっとよくなれ」とおもわれるのは
人情ですね。

##6
このようなときには私のいうことをよく
お聞きいただき。
あせらずに潮がみちるのをまたれてください。









#7
##1
それから患者さんがつらいときは私も辛いのです。

##2
私も患者さんは各々当然ながら
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」であっても
みなことなる特性を持たれています。

##3
私も患者さん以上に「まな板のうえの鯉」であるのです。

##4
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さると
嬉しいです。







#8結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
上記御回答致しました。

##3
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」。
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」の
「Ultra-QスイッチNd・YAGレーザー:
ウルトラQスイッチ・ネオジ(ミ)ウム・ヤグ・レーザー」
で綺麗に治したいですね。

##4
私も頑張ります。



上記御回答致しました。

上記あくまでもご参考にまでお留めおきご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

「Ultra-QスイッチNd・YAGレーザー:
ウルトラQスイッチ・ネオジ(ミ)ウム・ヤグ・レーザー」
での「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
の開始を「御初診」でおあいするのを楽しみにしています。

[2009年2月14日 20時59分12秒]







お名前: 47歳女神戸
  


初めまして。
47歳女です。
神戸に住んでいます。

酒さですが診断されたのは2年前です。
15歳のときから悩んでいますが脂漏性皮膚炎とか
毛細血管拡張症とかアトピーであるとか20年間
診断が付きませんでした。

丁度今から2年前に症状が辛く大阪のの大学病院の皮膚科
で酒さであるという診断を得ました。
治療については皮膚科的には根治できないといわれました。

けれどもあくまでも非公式にと念をおされて。
『東京でレーザーで酒さの大変造詣が深い先生がいます。
私(その先生)が診断された別の患者さんの何人かが
東京のその先生のもとでレーザー治療をされて非常に
よくなられているのに気づいています。これはあくまで可能性ですが
貴方もよくなるかもしれないですね』
といわれて。

相談掲示板で丁寧な御解答をされているからあとは
『あくまでも可能性ですからしらべてみてください』
といわれました。

東京都 世田谷区 山本クリニックの
山本先生ですか?と伺ったらば何もいわずに
微笑んでいらっしゃった。

先生の相談掲示板はすべからく読ませていただいて
います。

頬酒さです。範囲は広いです。
山本クリニック 山本博昭先生に治療を御願い
しようと決断致しました。

幸いに週に1回の通院は可能です。
回数も60回以上は覚悟していますしお費用もわかっています。

昨日予約をとらせて頂きました。
有難うございます。
御電話ではあがってしまって御迷惑をおかけいたしました。

一つだけ教えてください。

山本先生の
酒さのレーザー治療中に患者として一番注意しなければならないこと

御教示ください。

お忙しいところをお時間のあるときに
御教えいただければ嬉しいです。

[2009年2月13日 19時26分23秒]



「続きを読む」
posted by rosachea at 19:09| 東京 ☀| 美容・コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

酒さで他の美容外科クリニックでVビームレーザーを照射されました。Vビームレーザーの副作用がこれほど怖いとは考えもしませんでした 。Vビームレーザーには酷い目にあいました。もうこりごりです。



お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭
   URL





赤ら顔・酒さレーザーで評判の山本クリニック世田谷の美容外科山本博昭 先生のレーザー






酒さは何故診断もレーザーも間違えられるのでしょう
[2] [2008年11月15日 22時25分42秒]













これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。
また山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板
の「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に関する
「過去の御相談と御回答」をよく御読みいただいている。

大変に私はうれしく思います。



++++++++++++++++++++++


御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。


「「いずれにしても山本クリニック美容外科世田谷区
の山本先生に治していただければ。
すこしでもきれいにしていただければと。
それで治らなければそれでも十分なくらい感動致しています。

やっと本物の先生をみつけました。
そのように思っています。」
=>

有難うございます。

この御相談に対する御回答としては
「一言では困難」

さらに適切な事例が思い浮かび
御相談者の御相談内容要旨御記載の御解答に
付記しうればさらに補足の御回答も考えてはいます。

下記に順を追って御回答致します。

++++++++++++++++++++++






#1
##1
「43歳女。山形県
はじめまして。


このサイトで酒さに関するさまざまな御相談の
御解答を拝見させていただき心底おどろきました。
と同時に著しい感動をうけました。

両側の頬や額やこめかみ(とくにつらい)に
違和感のあるぷつぷつがあり顔全体がなにかというと
赤くなります。

地元大学病院皮膚科で。
酒さと6年前に診断されました。

東京 都 世田谷 区 山本クリニック美容外科の山本博昭 先生
の御回答にあるように。

東京のレーザーではそれなりに高名な有名美容外科で
Vビームレーザーで昨年治療をされましたが。

その美容外科での診断は「単純性毛細血管毛細血管拡張症」
でした。酒さではないとも酒さって?というような感じでした。

結果ものすごい「青タン」になり眼もあけれない
日々が続き病院にといあわせたら
「すぐにひく」といわれました。
「すぐにひくどころか」半月も眼が明けられず苦しみました。
さらに「特異体質」といわれてしまいました。
二度とそちらにはうかがっていません。

あらめて私は酒さなんだと
過去の御相談と御回答をよみかえしているうちに
今までに感じたことのない現実的な治したいという
気持ちが強くいてもたってもいられません。

東京 都 世田谷 区 山本クリニック美容外科の山本博昭 先生
にレーザーを御願い致します。

いずれにしても山本クリニック美容外科世田谷区
の山本先生に治していただければ。
すこしでもきれいにしていただければと。
それで治らなければそれでも十分なくらい感動致しています。

やっと本物の先生をみつけました。
そのように思っています。

ひとつだけ教えていただければと。
1・なぜ酒さは診断も治療もまちがえられるのでしょうか?

要領の悪いご質問ですみません。
御忙しい所を申し訳ございません。

お時間あれば御回答いただければ嬉しいです。」
との事です。













#2
##1
「ひとつだけ教えていただければと。
1・なぜ酒さは診断も治療もまちがえられるのでしょうか?

要領の悪いご質問ですみません。
御忙しい所を申し訳ございません。

お時間あれば御回答いただければ嬉しいです。」
との事です。

##2
##1が御相談者の「一番の「御質問」」なのであろうと
考えます。

##3
「東京のレーザーではそれなりに高名な有名美容外科で
Vビームレーザーで昨年治療をされましたが。

その美容外科での診断は「単純性毛細血管毛細血管拡張症」
でした。酒さではないとも酒さって?というような感じでした。

結果ものすごい「青タン」になり眼もあけれない
日々が続き病院にといあわせたら
「すぐにひく」といわれました。
「すぐにひくどころか」半月も眼が明けられず苦しみました。
さらに「特異体質」といわれてしまいました。
二度とそちらにはうかがっていません。」
との事です。
=>##4

##4
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「毛細血管拡張症:テレアンギエクタシア:teleangiectasia」=
「血管腫」ではありません。
よって
「血管腫」でない「病態」に「「血管腫」の「レーザー光照射装置」」
である「Vビームレーザー」で「レーザー光照射」
をされたらたまったものではありません。
=>##5

##5

山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の「過去の御相談と御回答」から
もうおよみになられているとおもいますが。
1・
Vビームレーザーを受けますが治るでしょうか。
[2] [2007年 6月 2日 19時41分49秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/696563058839278.html

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/696563058839278.html
2・
名古屋からです。しゅさのレーザーをおねがいいたします。
[2] [2006年12月 7日 17時 1分51秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/745544102116586.html

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/745544102116586.html
コピー致します=>「ごらんくださいませ★★★」
3.
酒さで赤ら顔です山本クリニック山本先生のレーザーでの治り方
[2] [2008年 7月20日 16時53分31秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/406473409225331.html

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/406473409225331.html
4・
57歳女性。赤ら顔・酒さです。レーザーというものの分類について。
[2] [2008年 3月23日 13時42分55秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/690195268326537.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/690195268326537.html

御参照頂けますか。

##6
##5で
「3・」のほうが「2・」よりも詳しいのですが。
「4・」のほうが「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
の「レーザー光照射装置」に関連して。
非常に「役に立つ」御相談なのですが。
まず「2・」を御理解されて「3・」「4・」を
御読みいただこうと考えました。

##7
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
もうすでに
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に関する
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板最近の話題
の「過去の御相談と御回答」
はおよみでいらっしゃるとも考えますが。










#3
##1
「酒さは何故診断もレーザーも間違えられるのでしょう 」
という。
鋭鋒鋭い「御相談」あるいは「御質問」です。

##2
私には御回答が可能なものであるのであろう。或は否かで。
とても考えました。

##3
「間違える」ということは「医療」の世界では
あってはならないものなのである。
「間違い」とは何だろう。

##4
「報道番組」で「不祥事」に対して
よく政治家やその他の「関係者」の弁に。
=>
「深くお詫びするとともに。
二度とこのような過ち。間違いのないように・略・」
はよく「耳に致します」。

##5
##4は「一度あった間違い」=「間違いが一度でも発生」
ということは「再度間違う可能性が100%ありうる」という
確率的な論理からは
「二度とこのような過ち。間違いのないように・略・」
は。
=>##6


##6
「大きな間違い」です。

##7
必ずや「人間社会」で発生する「過誤」であり
さけることはできません。

=>#4








#4
##1
「酒さは何故診断もレーザーも間違えられるのでしょう 」
との事です。

##2
御相談者の御相談内容要旨御記載からは。
「間違い」=「違う」という意味であり。

##3

「酒さは何故診断もレーザーも間違えられるのでしょう 」
=>
1・「酒さ」の「診断戦略」はなぜ違う=「誤診診断」
2・「酒さ」の「治療戦略」はなぜ違う=「誤治療」
という解釈でよかろうと。
判断し。認識致します。









#5
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」という診断です。
地元
大学病院の「皮膚科専門医先生」の診断は間違いようがないでしょう。

##2
「東京のレーザーではそれなりに高名な有名美容外科で
Vビームレーザーで昨年治療をされましたが。

その美容外科での診断は「単純性毛細血管毛細血管拡張症」
でした。酒さではないとも酒さって?というような感じでした。」
との事です。

##3
「単純性毛細血管毛細血管拡張症」という疾病名称はありません。
=>
「単純性血管腫」
あるいは
「毛細血管拡張症:テレアンギエクタシア:teleangiectasia」
と「別の診断」に間違われた。

##4
御相談者が「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の可能性を
「お受けもちの先生」に伺ったところ
「その美容外科での診断は「単純性毛細血管毛細血管拡張症」
でした。酒さではないとも酒さって?というような感じでした。」
からは。
=>##5

##5
「お受けもちの先生」は
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」にかんしては
全く「病態名称」すらちんぷんかんぷんなことであったと想定されます。
=>##6

##6
これは私の考えです。だから間違っているかもしれません。
けれども。
今現在では御相談者のほうが
「東京のレーザーではそれなりに高名な有名美容外科で
Vビームレーザーで昨年治療をされましたが。」
の「お受けもちの先生」よりは。
=>
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に関しては
じはるかに詳しくていらっしゃるでしょう。









#6
##1
「病態」というものは「各診療科」にさまざま「星の数」ほどあり
ます。

##2
これらの「各診療科」の中での「病態」の複合は
「各診療科」の俗にいう「病名」という「範疇(カテゴリー)」
になり「具現化」致します。

##3
##2で患者さんの「病態」或は「病態」の「複合」を
判断して。

##4
患者さんを治すために「治療戦略」
具現化する必要があります。
「診断名」を「適切な数」のみ設定する「臨床医学」の「方法論」
を「診断学」と呼称致します。

##4
医師が「診断戦略」から「治療戦略」に移行するときの
診断名は「単語ひとつ」で表現しうる「病態」など
ありえません。
=>#7









#7
##1
たとえば昨今報道されている周産期の「妊婦さん」の
「脳内出血」の場合などは。
「脳内出血:intra-cerebral henatoma:ICH」の「一言絶句」
ではありえません。
=>##2

##2
「周産期妊婦の頭痛嘔吐にはじまり30分で意識障害が
「半昏睡」の状態であるが自発呼吸は水平に保たれているから
1・「脳浮腫:brain edema:のうふしゅ」
による関与と
2・「出血の塊=血腫」の
「マス・エフエクト:mass effect」=「神経組織を圧迫効果」
による「テント切痕ヘルニア」「大孔ヘルニア」「大脳鎌ヘルニア」
は「進行中」。

「手術」にいたるまで「1・」の「脳浮腫:brain edema:のうふしゅ」
を「高浸透圧利尿剤:こうしんとうあつりにょうざい」と
「ステロイド:steroid」でコントロールするが「あと30分」が
「限界」−」

というような「長い「診断名」」になります。

##3
##2を「「診断名」ひとつ」で
「脳内出血:intra-cerebral henatoma:ICH」で
申し送られると「何がなんだかなにもわかりません」。
=>#8











#8
##1
ある「病態」を診断名一つたとえば
「赤ら顔」のみでこれを「診断戦略解決」として診断名として。
さらに「治療戦略」まで
進もうとすると。
=>##2

##2
「酒さは何故診断もレーザーも間違えられるのでしょう 」
=>
1・「酒さ」の「診断戦略」はなぜ違う=「誤診診断」
2・「酒さ」の「治療戦略」はなぜ違う=「誤治療」
という「深刻な事態が発生致します。」

##3
「診断戦略」と「治療戦略」ともに確立されてはいません。

##4
##3の状態で「何事か臨床的「治療戦略」」をたてようとすると。
=>

「酒さは何故診断もレーザーも間違えられるのでしょう 」
という悲惨な状況は発生致します。

##5
なぜこのような「状況」が発生するか。

##6
それは「美容外科」に起こりがちである。
「単一病名」から一気に「治療戦略」への「一対一対応」
の「短絡的」な姿勢にあります。











#9
##1
「病態」というものは「各診療科」にさまざま「星の数」ほどあり
ます。

##2
これらの「各診療科」の中での「病態」の複合は
「各診療科」の俗にいう「病名」という「範疇(カテゴリー)」
になり「具現化」致します。

##3
##2で患者さんの「病態」或は「病態」の「複合」を
判断して。

##4
患者さんを治すために「治療戦略」
具現化する必要があります。
「診断名」を「適切な数」のみ設定する「臨床医学」の「方法論」
を「診断学」と呼称致します。

##4
医師が「診断戦略」から「治療戦略」に移行するときの
診断名は「単語ひとつ」で表現しうる「病態」など
ありえません。










#10
##1
このような「診断戦略」から導かれる「治療戦略」が
正しいはずもない。

##2
「地元大学病院皮膚科で。
酒さと6年前に診断されました。

東京 都 世田谷 区 山本クリニック美容外科の山本博昭 先生
の御回答にあるように。

東京のレーザーではそれなりに高名な有名美容外科で
Vビームレーザーで昨年治療をされましたが。

その美容外科での診断は「単純性毛細血管毛細血管拡張症」
でした。酒さではないとも酒さって?というような感じでした。

結果ものすごい「青タン」になり眼もあけれない
日々が続き病院にといあわせたら
「すぐにひく」といわれました。
「すぐにひくどころか」半月も眼が明けられず苦しみました。
さらに「特異体質」といわれてしまいました。
二度とそちらにはうかがっていません。」
というような
「事件」が発生致します。

##3
適切な事例が思い浮かばないのですが
「お受けもちの先生」は既に
大学病院で「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
の「診断名」が確立されているにもかかわらず。

##4
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
とういう「病態」が知識としてなく。
理解ができなかった。

##5
「お受けもちの先生方」も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。
けれども
「知識がない」わけですから。
「理解はできない」
=>##6

##6
「その美容外科での診断は「単純性毛細血管毛細血管拡張症」
でした。酒さではないとも酒さって?というような感じでした。」
ということになります。













##11
##1
###1
正しい「診断戦略」がなければ正しい「治療戦略」びはいたりません。

###2
「レーザー光照射装置」を用いるにしても。
「レーザー光照射装置」の知識がなければ
「診断戦略」が正しくても
「治療戦略」として最も適切な「レーザー光照射装置」
を選択するなど「夢のまた夢」です。

###3
「レーザー光照射装置」の知識がおありであったとしても
その
「レーザー光照射装置」で「レーザー光照射」を行う
「テクニック」はまた別のものです。

###4
正しい「診断戦略」と「治療戦略」があり
「レーザー光照射装置」の知識がおありでも。
「レーザー光照射装置」の「レーザー光照射」も
「テクニック」がなければ。
「治療戦略」は全うされません。











#12
##1
「いずれにしても山本クリニック美容外科世田谷区
の山本先生に治していただければ。
すこしでもきれいにしていただければと。
それで治らなければそれでも十分なくらい感動致しています。

やっと本物の先生をみつけました。
そのように思っています。

ひとつだけ教えていただければと。
1・なぜ酒さは診断も治療もまちがえられるのでしょうか?」
との事です。


##2
「「いずれにしても山本クリニック美容外科世田谷区
の山本先生に治していただければ。
すこしでもきれいにしていただければと。
それで治らなければそれでも十分なくらい感動致しています。

やっと本物の先生をみつけました。
そのように思っています。」
=>##3

##3
有難うございます。









#13
##1
「ひとつだけ教えていただければと。
1・なぜ酒さは診断も治療もまちがえられるのでしょうか?」
との事です。
=>##5

##2
極めて判りやすくいえば
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「診断戦略」
は困難なものではありません。

##3
但し。
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「脂腺疾患:しせんしっかん」であり
「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」は「黒い」が
「縦走毛細血管:longitudinal capillary:じゅうそうもうさいけっかん」
の周囲にが幾重にもまきついている「病態」
です。

##4
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」以外の
「治療戦略」は全くありません。

##5
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
海外留学の御経験のある先生でないとまず
適切な「診断戦略」も「治療戦略」もえられない。

##6
これが御回答です。

##7
##6の根拠は

山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の「過去の御相談と御回答」から
もうおよみになられているとおもいますが。
1・
Vビームレーザーを受けますが治るでしょうか。
[2] [2007年 6月 2日 19時41分49秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/696563058839278.html

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/696563058839278.html
2・
名古屋からです。しゅさのレーザーをおねがいいたします。
[2] [2006年12月 7日 17時 1分51秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/745544102116586.html

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/745544102116586.html
コピー致します=>「ごらんくださいませ★★★」
3.
酒さで赤ら顔です山本クリニック山本先生のレーザーでの治り方
[2] [2008年 7月20日 16時53分31秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/406473409225331.html

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/406473409225331.html
4・
57歳女性。赤ら顔・酒さです。レーザーというものの分類について。
[2] [2008年 3月23日 13時42分55秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/690195268326537.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/690195268326537.html




御参照頂ければお判りいただけると思います。










#14結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
上記御回答致しました。

##3
「「いずれにしても山本クリニック美容外科世田谷区
の山本先生に治していただければ。
すこしでもきれいにしていただければと。
それで治らなければそれでも十分なくらい感動致しています。

やっと本物の先生をみつけました。
そのように思っています。」
=>##4

##4
有難うございます。

##5
この御相談に対する御回答としては
「一言では困難」

##6
さらに適切な事例が思い浮かび
御相談者の御相談内容要旨御記載の御解答に
付記しうればさらに補足の御回答も考えます。






上記あくまでもご参考にまでお留めおきご無事にされて下さいませ。



何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。






















++「ごらんくださいませ★★★」++++++++++++++++++++++++「ごらん下さいませおわりおわり★★★」
-------------------------------

2・
名古屋からです。しゅさのレーザーをおねがいいたします。
[2] [2006年12月 7日 17時 1分51秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/745544102116586.html

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/745544102116586.html
コピー致します=>「ごらんくださいませ★★★」
-------------------------------

これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。

++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。


「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」という「病態」の
「治療戦略」としては。

「「脂腺」を「不活化」する(できる)「レーザー光照射」」
が「治療戦略」として必要になります。
「QスイッチNd・YAGレーザーはなぜしゅさのあかみが
とれるのでしょうか。」
=>
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」独特の
「「赤み」「ピンキー」の色合い」と「毛穴痕の拡大」
は。
「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」と
これを栄養する「毛細血管:capillary」の増殖によるものです。

「赤み」=「脂腺疾患:しせんしっかん」の
「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」を
破壊すれば。

「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」を
栄養する「毛細血管:capillary」は抑制されますから。
根治的に「「赤み」「ピンキー」の色合い」と
「毛穴の拡大」は治っていきます。*

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++


-------------------------------
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
は「脂腺疾患:しせんしっかん」であり
「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」は「黒い」
が非常に深く7mmくらい皮膚の下まであります。

ありとあらゆる
「ハードレーザー光照射装置」の
「超高性能Qスイッチレーザー外科
あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」

深い深達度と「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」は「黒い」
の最も嫌いな波長のだせる「レーザー光照射装置」
が必要です。
この目的にかなうのは
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
のみです。   
勿論「QスイッチNd・YAG」があるだけではだめで
「レーザー光照射」に際しては特殊な「テクニック」
が必要です。 
-------------------------------









#1
##1
「山本先生初めまして。
ちょこぁ

32才女です。名古屋からです。
10ねんくらいまえから
ほほのりょうがわともしゅさがあります。ももしゅさ
であろうとおもっています。もぞもぞしたかんじがあります。
はんいはぎゃくさんかっけいであかちゃんのてのひら
2まいぶんくらいです

是非とも山本先生にしゅさのレーザーをお願いしようと
思っていましたので週一回のペースで40回でも通院可能な資金を
やっとこさ貯金できました。
とてもうれしいです。

山本先生の相談掲示板を拝見してびっくりするくらい
心の優しい先生だなんだと思いとても感激いたしました
相談掲示板でとても勉強になりさまざまなことも分りました。

おしえていただきたいことがあるのですが。
QスイッチNd・YAGレーザーはなぜしゅさのあかみが
とれるのでしょうか。

お時間のあるときで結構です。ぜひおしえて下さいますか。
是非とも山本先生にしゅさのレーザーをお願いしようと
思っています。
よろしくおねがいいたします。」
との事です。






#2
##1
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」はよく
ストレートに「赤ら顔」とか「「毛穴痕」の拡張」とか
「にきび」とか「題目」をつけられて
「レーザー光照射」へと誘導されることが多かろうと思います。

##2
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「あかい」「ピンキー」であるが故に
「もうさいけっかんかくちょうしょう」=
「毛細血管拡張症:テレアンギエクタシア:telanngiectasia」
等ととよく間違えられます。

##3
適切な表現が思い浮かばないのですが
「間違える」というより「そうされてしまう」のですね。

##4
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は「脂腺疾患:しせんしっかん」
です。








#3
##1
けれども「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「治療戦略」
には
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」が「脂腺疾患」
であることを根本から理解した上での「治療戦略」が必要です。

##2
「欧米人」と異なり。
「日本人」は「皮脂腺」が豊富なため
「毛穴」にある脂肪の腺の「病態」」=「脂腺が活性化する「病態」」
として「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」があります。

##3
勿論「欧州・米国」=「コーカサス人種」にも
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は御座います。





#4
##1
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」という「病態」の
「治療戦略」としては
「「脂腺」を「不活化」する(できる)「レーザー光照射」」
が「治療戦略」として必要になります。

##2
「相談掲示板でとても勉強になりさまざまなことも分りました。
おしえていただきたいことがあるのですが。
QスイッチNd・YAGレーザーはなぜしゅさのあかみが
とれるのでしょうか。」
=>##3

##3
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」独特の
「「赤み」「ピンキー」の色合い」と「毛穴痕の拡大」
は。

##4
「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」と
これを栄養する「毛細血管:capillary」の増殖によるものです。

##5
「赤み」=「脂腺疾患:しせんしっかん」の
「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」を
破壊すれば。

##6
「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」を
栄養する「毛細血管:capillary」は抑制されますから。

##7
根治的に「「赤み」「ピンキー」の色合い」と
「毛穴の拡大」は治っていきます。






#5
##1
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「毛細血管拡張:capillary reaction」或は
「毛細血管拡増殖」という
「症状・症候」を伴います。

##2
けれども断じて「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「毛細血管拡張症:tele-angiectasia」というような「血管腫」
の「病態」
ではありません。

##3
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」を「血管腫」と間違えて
「Vビームレーザー」と「ダイ・レーザー」「色素レーザー」などの
「血管腫」「レーザー光照射装置」を用いると大変なこと
になります。
=>
内出血がかならずおき皮下血腫となり「青たん」になります。


##4
当院にも「Vビームレーザー」と「ダイ・レーザー」「色素レーザー」
はあり「血管腫」の患者さんの「治療戦略」に用います。

##5
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんに
「極めて小さな「血管腫」」が合併していることがあります。

##6
このような「「血管腫」を合併されている事例」の「血管腫」
に対して以外は「Vビームレーザー」は用いません。







#6
##1
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」には
「レーザー光照射」による「治療戦略」で必要な
「分類法」が御座います。

##2
この分類について下記に簡単にご説明致します。

##3
病理学的に
1・「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa)
2・「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea)
3・「酒さ第3度」=「鼻瘤(びりゅう)」(rhinophyma)
という「分類法」

##4
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の性状から
1・常時マジックインキをぬったような
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の「強い」「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
=「赤酒さ:あかしゅさ:red rosacea: レッド・ロザケア」
2・時々「赤み」の変化する桃色肌の「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
=「桃酒さ:ももしゅさ:pink rosacea:ピンク・ロザケア」

##5
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「皮膚部位」から
1・「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」
2・「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサルロザケア」
3・「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」
4・「顎酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」
と「4分類」することが御座います。

##6
##5の
「2・」+「3・」=
「Tゾーン酒さ:しゅさ:T-zone rosacea:テイーゾーン・ロザケア」
と呼称することもあります。







#7
##1
上記の#6の「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
それぞれによって「レーザー光照射」による
「治療戦略」は全く異なります。

##2
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」
のかたは
「にきび痕」=「にきび引っ掻き痕」の「クレーター」を
併せ持つことが多いです。

##3
「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサルロザケア」
の患者さん
は「レーザー光照射」の難易度が最も「高い」ものです。
これは鼻が元来脂腺の多い「部位」でもあり
「毛穴の拡大」を伴いやすいことによります。

##4
一方ではこれはとても大事なことですが
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんは
「一種」独特の「もぞもぞ感」といった「知覚障害」を
「病態」と併せ持っておられるかたが多いものです。
=>##5

##5
このような「もぞもぞ感」「ほてり」などの知覚障害のため
「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa)のかたが
「知覚障害」のために「引っ掻くと」
「落屑性皮膚炎:らくせつせいひふえん」のような「小さなパイの皮」
のような「皮膚の破片」=「落屑:らくせつ」がついたり。

##6
「毛嚢炎」」或は「毛包のう腫(もうほうのうしゅ)」
等も併発することがあります。

##7
このようにして
「酒さ第2度」=「酒さ性痊瘡(ざそう)」(acne rosacea)に
移行することがあります。







#8
##1
「10ねんくらいまえから
ほほのりょうがわともしゅさがあります。ももしゅさ
であろうとおもっています。もぞもぞしたかんじがあります。
はんいはぎゃくさんかっけいであかちゃんのてのひら
2まいぶんくらいです・略・
相談掲示板でとても勉強になりさまざまなことも分りました。
おしえていただきたいことがあるのですが。
QスイッチNd・YAGレーザーはなぜしゅさのあかみが
とれるのでしょうか。」
との事です。

##2
御相談者の御相談の御記載内容からは
典型的な
「酒さ第1度」=「紅斑性酒さ」(rosacea erythematosa)
であり
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」
であり
「知覚障害」=「もぞもぞ感」を伴う
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」で御座います。
いろあいからは
「桃酒さ:しゅさ:pinky rosacea:ピンキー・ロザケア」」
で御座います。

##3
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」
「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサルロザケア」
「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」
「顎酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」
の場合に共通して。

##4
「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」
という「脂腺」=「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」
の「配列」があります。
=>##4

##4
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」は
「QスイッチNd・YAGレーザー:
Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
の「レーザー光照射」
により
この
「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」
に沿って「脂腺」が「不活化」されていきます。


##5
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」
とは
「毛細血管」を中心に周囲に「脂腺」の分布する「ちくわ」のような
構造物です。





#9
##1
「相談掲示板でとても勉強になりさまざまなことも分りました。
おしえていただきたいことがあるのですが。
QスイッチNd・YAGレーザーはなぜしゅさのあかみが
とれるのでしょうか。」
との事です。
=>##2

##2
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
の「「毎週1回(日)照射」のペース」で。
「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」の配列である
「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」を
「不活化」していきます。

##3
「レーザー光照射」により
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」の場合
「頬と鼻翼の間」「頬と耳の間」の「内側」と「外側」から
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」が飛んでいきます。

##4
御相談者の御相談の御記載内容からは
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」であり
「桃酒さ:ももしゅさ:pink rosacea:ピンク・ロザケア」です。

##5
即ち頬の「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は概ね「逆三角形」
をしている「内側」と「外側」から
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」は消えていきます。
=>「一次消退」と呼称致します。

##6
「内側」と「外側」の「赤み」=「赤さ」=「紅さ」は
「部位」と「程度」という「内側」と「外側」の「間」に
次第に「「縦しま」の帯状」のように「赤み」=「赤さ」=「紅さ」
は消退していきます。

##7
この「せばまった「赤み」=「赤さ」=「紅さ」」の
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」
の「部位」

「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」
の「断面」にそって「まる」状にところどころ
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」が消えていきます。
=>「二次消退」と呼称致します。

##8
##5・6・7の
「「内側」と「外側」の「間」に次第に「「縦しま」の帯状」のように
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」は消退していきます。」+
「「断面」にそって「まる」状にところどころ
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」が消えていきます。」
の「ほぼ「同時」進行」で
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」は消えていきます。

##9
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
による「レーザー光照射」で
「毛穴」にある脂肪の腺の「病態」」=「脂腺が活性化する「病態」」
である
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」が消えていきます。


##10
「断面」にそって「まる」状にところどころ
「赤み」=「赤さ」=「紅さ」が消えていきます
=>「二次消退」と呼称致します」
は「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」
を構成する「「脂腺」のターンオーバー」に依存致します。
 







#10
##1
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」
「額酒さ:ひたいしゅさ:forehead rosacea:フオリッド・ロザケア」
「顎酒さ:あごしゅさ:jaw rosacea:ジョウ・ロザケア」
と若干異なり。

##2
「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:ネーサルロザケア」の
場合は
「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」
の「大きさ」が他の「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
よりも大きい。

##3
よって
「レーザー光照射」による「脂腺」を「不活化」する
場合
「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」
(とは「「毛細血管」を中心に周囲に
「脂腺」の分布するちくわ状の構造物」
のサイズが大きいので難易度ははるかに高くなります。









##11
##1
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「QスイッチNd・YAGレーザー:
Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
で「治療戦略」をとります。

##2
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
は「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」
という「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」の病的に増殖した
「病態」です。

##3
「皮膚の下に垂直に走る「毛細血管:capillary」」=
「縦走毛細血管:longitudinal capillary」という
「毛細血管:capillary:もうさいけっかん」がありこの周囲に
「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」
が幾重にもまきついています。

##4
「皮膚」と「垂直に皮膚深部」に向かう「毛細血管:capillary」の
「断面」が集まってあかくみえるのです
これが「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「赤ら顔」「毛穴痕」の拡張を惹起する「根源」です。

##5
鏡で「もうさいけっかんかくちょうしょう」のように
間違われる「毛細血管:もうさいけっかん:capillary」は。

##6
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の皮膚に限って見える
「横走毛細血管:transverse capillary」
と呼称されるものです。
=>##7

##7
「毛細血管:もうさいけっかん:capillary」は
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「病態」の
氷山の一角のまた一角です。

##8
本体は「皮膚の下に垂直に深く走る「毛細血管:capillary」」
=「縦走毛細血管:longitudinal capillary」
であり周囲に
「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」
が幾重にもまきついている「病態」です。

##9
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんの
「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」
は「意外と大きく」直径mm単位であり肉眼でも鑑別が「可能」です。

##10
とりわけ「鼻酒さ:はなしゅさ:nasal rosacea:
ネーサル・ロザケア」
の患者さんの「酒さコード:しゅさコード:
rosacea cord:ロザケア・コード」
は大きいものです(直径4^5mmあることもあります)。

##11
因みに
「酒さコード:しゅさコード:
rosacea cord:ロザケア・コード」
の「大きさ」は
「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」
でも2−3mmはあります。

##12
「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」

肉眼でもよく御覧になれます。
○(まる)状の赤みが皮膚に「毛穴」の周囲或は「毛穴」に関係なく
「○(まる)」く若干もりあがっていたり平坦であったりして
よく御覧になれると思います
=>##13

##13
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さんには
「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」
が必ずあります。
場合により「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の
「巣:nidus」とか「め:focus」と呼称致します。








#12結論:
##1
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

##2
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「QスイッチNd・YAGレーザー:
Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
で「治療戦略」をとります。

##3
「山本先生の相談掲示板を拝見してびっくりするくらい
心の優しい先生だなんだと思いとても感激いたしました
相談掲示板でとても勉強になりさまざまなことも分りました。」
=>
有難うございます。

##4
「10ねんくらいまえから
ほほのりょうがわともしゅさがあります。ももしゅさ
であろうとおもっています。もぞもぞしたかんじがあります。
はんいはぎゃくさんかっけいであかちゃんのてのひら
2まいぶんくらいです

是非とも山本先生にしゅさのレーザーをお願いしようと
思っていましたので週一回のペースで40回でも通院可能な資金を
やっとこさ貯金できました。
とてもうれしいです。」
=>
宜しかったですね。
本当に宜しかったですね。


「予約」で御来院になられた「初診の当日」は
「ps」にも御記載致しますが9:50AM到着で御到着頂き
「サイリスレーザー外科顕微鏡:スイス製」
で「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「症状・症候」を
拝見し
「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」
の走り方などを「「診断」致します。 」
その後「レーザー光照射装置」の「オリエンテーション」=「御説明」
を致します。 

##5
「是非とも山本先生にしゅさのレーザーをお願いしようと
思っていましたので週一回のペースで40回でも通院可能な資金を
やっとこさ貯金できました。
とてもうれしいです。」*(=>ps1)
=>##5

##5
御相談者の御相談の御記載内容からは
「「毎週1回(日)照射」のペース」で最低40回(日)の
「レーザー光照射」は必要でしょう。

##6
「照射回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。
「照射回数(日)」は「皮膚のターンオーバー」=「4週間」の「倍数」
で「エネルギー*」を計算していきます。
*(TDF(time dose fractionation factor)といいます。




##7
「相談掲示板でとても勉強になりさまざまなことも分りました。
おしえていただきたいことがあるのですが。
QスイッチNd・YAGレーザーはなぜしゅさのあかみが
とれるのでしょうか。」
=>
上記御回答致しました。
=>##8

##8
「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」を
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
で不活化致します。「根治療法」であり「レーザー光照射」
が「終了したらあかみがもどる」ことはありません。

##9
頬の「内側」と「外側」から「赤み」=「赤さ」=「紅さ」が
とんでいき「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の幅は小さくなる
「一次消退」と。
「幅の狭くなった「赤み」=「赤さ」=「紅さ」」の「部分」は
「同心円状」に「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の消退する
「二次消退」で消えていきます。

##10
またこの「「赤み」=「赤さ」=「紅さ」の「消退」」
と「同時」に
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」性「知覚障害」=「もぞもぞ感」
も「改善」していきます。

##11
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の副症状を「補足1」に
御記載致します。 

##12
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「レーザー光照射」

「QスイッチNd・YAGレーザー:
Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
の独壇場です。*

##13
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」をくれぐれも
「血管腫」と間違われて
「Vビームレーザー」或いは「ダイ・レーザー」「色素レーザー」
など「レーザー光照射」されないようにご留意は大変重要です。

##14
もうお読みになられていることと存じます。
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の過去の「御相談と御回答」の相談文章と御回答のURL
を御記載した
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に関する「過去の御相談と御回答3
[2] [2006年12月 5日 18時24分59秒] *
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/766949415513412.html

もう一度御参照下さいますように。
(*
この御回答は
「名古屋からです。しゅさのレーザーをおねがいいたします。
[2] [2006年12月 7日 17時 1分51秒] 」
よりの「引用」です。
=>

*今現在では
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に関する「過去の御相談と御回答」14
[2] [2008年 5月17日 21時 7分18秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/959207135326327.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/959207135326327.html
になっています。)




##15
御予約の時間よりいくら早くおこし戴いてもかまいません。
遠方の方など待合室で「お弁当をたべられていらっしゃいます」
アットホームな環境です。
けれども逆に御予約の時間からは絶対に遅れないで下さい。

##16
綺麗に治したいですね。
私も頑張ります。



-------------------------------
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
は「脂腺疾患:しせんしっかん」であり
「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」は「黒い」
が非常に深く7mmくらい皮膚の下まであります。

ありとあらゆる
「ハードレーザー光照射装置」の
「超高性能Qスイッチレーザー外科
あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」

深い深達度と「いらない脂腺(病的に増殖した独立脂腺)」は「黒い」
の最も嫌いな波長のだせる「レーザー光照射装置」
が必要です。
この目的にかなうのは
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
のみです。   
勿論「QスイッチNd・YAG」があるだけではだめで
「レーザー光照射」に際しては特殊な「テクニック」
が必要です。 
-------------------------------

・略・



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2008年11月15日 22時25分42秒]








お名前: 43歳女。山形県
  


43歳女。山形県
はじめまして。


このサイトで酒さに関するさまざまな御相談の
御解答を拝見させていただき心底おどろきました。
と同時に著しい感動をうけました。

両側の頬や額やこめかみ(とくにつらい)に
違和感のあるぷつぷつがあり顔全体がなにかというと
赤くなります。

地元大学病院皮膚科で。
酒さと6年前に診断されました。

東京 都 世田谷 区 山本クリニック美容外科の山本博昭 先生
の御回答にあるように。

東京のレーザーではそれなりに高名な有名美容外科で
Vビームレーザーで昨年治療をされましたが。

その美容外科での診断は「単純性毛細血管毛細血管拡張症」
でした。酒さではないとも酒さって?というような感じでした。

結果ものすごい「青タン」になり眼もあけれない
日々が続き病院にといあわせたら
「すぐにひく」といわれました。
「すぐにひくどころか」半月も眼が明けられず苦しみました。
さらに「特異体質」といわれてしまいました。
二度とそちらにはうかがっていません。

あらめて私は酒さなんだと
過去の御相談と御回答をよみかえしているうちに
今までに感じたことのない現実的な治したいという
気持ちが強くいてもたってもいられません。

東京 都 世田谷 区 山本クリニック美容外科の山本博昭 先生
にレーザーを御願い致します。

いずれにしても山本クリニック美容外科世田谷区
の山本先生に治していただければ。
すこしでもきれいにしていただければと。
それで治らなければそれでも十分なくらい感動致しています。

やっと本物の先生をみつけました。
そのように思っています。

ひとつだけ教えていただければと。
1・なぜ酒さは診断も治療もまちがえられるのでしょうか?

要領の悪いご質問ですみません。
御忙しい所を申し訳ございません。

お時間あれば御回答いただければ嬉しいです。



[2008年11月8日 21時21分11秒]



「続きを読む」
posted by rosachea at 12:06| 東京 ☀| 美容・コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

太田母斑:おおたぼはんのレーザーで評判の山本クリニック形成外科美容外科世田谷 山本博昭先生から太田母斑:おおたぼはんの本物のレーザーを受けたい。真摯で暖かい山本先生の治療を受けたい。岩手在住。岩手から週一回通院可。36歳女性。



お名前: 東京 都 世田谷 区 山本クリニック美容外科の山本博昭
   URL



山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html

の「過去の御相談と御回答」から






太田母斑の本物のレーザー治療
[2] [2008年10月15日 21時20分22秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/355305335092456.html






太田母斑の本物のレーザー治療の

懇切丁寧な御回答本嬉しい
[2] [2008年10月26日 16時15分56秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/955778457065211.html







太田母斑のレーザー・レーザー治療・レーザー外科。レーザーで評判の
山本クリニック世田谷の美容外科
山本博昭 先生の太田母斑のレーザー






これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。



この御相談の御回答は大変に難しく
御相談を頂いてから今現在まで御回答文章を
書きつづりました。
まだ「書きかけでは失礼である」と考えつつも
時間をかけて適切な御回答にいたるまで
とりあえずに第一報としての御回答を致します。



++++++++++++++++++++++

御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

この御回答は大変に難しく。
御回答は「時間をかければけるほど散文的」になってしまいます。


「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris:
おおたぼはん」
をはじめとする。
1・
私の
「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」に対する解釈と。
2・
私の
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」の「治療戦略」
3・
そして
この「治療戦略」を支える
私の
「レーザー光照射」の毎回或は毎回各時期における
「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」
の「ダーモ・スコピー:dermascopy」による「診断戦略」につき。
4・
付記して
私は「レーザー光照射」で「治療戦略」をたてるべき「病態」の患者さん
には。
「「治してさし上げたい」という「「Dr’s mind」=「ドクターズ・マインド」
に支えられた「レーザー光照射」をしたいといつも考えていること。

をもって御回答に変えさせて頂きます。

下記に順を追って御回答致します。

++++++++++++++++++++++















#1
##1
「36歳女性女性です。


15歳のころから右下眼嶮からこめかみとほほと額に
太田母斑があります。

茶色+青色+黒色の小さな斑点が次第に融合して
「あざ」になっています。
よく見ると額は髪のはえぎわまでありますが。
額は薄茶色のひろい母斑で眼の下とは様子が
違います。

今まで大学病院を含めて4件以上の美容外科
或は形成外科にいきました。

決まって
「3ヶ月に1回でレーザーのあとは10日間は
ひと前にはでられませんよ」
と脅かすようにいわれます。

そしてやる気がないようにも思えるのです。

山本クリニック 山本博昭先生の過去の御相談と御回答
をずとまえから読ませて頂いています。

山本クリニック 山本博昭先生の
太田母斑のかたはレーザーのあともっともっと楽で
そして綺麗になられているように思えます。

私も東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭
先生にお願いしようと。
藁をもすがる思いで書いています。

山本クリニック 山本博昭先生の太田母斑の
かたがたはどうして綺麗になられるのでしょうか。

太田母斑の本物のレーザーを施術されている
東京都世田谷区山本クリニックの山本博昭 先生に
御願い致します。

要領の悪いご質問ですみません。


お忙しいところを申し訳ございません。」
との事です。






















#2
##1
「茶色+青色+黒色の小さな斑点が次第に融合して
「あざ」になっています。
よく見ると額は髪のはえぎわまでありますが。
額は薄茶色のひろい母斑で眼の下とは様子が
違います。

今まで大学病院を含めて4件以上の美容外科
或は形成外科にいきました。」
との事です。

##2
大学病院の形成外科或は美容外科で複数の「お受けもちの先生」
を「御受診」されていらっしゃいます。

##3
「15歳のころから右下眼嶮からこめかみとほほと額に
太田母斑があります。」
との事です。

##4
御相談者の御相談内容要旨御記載の通りに
「お顔」の「青あざ」は
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris:
おおたぼはん」
に間違いないと仮定させていただきます。

##5
眉間にできる俗にいう「青あざ」の場合。
「蒙古斑:mongolian spot:モンゴリアン・スポット」が
成人しても「お尻の蒙古斑」以外の「部位と範囲」にできる
場合があります。
「異所性蒙古斑:ectopic mongolian spot」
と呼称致します。

##6
ちなみに
「お尻の蒙古斑」が成人しても持続性に残存する場合は
「持続性蒙古斑:persistent mongolian spot」
と呼称致します。


##7
##5のように
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris:
おおたぼはん」
の「病態」特性として
左右にお持ちの患者さんの場合であっても
太田母斑 が小さい場合でも「正中線」上に同心円状に
発生することはありません。
=>##8

##8
このような場合は「お顔」の
「異所性蒙古斑:ectopic mongolian spot」
です。



















#3
##1
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris:
おおたぼはん」
には。
「病態」が「症状・症候」として発現する時期。
或は「母斑:ぼはん」としての「症状・症候」の増大が確認される時期
の「御年齢」により。
-------------------------------
###1
「早発型太田母斑」
「幼小児期」より「母斑:ぼはん」の認められる場合。
###2
「遅発型太田母斑」
思春期に比較的急速に「母斑:ぼはん」として増大が認められる場合。
-------------------------------
に分類されることがあります。

##2
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」
は特有の「青茶色」に
「三叉神経:さんさしんけい:第V脳神経」の「第1枝」「第2枝」
に「症状・症候」がきます。

##3
「三叉神経:torigeminal nerve:さんさしんけい」の
「第3枝」=顎に「症状・症候」の認められることは
極めて稀です。

##4
##3のような場合は
###1
「毛孔性苔癬」「毛孔性角化症」の合併による顎の「症状・症候」
(多いものです。)
###2
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の合併による「症状・症候」
(多いものです。)
###3
その他
の「合併「病態」」によることが多いものです。

##5
生後間もなくか青年期にできる太田母斑は。

顔面の眼周囲に発生することの多い
褐青色斑です。
普通は「病態」初期には「まず片側である」という特徴があります。

##7
「太田母斑:おおたぼはん」は「10%位で両側性にできます。」
とよくいわれますが
現実的は「もっと両側」の「太田母斑:おおたぼはん」の頻度は
多い。
=>#4


















#4
##1
そして
「両側の「太田母斑:おおたぼはん」」は「連続性に両側性は皆無に近い」
或はまずありません。

##2
「両側の「太田母斑:おおたぼはん」」は
「「片側性の「太田母斑:おおたぼはん」」が両側に発生した「病態」」。
=>##3

##3
必ずや「正中線上」に「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」」
のない「空白」=「間隙」=「スペース」が存在致します。

##4
この「太田母斑:おおたぼはん」の「病態概念」の「病態把握」は
俗にいう
「両側の「太田母斑:おおたぼはん」」の「治療戦略」には
極めて重要な意味を持ちます。





















#5
##1
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris:
おおたぼはん」の
「青あざ」としての「病態」は。
-------------------------------
1・「表皮基底層の「メラニン沈着」」
2・「真皮メラノサイトの増加」
の「2つ」に分類されます。
-------------------------------
=>##2

##2
「1・」の・「表皮基底層の「メラニン沈着」」の理由は
「2・」の・「真皮メラノサイトの増加」から「真皮」にある
「メラノサイト:色素細胞:melanocyte」増加=>
「メラノサイト:色素細胞:melanocyte」内部での
「メラノソーム:melanosome」の「生成数トータル」が結果多くなる。
=>
ひいては
「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」
により「メラノソーム:melanosome」から
「ケラチノサイト:keratinocyte」へ「移行」
する(配達される)「メラノソーム:melanosome」数も増加。
=>
「1・」の・「表皮基底層の「メラニン沈着」の増加

「御婦人」の「大敵」「メラニン色素系の「病態」」
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris:
おおたぼはん」
の「メラニン色素系の「病態」」の本体です

##3
極めて判りやすくいえば
「メラノソーム:melanosome」を産生する
「メラノサイト:色素細胞:melanocyte」が真皮で増大して
「1・」の・表皮基底層細胞に
「配達される」「メラノソーム:melanosome」増大し。
「1・」の・「表皮基底層の「メラニン沈着」」の増加にいたる
「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」」。
これが
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」
です。
























#6
##1
「15歳のころから右下眼嶮からこめかみとほほと額に
太田母斑があります。

茶色+青色+黒色の小さな斑点が次第に融合して
「あざ」になっています。
よく見ると額は髪のはえぎわまでありますが。
額は薄茶色のひろい母斑で眼の下とは様子が
違います。」
との事です。

##2
##1の御相談者の御相談内容要旨御記載からは
御相談者が非常によく観察をされていることがわかります。

##3
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris:
おおたぼはん」

-------------------------------
1・
「三叉神経:さんさしんけい:第V脳神経」の「第1枝」
=>「右或は左の」額全体と
「右或は左の「上眼嶮(うわまぶた)」および
「右或は左の「こめかみ」

2・
「三叉神経:さんさしんけい:第V脳神経」の「第2枝」は
「右或は左の」「下眼嶮(したまぶた)」と
「右或は左の」頬「右或は左」の「鼻」
-------------------------------
に「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」」として
「症状・症候」を出します。

##4
「三叉神経:さんさしんけい:第V脳神経」の「第1枝」「第2枝」の
「右或は左」のいずれも。
「正中線」で「明確」に「症状・症候」は「定規で線を引いたように」
「左右」に分離されます。
=>##5

##5
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris
の「広がりのある」「メラニン色素系の「病態」」には
「両側の「太田母斑:おおたぼはん」」であっても。
「メラニン:melanin」のない部分が
「正中線上」に存在するということです。

















#7
##1
「15歳のころから右下眼嶮からこめかみとほほと額に
太田母斑があります。

茶色+青色+黒色の小さな斑点が次第に融合して
「あざ」になっています。
よく見ると額は髪のはえぎわまでありますが。
額は薄茶色のひろい母斑で眼の下とは様子が
違います。」

##2
「メラノサイト:色素細胞:melanocyte」が産生する
「メラノソーム:melanosome」の
表皮細胞への移行と「受け取り」方により発生する
「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」」
としての変動は。
=>##3

##3
Fitzpatrickというかたによる
「表皮メラニン機構:epidermal mekanin unit:EMU」
の「概念」により。
より判りやすく説明可能となりました。


##4
ちなみに
炎症により生じた「ケラチノサイト:keratinocyte」や
「メラノサイト:色素細胞:melanocyte」の崩壊により。
これらの細胞内の「メラノソーム:melanosome」は放出された場合。
「「マクロフアージ;macrophage」=「貪食細胞」という「白血球」の一種」
が「メラニン:melanin」を「食べる」=「貪食」という現象が「「第4因子」としてくわわると。
「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」
と名称は変わります。

##5
「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」

Fitzpatrickの「表皮メラニン機構:epidermal mekanin unit:EMU」
に「「マクロフアージ;macrophage」=「貪食細胞」という「白血球」の一種」
の機構が加味されたものですが。
=>##6

##6
「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」は
「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」の
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」による
「色調の変化」など「レーザー光照射」後の「変化」を「推察する」
上で極めて重要な意味をもちます。

##7
「レーザー光照射」の患者さんには
「レーザー光照射」の各時期に或は毎回「レーザー光照射」の最中でも。
「ダーモ・スコピー:dermascopy」による
「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」
の「評価」が必要になります。

##8
「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」
につき簡単にご説明致します。
=>#8・#9






















#8
##1
皮膚のメラノサイト1個は。
その周囲の約36個の表皮細胞に「メラノソーム:melanosome」
を「配送」しています。

##2
「メラノソーム:melanosome」とは
「メラノサイト:色素細胞:melanocyte」
内部で「メラニン:melanin」を生成する「小器官」のことです。

##3
皮膚の「メラニン代謝:melaninーmetabolism」
すなわち「メラニン:melanin」の生成から分解・消失までは
次の「3段階」から構成されています。
=>##4

##4
「メラニン:melanin」の。
生成から分解・消失までの「3段階」

-------------------------------
###1
「メラノサイト:色素細胞:melanocyte」内部での
「メラノソーム:melanosome」の生成。

###2
「メラノサイト:色素細胞:melanocyte」で生成された
「メラノソーム:melanosome」の「ケラチノサイト:keratinocyte」
への「移行」

###3
「ケラチノサイト:keratinocyte」内部での「メラノソーム:melanosome」
の崩壊・消化・と皮表からの剥奪。
です。
-------------------------------


##5
##4の###1・###2・###3の
「メラニン:melanin」の生成から分解までに関与する一連の生体機構を
Fitzpatrickは
「表皮メラニン機構:epidermal mekanin unit:EMU」
と定義づけました(1998)。

##6

-------------------------------
現実的には炎症により生じた「ケラチノサイト:keratinocyte」や
「メラノサイト:色素細胞:melanocyte」の崩壊によりこれらの
細胞内の「メラノソーム:melanosome」は放出された場合。
##5に加えて「第4の機構」である
###4
「真皮の「マクロフアージ;macrophage」=
「貪食細胞」という「白血球」の一種」
の「貪食」による「メラノソーム:melanosome」の除去が加わります。
-------------------------------


##7
##4+##6の###4
すなわち。
「「メラニン:melanin」の生成から分解までに関与する一連の生体機構を
Fitzpatrickは
「表皮メラニン機構:epidermal mekanin unit:EMU」
と定義づけました(1998)。」
(###1・###2・###3)

「真皮の「マクロフアージ;macrophage」=
「貪食細胞」という「白血球」の一種」の「貪食」による
「メラノソーム:melanosome」の除去。

「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」
と命名されました。

##8
これが
皮膚で「メラニン:melanin」が合成され「メラニン:melanin」が動き回る
機構なのです。



















#9
##1
#8の
「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」
のいずれのステップに異常があっても。
=>

##2
「色素異常症:pigmentary anomalies:PA:
disorders of skin color:DSC 」
すなわち
1・
「色素脱失症:hypo-pigmentation:HP」
2・
「色素増加症:(色素沈着症):hyper-pigmentation」
は発生致します。

##3
「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」

「皮膚のターン・オーバー」の考え方で「診断戦略」或は「治療戦略」
をたてると「大失敗」を致します。























#10
##1
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris:
おおたぼはん」
は左右の広範に「症状・症候」がある患者さんの場合でも。
まだ「部位と範囲」が小さい患者さんでも。

##2
「下眼嶮(したまぶた)」が様々な意味で「症状・症候」が
一番強い・或は強いと
悩まれている患者さんがたが
多いものです。或は大部分です。

##3
「上眼嶮(うわまぶた)」と「下眼嶮(したまぶた)」と
ほぼ同様に「症状・症候」
がある場合でも
「上眼嶮(うわまぶた)」は「レーザー光照射」により
「反射で動いてしまうから」
患者さんが慣れられないと難しい場合が多いです。
「レーザー光照射」が「不可能では毛頭ありません」。

























#11
##1
広範な
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris:
おおたぼはん」の患者さんは「御婦人」に多いのです。

##2
このような場合「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」が必要です。
「Ultra-QスイッチNd・YAGレーザー:ウルトラQスイッチ・ネオジ(ミ)ウム・ヤグ・レーザー」
による「レーザー光照射」

「UlyraQスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=
「UltraQスイッチルビーレーザー光照射装置」
による
「マルチQスイッチレーザーテクニック:
multi-Q switched Laser technique:MQST」
が「治療戦略」です。

##3
他に「選択枝」はありません。

##4
あればそれは「間違い」に近い。

##5
患者さんは広範な「大きい太田母斑」で苦労されている場合に
「病態把握」で
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris:
おおたぼはん」
という「部位と範囲」を考慮にいれない「診断戦略」ではだめです。

##6
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris:
おおたぼはん」
には。
=>
「部位と範囲」による
「御婦人」の「大敵」「メラニン色素系の「病態」」としての
「差異或は特性」がある。

##5
##4を「診断戦略」で間違えると。
適切な
「治療戦略」は生まれず「治療効果比:therapeutic ratio:TR」は
著しく低下致します。

##6
「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」にいえることですが
患者さんは「大いに苦労されることになります」。
























#12
##1
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris:
おおたぼはん」
の患者さんの場合。
これは「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」にいえる事です。
=>
その患者さんが現実的にはどの「部位と範囲」で
一番苦労されているかを把握することが極めて重要です。
(患者さん御自身も認識されていない場合が多いものです。
傷痕と同様です)

##2
「両側の「太田母斑:おおたぼはん」」の患者さんの場合。
「アイシャドウ」で隠せるので左右対称的に「上眼嶮(うわまぶた)」
の「メラニン:melanin」があっても「なんとかなる」と御考え或は
御考えに至るの患者さんが多いものです。

##3
けれども
「下眼嶮(したまぶた)」は化粧でも隠せない或は隠し難いことが多い。
「御婦人」は広範な「大きい太田母斑」の場合でも。
現実的には髪でかくせない「下眼嶮(したまぶた)」
の「メラニン:melanin」沈着で苦労されていることを
見抜くことが重要です。

##4
場合により「両側の「太田母斑:おおたぼはん」」の
患者さんも「両側の「太田母斑:おおたぼはん」」で頭一杯で
「下眼嶮(したまぶた)」の脱色が「太田母斑:おおたぼはん」
の「病態」の「治療戦略」
の「いろは・のい」であることを「気づかれていないことが多い」。
=>##5

##5
このような場合は患者さんに「太田母斑:おおたぼはん」の「治療戦略」
としてポイントが「下眼嶮(したまぶた)」にあるという
認識にまで導いてさしあげること
が重要です。

























#13
##1
「御婦人」の大敵
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris:
おおたぼはん」の患者さんの場合は
まず「下眼嶮(したまぶた)」から
「御鼻」すじの「メラニン:melanin」を
除くことから始めること。

##2
「まず「メラニン:melanin」が「メラニン蒸散」により消えていく
「実感」を御自覚いただかないと。
「大きい太田母斑」の場合患者さんは「苦労の連続」になります。

##3
「下眼嶮(したまぶた)」に加えて髪型にもよります。
「御婦人」は髪で「病態」を隠せます。

##4
「広がりのある」「メラニン色素系の「病態」」の
「メラニン:melanin」の「メラニン蒸散」
の「レーザー光照射」を行う場合に
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」により
「メラニン:melanin」の「メラニン蒸散」を行うにつれ
美容院にいかれて「髪型」も変わっていきます。

##5
「レーザー光照射」の方法によっては
「レーザー光照射痕」のために美容師さんにみせられず
「美容院にいかれての髪型チエンジ」もできない「悪循環」も発生しうるので。
注意が必要です。





















#14
##1
「今まで大学病院を含めて4件以上の美容外科
或は形成外科にいきました。

決まって
「3ヶ月に1回でレーザーのあとは10日間は
ひと前にはでられませんよ」
と脅かすようにいわれます。

そしてやる気がないようにも思えるのです。」
との事です。

##2
「決まって
「3ヶ月に1回でレーザーのあとは10日間は
ひと前にはでられませんよ」
と脅かすようにいわれます。」
は「非常によく耳にする言葉」です。

##3
「お受けもちの先生」も施術が上手くいくように
御考えにならない先生はいらっしゃらないと思います。

##4
上記の
「「3ヶ月に1回でレーザーのあとは10日間は
ひと前にはでられませんよ」
と脅かすようにいわれます。」は。

##5
##4で一番問題になる情報的な言葉は
-------------------------------
1・
「何ゆえ「レーザー光照射」が何故「3ヶ月に「1回」」であるのか」
2・
「何ゆえ「レーザー光照射」の後「10日間」ひと前にでられない」
「レーザー光照射」になるか。
-------------------------------

これらの命題の合理性です。

##6
##5と先生から「おっしゃられたら」
「お受けもちの先生」の「1・」「2・」に関する
「理由」をお尋ねになられると宜しいと今の私は考えます。




















#15
##1
「今まで大学病院を含めて4件以上の美容外科
或は形成外科にいきました。

決まって
「3ヶ月に1回でレーザーのあとは10日間は
ひと前にはでられませんよ」
と脅かすようにいわれます。

そしてやる気がないようにも思えるのです。」
との事です。

##2
「決まって
「3ヶ月に1回でレーザーのあとは10日間は
ひと前にはでられませんよ」
と脅かすようにいわれます。」
との事です。

##3
「決まって「3ヶ月に1回でレーザー・略・」は
「お受けもちの先生」が
「太田母斑:おおたぼはん」という「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」
に関して。
=>##4

##4
「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」
と「レーザー光照射」という
極めて重要な「治療戦略」理論を。
適切な事例が思い浮かばないのですが
「放棄されている」ことによる可能性が大きいです。

##5
「決まって
「3ヶ月に1回でレーザーのあとは10日間は
ひと前にはでられませんよ」
と脅かすようにいわれます。」の
「10日間はひと前にはでられませんよ」は
-------------------------------
1・「お受けもちの先生」が用いられる「レーザー光照射装置」
2・「お受けもちの先生」がおこなわれる「レーザー光照射」の「テクニック」
3・「お受けもちの先生」が「こなさなければならない」患者さんの「数」
4・その他
-------------------------------
に帰来する事由が。
=>
「3ヶ月に1回でレーザーのあとは10日間は
ひと前にはでられませんよ」
と脅かすようにいわれます。」の理由として考えられます。

##6
##5では「太田母斑:おおたぼはん」の「レーザー光照射装置」
の「機種或はそれに伴う性能」に依存することが多いように思えます。

##7
=>#16





















#16
##1
「御婦人」の「大敵」「メラニン色素系の「病態」」に関しては。

##2
東京都世田谷区山本クリニックでは
「UlyraQスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」
「UltraQスイッチルビーレーザー光照射装置」

「Ultra-QスイッチNd・YAGレーザー:
ウルトラQスイッチ・ネオジ(ミ)ウム・ヤグ・レーザー」
の「マルチQスイッチレーザーテクニック:
multi-Q switched Laser technique:MQST」
にて「治療戦略」をとります。

##3
「太田母斑:おおたぼはん」や
その他
「扁平母斑:naevus spilus:へんぺいぼはん」
「Becker母斑:Becker's melanosis:
pigmented hairy naevus:ベッカー母斑」
その他
「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」
に「治療戦略」をたてます。

##4
「3ヶ月に一度」どころか
週一回(日)のペース=「golden pace:ゴールデン・ペース」=
「4分の一皮膚のターン・オーバー」
で「太田母斑:おおたぼはん」で
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」をうけられている患者さんが大部分です。

##5
「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」の場合は
週一回(日)のペース=「golden pace:ゴールデン・ペース」=
「4分の一皮膚のターン・オーバー」
は。
=>##6

##6
「太田母斑:おおたぼはん」の
或は
「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」」の
「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」
を踏まえると
週一回(日)のペース=「golden pace:ゴールデン・ペース」=
「4分の一皮膚のターン・オーバー」
になります。

##7
毎週でも
「QスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=「「Qスイッチ・ルビー・レーザー光照射装置」
にて「レーザー光照射」をされている患者さんもいますが。

##8
「決まって
「3ヶ月に1回でレーザーのあとは10日間は
ひと前にはでられませんよ」
と脅かすようにいわれます。」の
ような。
=>##4

##4
患者さんへの。
「御注意下さい。」を促さざるを得ない事例は「一例たりとももありません」。




















#17
##1
「山本クリニック 山本博昭先生の過去の御相談と御回答
をずとまえから読ませて頂いています。

山本クリニック 山本博昭先生の
太田母斑のかたはレーザーのあともっともっと楽で
そして綺麗になられているように思えます。

私も東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭
先生にお願いしようと。
藁をもすがる思いで書いています。

山本クリニック 山本博昭先生の太田母斑の
かたがたはどうして綺麗になられるのでしょうか。」
との事です。

##2
有難うございます。

##3
「・略・
山本クリニック 山本博昭先生の
太田母斑のかたはレーザーのあともっともっと楽で
そして綺麗になられているように思えます。
・略・
山本クリニック 山本博昭先生の太田母斑の
かたがたはどうして綺麗になられるのでしょうか。」
との事です。
=>##4

##4
私は「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」に関しては
当然の事ながら
「治す」「消す」つもりで「レーザー光照射」をおこないます。
=>##5

##5
この「治療戦略」には
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」が必須であり。
かつ
「QスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=「「Qスイッチ・ルビー・レーザー光照射装置」
「QスイッチNd・YAGレーザー(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」

「マルチQスイッチレーザーテクニック:
multi-Q switched Laser technique:MQST」
が必須です。
(ちなみに「アレキサンドライトレーザー 俗称「アレックス」」
とりわけ
「レーザー光ビーム」直径が10円玉くらいある
「脱毛レーザー仕様」の「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」は
全く「役にはたちません」

##6
##5はこれは私の考えです。だから間違っているかもしれません。

##7
「治してさし上げたい」という「「Dr’s mind」=「ドクターズ・マインド」
に支えられた「レーザー光照射」をしたいといつも考えています。




















#18
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris:
おおたぼはん」
をはじめとする。
「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」の「レーザー光照射」
の「治療戦略」の「盲点」或は「間違い」が
一気に浮上致します。

##3
治してさし上げたいという「Dr’s mind」=
「ドクターズ・マインド」

「治療戦略」には
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」が必須であり。
=>
かつ
「QスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=
「「Qスイッチ・ルビー・レーザー光照射装置」
「QスイッチNd・YAGレーザー(
Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」

=>
「マルチQスイッチレーザーテクニック:
multi-Q switched Laser technique:MQST」
が必須です。


(ちなみに「アレキサンドライトレーザー 俗称「アレックス」」
とりわけ
「レーザー光ビーム」直径が10円玉くらいある
「脱毛レーザー仕様」の「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」は
全く「役にはたちません」)

という現実的な「レーザー光照射装置」の組み合わせで。

##4
患者さんの「太田母斑:おおたぼはん」の「病態」或は「部位と範囲」
により
「マルチQスイッチレーザーテクニック:
multi-Q switched Laser technique:
MQST」
の用いる「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」
の順番をどんどんと変えていきます。

##5
「太田母斑:おおたぼはん」を始めとする
「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」には
すべからくの
「メラニン:melanin」蒸散に用いうる
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」を
すべからく可動状態に致します。

##6
これが私の「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」

「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」の「治療戦略」なのです。

##7
その結果「どんどん綺麗になられていく患者さんの「症状・症候」」
が私の「喜び」でもあり。
患者さんの「喜び」ともなりましょう。

























#19結論-1:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「山本クリニック 山本博昭先生の過去の御相談と御回答
をずとまえから読ませて頂いています。

山本クリニック 山本博昭先生の
太田母斑のかたはレーザーのあともっともっと楽で
そして綺麗になられているように思えます。

私も東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭
先生にお願いしようと。
藁をもすがる思いで書いています。

山本クリニック 山本博昭先生の太田母斑の
かたがたはどうして綺麗になられるのでしょうか。」
の御回答として。

##3
箇条書き的な御回答は到底に不可能です。

##4
よりまして
上記「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris:
おおたぼはん」
をはじめとする
「「母斑:ぼはん」系「広範囲病態」一般」に対する。
私の
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による
「超高性能Qスイッチレーザー光照射」の「治療戦略」
そして
この「治療戦略」を支える
私の
「レーザー光照射」の毎回或は毎回各時期における
「皮膚メラニン機構:ひふめらにんきこう:skin melanin unit:SMT」
の「ダーモ・スコピー:dermascopy」による「診断戦略」につき。
付記して
私は「レーザー光照射」で「治療戦略」をたてるべき「病態」の患者さん
には。
「「治してさし上げたい」という「「Dr’s mind」=「ドクターズ・マインド」
に支えられた「レーザー光照射」をしたいといつも考えています。

##5
上記御記載させていただき御回答に変えさせていただければ
と今の私は考えます。




















#20結論-2:
##1
「山本クリニック 山本博昭先生の過去の御相談と御回答
をずとまえから読ませて頂いています。

山本クリニック 山本博昭先生の
太田母斑のかたはレーザーのあともっともっと楽で
そして綺麗になられているように思えます。

私も東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭
先生にお願いしようと。
藁をもすがる思いで書いています。

山本クリニック 山本博昭先生の太田母斑の
かたがたはどうして綺麗になられるのでしょうか。

太田母斑の本物のレーザーを施術されている
東京都世田谷区山本クリニックの山本博昭 先生に
御願い致します。」
との事です。

##2
御評価いただきましたことを深い感謝にたえません。
とても嬉しいです。

##3
御回答が遅れては申し訳なく存じます。
適切な御回答にいたるまで
とりあえずに第一報としての御回答を致します。


ps
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の「過去の御相談と御回答」から

高校3年生の娘。生下時より右目の下の薄い太田母斑のQ-YAGレーザー。
[2] [2007年 8月16日 15時24分15秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/60852482968858.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/60852482968858.html
を御参照頂けますか。



上記あくまでもご参考にまでお留めおきご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2008年10月15日 21時20分22秒]















お名前: 36歳女性女性
  


36歳女性女性です。


15歳のころから右下眼嶮からこめかみとほほと額に
太田母斑があります。

茶色+青色+黒色の小さな斑点が次第に融合して
「あざ」になっています。
よく見ると額は髪のはえぎわまでありますが。
額は薄茶色のひろい母斑で眼の下とは様子が
違います。

今まで大学病院を含めて4件以上の美容外科
或は形成外科にいきました。

決まって
「3ヶ月に1回でレーザーのあとは10日間は
ひと前にはでられませんよ」
と脅かすようにいわれます。

そしてやる気がないようにも思えるのです。

山本クリニック 山本博昭先生の過去の御相談と御回答
をずとまえから読ませて頂いています。

山本クリニック 山本博昭先生の
太田母斑のかたはレーザーのあともっともっと楽で
そして綺麗になられているように思えます。

私も東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭
先生にお願いしようと。
藁をもすがる思いで書いています。

山本クリニック 山本博昭先生の太田母斑の
かたがたはどうして綺麗になられるのでしょうか。

太田母斑の本物のレーザーを施術されている
東京都世田谷区山本クリニックの山本博昭 先生に
御願い致します。

要領の悪いご質問ですみません。


お忙しいところを申し訳ございません。













太田母斑 のレーザー・レーザー治療・レーザー外科。レーザーで評判の
山本クリニック世田谷の美容外科山本博昭 先生のレーザー






[2008年10月11日 22時48分38秒]

posted by rosachea at 11:42| 東京 ☁| 美容・コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月30日

赤ら顔・酒さについて。赤ら顔・酒さの治療について。






レーザーで評判の



東京 都 世田谷 区




山本クリニック美容外科の山本博昭 先生






の公式ホームページです。








レーザーで評判の

東京 都 世田谷 区 山本クリニック美容外科の

山本博昭 先生














この御相談の




山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板内容です。↓





http://www.clinicayamamoto.com/list_B.php






ログ番号腱索で【27】を検索



されてください











題名:赤ら顔
相談者:なおぴ 年齢:24 性別:女性 地域:千葉県 2009/03/29 (日)00:51:45

生まれつきの赤ら顔です。
皮膚表\面に血管の筋が見えるような感じではありませんが
全体的に常に赤くなってる状態です。

以前にI2PLをしましたが効果がなく
赤ら顔に効くレーザー機器の種類と料金を教えて頂きたいです。

ネットで色々調べた情報ですが
Vビームよりダイレーザーの方が効果がある
(内出血するくらい血管に影響を与えないと治らない)
と効いたのですがどうなのでしょうか。

お手数ですがご返答お願いします。

-------------------------------











まずとても重要なことは。
御相談者の御相談内容要旨御記載の「症状・症候」から「病態」の
診断をすることです。
(どのような病気であるかを診断することです。)

そして
御相談者の御相談内容要旨御記載の「症状・症候」の「病態」の
「治療戦略」と「治療戦略の方法」を考えるべきでしょう。

「赤ら顔」は「症状・症候」です。

「赤ら顔」という「症状・症候」になんらかの治療の方法を
考えられてもあくまでも「対症療法」であるということです。

「危険=リスク」なだけであり。
「対症療法」をおこなうよいうことは本物の「病態」は治さない
ということですから。

あたりまえのことですが「症状・症候」は一時的に緩和されても
かならずや「再発」致します。
これはあたりまえのことです。



「内科専門医先生」或は「一般外科専門医先生」の場合には
元来「本当の「病態」」がわかっていても
「根治療法」が不可能な「がん」や
手術の困難な部位に「病変」がある場合は
「対症療法」のやむなきに到りますが。
「本物の「病態」」はつかまっているから
「危険=リスク」はいちじるしくすくないです。

一方「皮膚科専門医先生」の「病態」の多くはは「症状・症候」が
患者さんには
「御自分」でも見えますから。
「してはいけない」「自己診断」をされるかたが少なくはありません。
そして「御自分」で「安易な施術の御願い」をされると
とりかえしのつかにことになります。






 
「 生まれつきの赤ら顔です。」との事です。
けれども
「生まれつき」の「赤ら顔」」が「生まれつき」であれば
乳幼児の「検診」でひっかるはずです。

御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「生まれつき」がいつからかは判断できませんが。

この「病態」は
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」という「病態」の
「症状・症候」です。
御相談者の「赤ら顔」は「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
です。
(「酒さ」はお酒の「酒」の文字がはいりますが
なんらお酒とは関連がありません)


ご年齢からすると。
そして「御婦人」であれば「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
という「言葉」は多くのかたは
もうしっていらっしゃいます。


「以前にI2PLをしましたが効果がなく
赤ら顔に効くレーザー機器の種類と料金を教えて頂きたいです。」
=>
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に
「IPL(Intense Pulsed Light);インテンス・パルスド・ライト」=
「強力なパルス光」ぼ「photo-therapy:フオト・セラピー」
をおこなっても「全く「効果」が有りません。」。
「IPL(Intense Pulsed Light);インテンス・パルスド・ライト」=
「強力なパルス光」
自体は「物理療法」=「いわゆる「物療:ぶつりょう」」の機器ですから
「リハビリテーション」に元来用いられるものです。

数年前の「日本皮膚科学会総会」で
「IPL(Intense Pulsed Light);インテンス・パルスド・ライト」=
「強力なパルス光」による
「photo-therapy:フオト・セラピー」は「皮膚=表皮+真皮」の
「病態」に全く「効果」がない
と「結論」がもうすでにでています。

そして。
そのときの「photo-therapy:フオト・セラピー」の講演を
された先生方も「だまされて買った」と述懐されていらっしゃいました。



「赤ら顔に効くレーザー機器の種類と料金」
という「御相談」はあまりにも「短絡的」です。


「ネットで色々調べた情報ですが
Vビームよりダイレーザーの方が効果がある
(内出血するくらい血管に影響を与えないと治らない)
と効いたのですがどうなのでしょうか。」
との事です。

「Vビームレーザー」と「色素レーザー;ダイレーザー」は
全く同じです。
「色素レーザー;ダイレーザー」で「合衆国USA」の
「キャンディラ社:Candela Co・」でつくられた
商品名が「Vビームレーザー」であるだけのことです。

「キャンディラ社:Candela Co・」の「キャンディラ:Candela」は
「カンテラ」或は「ろうそく」という意味です。
或は「光」の強さの単位です(キャンディラ:Candela)。

「ネットで色々調べた情報ですが
Vビームよりダイレーザーの方が効果がある」
との事です。
「Vビームレーザー」は正確には
「キャンディラ社:Candela Co・SPTL-1b」ですが。

「Vビームレーザー」=「キャンディラ社:Candela Co・SPTL-1b」も
「色素レーザー;ダイレーザー」の一種であり
「Vビームレーザー」と「色素レーザー;ダイレーザー」は
全く「同じ「波長;ラムダ:λ」」の「レーザー光照射装置」
です。

「ネットで色々調べた情報ですが
Vビームよりダイレーザーの方が効果がある」
という
御相談者の御相談内容要旨御記載は。
「ネットで色々調べた情報ですが
「チキン」よりも「鶏肉」の方が効果がある」
とおっしゃられていることと「全く同じもの」
です。

-------------------------------
しいていえば
「Vビームレーザー」は「色素レーザー;ダイレーザー」
で「ショット時間」=「パルス幅」を
かえられるという特徴があります。

そして
「Vビームレーザー」も
「色素レーザー;ダイレーザー」も。

「「血管腫」の「レーザー光照射装置」」
であるということです。

「赤ら顔」ではなくて
「あかちゃん」の「イチゴ状血管腫」などの
「血管腫」に用いられる
「レーザー光照射装置」です。
-------------------------------

「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」を
「血管腫」と間違われて
「Vビームレーザー」や「色素レーザー;ダイレーザー」
の「レーザー光照射」をされると大変なことになります。

「皮下内出血」を起します。










「ネットで色々調べた情報ですが
Vビームよりダイレーザーの方が効果がある
(内出血するくらい血管に影響を与えないと治らない)
と効いたのですがどうなのでしょうか。」
との事です。


これはとんでもない「瑕疵:かし」或は間違い
です。

「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さん

「Vビームよりダイレーザーの方が効果がある
(内出血するくらい血管に影響を与えないと治らない)
と・略・」を行えば。


適切な表現が思い浮かばないのですが
「明らかな医療過誤」になります。




「Vビームレーザー」は「血管を縮めるレーザー」ではありません。
「Vビームレーザー」自体が「血管腫」の血管になんら作用するわけではないのです。
標的は「赤血球=「赤い」」です。

「毛細血管」の中を流れる「あかい」「赤血球」を「破壊したエネルギー」で
「毛細血管」の壁」を「破壊」する機能をもつものが
「「血管腫」の「レーザー光照射装置」」による
「「血管腫」の「レーザー光照射」」です。

よく間違われますが。「Vビームレーザー」は・「あからがお」などの
「赤み」には元来「効果」はないのです。

「血管腫」という「病態」に用いられる
「レーザー光照射装置」なのです。



「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「赤ら顔」から「血管腫」とよく間違われます。
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。


「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
海外留学の御経験がないとまず「診断戦略」もたちません。
またよって「治療戦略」もたちません。



この「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に関しましては
「この下」の御相談者も「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
の御相談ですが。

また
「以前にI2PLをしましたが効果がなく
赤ら顔に効くレーザー機器の種類と料金を教えて頂きたいです。

ネットで色々調べた情報ですが
Vビームよりダイレーザーの方が効果がある
(内出血するくらい血管に影響を与えないと治らない)
と効いたのですがどうなのでしょうか。」
の御相談者の御相談内容要旨御記載に対する
御回答としては
是非下記の「過去の御相談と御回答」を御参照頂けますか。


「「Vビームレーザー」で「赤ら顔」は本当に治せるでしょうか。
「Vビームレーザー」は悪い評判が聞こえてきます。」
というような御相談者もいらっしゃいます。















山本クリニックの旧美容外科・形成外科相談掲示板
2003/7/24-2009/02/25
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の「過去の御相談と御回答」から






「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に関する
さまざまな御相談があります。

是非ともご参考にされてください。
-------------------------------
1・
頬の酒さの山本先生のレーザー注意点で涙です
[2] [2009年 2月21日 21時17分 7秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/132029397719638.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/132029397719638.html

2・
頬の酒さの山本先生のレーザー治療中での注意事項
[2] [2009年 2月14日 20時59分12秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/422346740801917.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/422346740801917.html

3・
顎ニキビ跡ポツポツではない赤みで全体に広がり消えない。
[2] [2009年 1月 2日 16時19分41秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/93953443791634.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/93953443791634.html

4・
なやんでいることは、顔の赤いことです。
[2] [2008年11月30日 16時30分32秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/126590831278921.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/126590831278921.html

5・
酒さは何故診断もレーザーも間違えられるのでしょう 2
[2] [2008年11月22日 22時 4分54秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/857557308933796.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/857557308933796.html

6・
酒さは何故診断もレーザーも間違えられるのでしょう
[2] [2008年11月15日 22時25分42秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/200715558444248.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/200715558444248.html

7・
酒さの原因と酒さのできないところ・御回答嬉しいです。
[2] [2008年 9月10日 21時56分14秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/973888515102775.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/973888515102775.html

8・
酒さの原因と。顔で酒さのできないところ教えて頂きたいのです。
[2] [2008年 9月 7日 17時45分 7秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/168472606063919.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/168472606063919.html

9・
私は酒さのようです。
[2] [2008年 9月 4日 16時49分11秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/502201349780993.html

10・
いちご鼻の相談です。
[2] [2008年 8月13日 18時41分24秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/78170134367338.html

11・
酒さで赤ら顔です山本クリニック山本先生のレーザーでの治り方
[2] [2008年 7月20日 16時53分31秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/406473409225331.html

12・
57歳女性。赤ら顔・酒さです。レーザーというものの分類について。
[2] [2008年 3月23日 13時42分55秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/690195268326537.html

13・
自分はただの赤ら顔ではなく酒さではないか?と思いました.
[2] [2008年 2月 7日 8時56分 4秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/571300610740767.html

14・
高校生くらいからずっと赤ら顔と脂性の症状で悩んでいます。
[2] [2008年 1月 2日 15時33分21秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/736259426762448.html

15・
酒さです。東京都山本クリニック 山本博昭先生に初診で治療を御願い致します。
[2] [2007年12月11日 17時42分28秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/69680976875043.html

16・
自分も酒さではないかと思い、いても立ってもいられなくなり
[2] [2007年11月22日 14時 3分 1秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/0341124640117449.html

17・
33歳の兵庫県在住の女性。18歳から頬と鼻と顎の紅班性酒さで悩んでいます。
[2] [2007年 9月16日 15時58分52秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/0574483855898542.html

18・
Vビームレーザーを受けますが治るでしょうか。
[2] [2007年 6月 2日 19時41分49秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/696563058839278.html

19・
山本先生に酒さのレーザーの御願いとレーザーの種類を教えて
[2] [2007年 4月22日 17時 9分37秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/31272251538849.html

20・
両側の頬の酒さとこめかみニキビ?と得体の知れぬ吹出物のレーザー
[2] [2007年 3月25日 17時 9分17秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/931038824915053.html

21・



その他
沢山御座います。










「特集」としては
ちょっとながいのですが。
御相談者の御相談内容要旨御記載と同様の
御相談者もいらっしゃいますので。

山本クリニックの旧美容外科・形成外科相談掲示板
2003/7/24-2009/02/25
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の「過去の御相談と御回答」から



「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に関する「過去の御相談と御回答」14
[2] [2008年 5月17日 21時 7分18秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/959207135326327.html

「傷痕レーザー外科」に関する「過去の御相談と御回答」編集版11
[2] [2008年 5月17日 20時59分 3秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/959207135326327.html
を御参照頂けますか。


-------------------------------








「続きを読む」
posted by rosachea at 21:40| 東京 ☔| 美容・コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする